|    | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 | |

XML宣言

XHTML には XML 文書であることを明確に宣言します

XHTML 文書宣言の中の XML 宣言

XHTML正しいXHTML文書にするためには、XML宣言文書型宣言と呼ばれる宣言を記述する必要があります。

そして文書の一番大きな囲みとなる要素であるhtml 要素XML名前空間も、xmlns 要素を使って定義します。

ページトップへ

XML 宣言とは

XML 宣言とは、XML 文書の先頭に付き、その文書が XML 文書であることを明確に示す文字列である。

XHTML 文書ももともとは XML 文書から派生し拡張されててできた文書なので、このように XHTML 文書の最初(1行目)に XML 文書の部類であることを宣言するのであろう。一方、HTML 文書にこの宣言が無いのは、歴史的に HTML 文書は XML とは別のパスで展開されていることからと理解する。

XML 宣言は必ず XML 文書の先頭に記述する必要がある。それより手前に空白文字や空行があってはならないとされます。

ホームページ・ビルダーでページを作成するとき、「ツール」 の 「オプション」 で 「ファイル」 タブで 「新規ファイルを作成する場合のフォーマット」 を XHTML 1.0 に指定した場合に、ソースのトップに XML 宣言が入るようになっています。

ページトップへ

XML 宣言文

XML骭セフXML宣言文の形式は次のようになります。

必ず <? で始まり ?> で終わります

version 属性の値は常に1.0である。またXML宣言中で省略はできない。

encoding 属性で指定されるものは、XML文書がどのような文字コードで記述されているかを明示するものだが、XML宣言と同時に meta 要素による指定も必要です。

ホームページ・ビルダーで、「 ツール 」の「 オプション 」で「 ファイル 」タブで、「 保存オプション 」の中の「 文字エンコードを META タグで指定する 」にチェックを入れ、「 Shift_JIS 」を選択した場合に、新規ページを作成するときに作られる XHTML ソースは次のようになっています。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE
html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html
xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta
http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
<meta
http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<title></title>
</head>
<body></body>
</html>

文字コード Shift_JIS が、xml 宣言文と meta 要素に記述されているのがわかります。

ヒントのアイコン

文字コードの宣言

HTML 文書は meta 要素で文字コードを指定します。

  • HTML 文書の head 内では、meta 要素を次のように記述します。文字コードを指定する meta 要素は head 要素内の最初に記述し、文字コードの宣言前に日本語を記述するのは避けます。
  • HTMLソース:
    • <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"  "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
    • <html lang="ja">
    • <head>
    • <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
    • <title></title>
    • </head>

XHTML 文書は XML 宣言で文字コードを宣言します。

  • XHTML 文書では、文書の先頭(1行目)に XML 宣言を記述し、文字コードを宣言しなければならない。この XML 宣言の前には、空白を含めて何も置いてはならないことになっています。従って、文書の先頭行に次のように記述することになります。
  • HTMLソース:
    • <?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
    • <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    •   "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
    •  
    • <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
    • <head>
    • <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
    • <title></title>
    • </head>
  • 上のソースは HTML 互換 XHTML として記述されています。HTML 互換 XHTML では、xml 宣言の encoding 宣言と同時に、meta 要素による指定も必要となっています。
ヒントのアイコン

文字コードの名前は正しく記述する

よくある間違いが、[Shift_JIS] とすべきところを [Shift-JIS] とすることです。特にアンダースコア (_) とハイフン (-) は間違い安いので注意が必要です。

なお、文字コードにおいて大文字小文字の区別はされないので、[Shift_JIS] と [shift_jis] は同等です。

ヒントのアイコン

文字化けをした場合の対処

ホームページビルダーで、「 文字エンコードを META タグで指定する 」にチェックを入れ、「 UTF-8 」を選択した場合に、これとは違った「出力漢字コード」(たとえば、「無変換 」 「 SJIS 」 など)を指定して保存すると、文字化けを起こします。そうなってしまった場合の対処方法は、こちらを参照します。

ページトップへ

|    | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 | |