American Pie 解説

Kuri, Kipple (2003.04.29追加改訂)
A long, long time ago...
I can still remember
How that music used to make me smile.
And I knew if I had my chance
That I could make those people dance
And, maybe, they'd be happy for a while.
つまり10余年という年月が経っているので "A long, long time ago..." なのだ。
But February made me shiver
With every paper I'd deliver.
Bad news on the doorstep;
I couldn't take one more step.
I can't remember if I cried
When I read about his widowed bride,
But something touched me deep inside
The day the music died.
この時乗っていた飛行機の名前が "American Pie" だったという説があるが、これはドンが珍しく否定している。
So bye-bye, Miss American Pie.
Drove my chevy to the levee,
But the levee was dry.
個人的には、Guess Whoというバンドの曲 "American Woman" を連想せずにはいられない。そっちの曲はあからさまにアメリカに対する告別だ。
"Chevy" はシボレーのこと。"levee" は堤防や土手、波止場のこと。
"Drove my chevy to the levee" 50年代のTVのシボレーのCMから。
ダイナ・ショア歌うところのジングル "Drove your chevy to the levee"「シボレーに乗って川辺(などの自然)に行こう!」という感じ。シボレーは50年代アメリカ中流家庭のシンボルだった。
"the levee was dry"で、「アルコールなしのパーティー」も連想できるが、それだとこの連と次の連の文脈が破綻する。
And them good old boys were drinkin' whiskey and rye
Singin', "This'll be the day that I die.
"This'll be the day that I die."
"good old boys" 南部の言い回しで「何らかのグループの熱心な構成員」のような意味を持つ。
多くの意見では、映画"Mississippi Burning"の元となった事件の3人の犠牲者のこと、とされる。公民権運動の推進者たちで、KKKに殺害され、"levee"で発見された。

"This'll be the day that I die." → ホリーズのヒット曲 "That'll be the Day" の歌詞の一節、"That'll be the day that I die" より。
さて、日本語でAmerican Pieに触れているいくつかのサイトで、この部分が「僕が死ぬはずがない」のように訳されている。確かに "That'll be the day that I die" ならばそうだろう。しかし"This'll be the day that I die." なのだ。Donがなぜこう書いたのか、少し考えて見るべきだと思う。
Did you write the Book of Love,
And do you have faith in God above,
If the bible tells you so?
Now do you believe in rock 'n roll,
Can music save your mortal soul,
And can you teach me how to dance real slow?
"Book of Love"は通常はBibleのことだが、あとでbibleそのものが出てくるので、ここではひねった意味と考える。
1980年代ではなく(ABC!!)、1958年のヒット曲に同名のものがある(the Monotones)。
Well, I know that you're in love with him
`Cause I saw you dancin' in the gym.
You both kicked off your shoes.
Man, I dig those rhythm and blues.
欧米人が「靴を脱ぐ」行為は、日本人が思うよりかなり重い行為であるにもかかわらず、当時のハイスクールの "prom" では、体育館の床を傷めないように、靴を脱いだ。
反抗精神の一種か。"sock hop" と言われる。
I was a lonely teenage broncin' buck
With a pink carnation and a pickup truck,
But I knew I was out of luck
The day the music died.
"broncin'"は "bronco" から派生した形容。「荒れ馬、跳ね馬」。転じて「粗暴な少年」あたりか。
ただし、普通の人は "bucking bronco" と書くかも知れない。
"pink carnation" → Marty Robbins の57年のヒット "A White Sport Coat (With a Pink Carnation)" から。
白いスポーツ・シャツとピンクのカーネーション。僕はブルー…」 たわいない。
"pickup truck" これが未だによく分からないのだけれど、なんだかテキサス州では、ピックアップは「性的な自由」を象徴するものらしい。カーxxx のこと?
Now for ten years we've been on our own
And moss grows fat on a rollin' stone,
But that's not how it used to be.
"rolling stone" →
Muddy Water "Roling Stone Blues"
The Rolling Stones
Bob Dylan "Like a Rolling Stone"
"jester" は多分ボブ・ディランのこと。
When the jester sang for the King and Queen,
In a coat he borrowed from James Dean
And a voice that came from you and me,
とても参考になる出来事として、マーチン・ルーサー・キングのある集会に当時の大統領、J. F. ケネディとジャッキー(ファーストレディ)が招待されていて、そこでディランが歌った、ということがあげられる。
となると "The King" は二重の意味になる。
"coat" はディーンが着ていた赤いウィンド・ブレーカーだろう。
ディランのアルバム "The Free Wheelin' " のジャケはディーンのある写真そっくりに撮られている。
Oh, and while the King was looking down,
The jester stole his thorny crown.
The courtroom was adjourned;
No verdict was returned.
And while Lenin read a book on Marx,
The quartet practiced in the park,
And we sang dirges in the dark
The day the music died.
Helter Skelter in a summer swelter.
The birds flew off with a fallout shelter,
Eight miles high and falling fast.
It landed foul on the grass.
The players tried for a forward pass,
With the jester on the sidelines in a cast.
"Helter Skelter"ももちろんビートルズのいわくつきの曲。
"The birds"は「ザ・バーズ (The Byrds)」か。
"Eight Miles High" The Byrds の曲。ドラッグとの関連での初の放送禁止を食らう。
ちなみにビートルズの "Helter-Skelter" の歌詞の一節を抜き出すと →
"I'm coming down fast , but I'm miles above you."
Now the half-time air was sweet perfume
While the Sergeants played a marching tune.
We all got up to dance,
Oh, but we never got the chance!
`Cause the players tried to take the field;
The marching band refused to yield.
Do you recall what was revealed
The day the music died?
「甘ったるい香水」は(デモの)催涙ガスか? あるいはマリファナの香り?
Oh, and there we were all in one place,
A generation lost in space
With no time left to start again.
So come on: Jack be nimble, Jack be quick!
Jack Flash sat on a candlestick
Cause fire is the Devil's only friend.
ジャックはミック・ジャガーだろうな。"Jumpin' Jack Flash"という曲もあることだし。
Oh, and as I watched him on the stage
My hands were clenched in fists of rage.
No angel born in hell
Could break that Satan's spell.
And as the flames climbed high into the night
To light the sacrificial rite,
I saw Satan laughing with delight
The day the music died
アメリカでライブをやったとき、当時のバリバリの暴走族、"Hell's Angels"に「会場警備」を依頼したエピソードがある。
I met a girl who sang the blues
And I asked her for some happy news,
But she just smiled and turned away.
I went down to the sacred store
Where I'd heard the music years before,
But the man there said the music wouldn't play.
「ブルースを歌う女の子」はジャニス・ジョップリンと考えていいと思う。麻薬の打ち過ぎでいきなり死んでしまった(turned away)し。
"sacred store" 当時の小さなレコード店のこと。何故そう呼ばれるかは知らない。
And in the streets: the children screamed,
The lovers cried, and the poets dreamed.
But not a word was spoken;
The church bells all were broken.
And the three men I admire most:
The Father, Son, and the Holy Ghost,
They caught the last train for the coast
The day the music died.
さて、"American Pie"は歌詞であり、詩である。だから前ページの拙訳(できる限り限定していない訳にしてあるが)のみを鵜呑みにしては、いけない、のだ。自分なりの解釈・想像が絶対に必要なのだ、知ろうとするとき。そのためには、このページの情報も参考にして、ぜひご自分で訳してみることだ。この詩には、いくつも重ねられた意味が隠されている。ここに書いていないことがらもある。
註 : 奥利泰夫
HOME >  「月がもっと近かった頃」TOP >  目次 >  American Pie 訳 >  このページ