墨田区教職員組合へ



「土曜授業」拡大阻止!
縮小・廃止をめざす!


2017.10.4 更新





9条変えるな!
安倍政権退陣!
10.19総がかり行動(仮称)

10月19日(木)

18時30分〜

衆議院第二議員会館前

主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会




オスプレイの横田配備に反対する
10.21東京集会

10月21日(土)

 13時30分から14時30分
   集会後デモあり。

多摩川中央公園
(JR青梅線牛浜駅下車 徒歩10分)

主催  東京平和運動センター



墨田教研

10月25日(水) 
 15:00〜16:30
すみだ女性センター 第3会議室

テーマ   「人権教育のあり方」を考えよう
講師  岩田 明夫さん

(学芸大学講師、産業教育資料室きねがわ代表、元墨田教組)





東京教組2017教育研究集会

10月28日(土)  

12:00〜16:45
 世田谷区立松沢中学校

テーマ  今、つたえたい−沖縄・平和への思い−
講師  三上 智恵さん(ジャーナリスト/映画監督)




安倍9条改憲NO!
全国市民アクション 
11.3国会包囲大行動

11月3日(金・休)
14時〜
国会議事堂周辺


主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション





文字起こし
TV朝日 報道ステーション 2016年3月18日 
独ワイマール憲法の”教訓” なぜ独裁がうまれたのか?
古舘伊知郎


先日、元八広小分会 鈴木さんから標記のファイルが送られてきました。
当時一番民主的と言われたワイマール憲法の下で、いかにヒトラーがファシズム権力をとるに至ったかを、日本の現在と合わせて論じたものです。
文字で読むと放送(あるいは録画再生)時よりもいっそう理解が進みます。

鈴木さんは旅行前の慌ただしい中で文字起こしと編集をなさいました。
そのため誤変換なども残っています。
旅行から戻られたら完全なものをいただきのせます。

おもな訂正は以下です。
誤→正

p.5 p.10 非情に→非常に

p.6 「ここにキルがありました」→「ここに器具がありました」

p.7 遡上→俎上

p.9 「書かれたある点。」→「書かれてある点。」

どうぞご一読ください。






本の紹介

『作文名人への道』
   今井成司・田中定幸・榎本豊
本の泉社 2015年4月 1800円+税

榎本豊さん 国分一太郎「教育」と「文学」研究会・日本作文の会・綴方理論研究会・豊島作文の会などで精力的に活動
ホームページ「えのさんの綴り方日記」
http://www.yunochika.net/index.php?FrontPage



第497回豊島作文の会例会通信
◆日時・場所 5月23日(土)午後2時〜
豊島区立池袋本町小(元文成小) 東武東上線下板橋駅下車。徒歩3分ほど。
  会場校へのアクセスは、「えのさんの綴方日記」の豊島作文の会5月例会参照

提案1 『作文名人への道』(本の泉社)の活用の仕方。
提案者 榎本 豊(この本の執筆者の一人)


  「すみだ春秋」
        長谷川政國さん著
        積文堂 1944円(1800円+税)
 墨田ゆかりの詩人たちがつむぐ水土への郷愁。言問の路地の吟遊詩人 辻征夫への追慕。

 長谷川さんは長年墨田区教職員組合の書記長をしてこられた方です。墨田教組の機関紙「週刊墨教組」(今読まれているこれです)に「すみだ春秋」と題して墨田区にゆかりのある詩、俳句や短歌を紹介しながら、そこに行き交う人々のありさま(風情)を絶妙な言葉で表現されています。今でも新年号などに記事を寄せていただいています。
 この度、今まで書き続けた作品を1冊の本にまとめられました。
 区教委は、葛飾北斎と勝海舟を「墨田区の有名人」として「売り出し」ていますが、長谷川さんが取り上げている文人はすみだをこよなく愛した人々です。すみだの人情が風情がじわ〜と伝わってきます。
 スカイツリーができて、街並みがどんどん変わってきている墨田の街です。あなたの知らない墨田がこの本の中にはあります。是非手に取って読んでみてください。
 






子どもたちのいのちと未来のために学ぼう
放射能の危険と人権

 
福島県教職員組合
    放射線教育対策委員会
  科学技術問題研究会編著
明石書店2012年7月25日
800円


イラストブック
放射線になんか、まけないぞ!
木村真三監修 坂内智之文 柚木ミサト絵 2011年12月 太郎次郎社 1200円 

 私たちは、何に、どう気をつけて、生活していけばいいの?──子ども自身が学べる日々の注意点と、放射線の基礎知識。大人も迷う除染の進め方や「数値」とのつきあい方。子どもと大人が一緒に学べる、みんなで考えるための本。坂内さんは福島の小学校教員。


https://www.ad.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a067/FGF/FukushimaUniv_RadiationText_PDF.pdf
放射線と被ばくの問題を
考えるための副読本
 〜“減思力”を防ぎ,
  判断力・批判力を育はぐくむために〜

  福島大学 放射線副読本研究会
 文科省の誤魔化し・「安心神話を直截に批判している。







2012年3月11日
原発いらない福島県民集会
福島県郡山市



私たちの組合は、
あなたやあなたのお子さんが
生活する場所の放射線量を
測定します

ご連絡ください


「墨田区の
放射線量測定は
全ての場所で50cm・5pで行い、
子どもたち・区民の安全のために

除染すべきだ」
と考え、交渉しています






私たちは
学校完全週5日制
週休完全2日制に反する
「土曜授業」に反対します。







〜2007 教育基本法改悪ー実働化反対闘争


定期総会



全国の教育労働者の皆さん
    ともに末永く闘いましょう

 


墨田教組へ激励、感想のメールを

索引

ar5t-kym @ asahi-net.or.jp

おたより待ってまぁ〜す。