藤井青銅オフィシャルホームページ 青銅庵

藤井青銅
「第一回星新一ショートショートコンテスト」に入選。以降作家兼放送作家になり、「夜のドラマハウス」 「オールナイトニッポン・スペシャル」「青春アドベンチャー」をはじめ、書いたラジオドラマは数百本にのぼる。元祖 「ヴァーチャルアイドル・芳賀ゆい」を 伊集院光と共に創ったり、腹話術師いっこく堂の脚本・演出を担当して衝撃的なデビューもプロデュース。
日本の国語辞書にはじめて「東洋一」の項目を載せた男、でもある。

全仕事史   全文学史  全音楽史 匿名仕事史  ブ ログ  Twitter    facebook
 
 
三 冊同時に発売中!
「あなたに 似た街」
地 方の街をめぐる20の短編小説集
大好評「歴史Web」に新ページを追加 「歴史Web2.0」
「同時代ラクゴ集」柳家花緑師匠に書いた落語脚本集

藤井青銅の特長は「小説も企画モノも舞台も書く」という点
小説、歴史ビジュアル本、落語脚本が同時に発売中です


    


Kindle本

古本で高価な「笑う20世紀」も、Kindleなら手に入れやすい。
新色追加!



NHK-FM「青春アドベンチャー」の年末恒例「干支シリーズ」。
ラジオシナリオが、そのまま本に




藤井青銅の本



「アラサーの平成ちゃん  日本史を学ぶ(竹 書房)

「平成」もすでにアラサーなのに、ビックリ! 大化から平成まで、日本の全元号を解説&うんちくコラム。漫画家もぐらさんと の共著で、前代未聞の元号擬人 化漫画で、わかりやすい!


「ゆるパイ図鑑〜 愛す べき ご当地パイたち(扶桑社)

渋谷ヒカリエに1万人を動員した「全国ゆるパイ展」。展覧会の発信源となったのがこの本!
いま、ゆるキャラ→ゆるパイへ!

「日本人はなぜ破局への道 をたどるの か?」(ワニブックスPLUS新書)

なぜ日本は、急にこんなに劣化してしまったのか?
「今の日本の閉塞感は戦前に似ている」とよく言われるが、それは本当なのか? 日本の近代史を知らないまま大人になって しまった方のための本です。
《詳 しくはこちら…》

「ラ ジオにもほどがある」(小学館文庫)
週刊朝日書評…【いっこく堂のラスベガス公演の顛末などは本当に読ませる。本書がプロデューサー論としても読める 所以だ】(温水ゆ かり)

伊集院光、いっこく堂、ウッチャンナンチャン、オードリーという方々が出てきます。時代的には「ラ ジオな日々」の続編に当たりますが、まったく別の作品と 思ってくれていいですね。
《詳 しくはこちら…》

「メ アドな日本語」略語クイズ(小学館)
読 売新聞書評…【500もの略語を眺めるうちに、これも一つの文化ではと思えてくる】

以前出した「略語天国」の略語クイズ部分を超拡大した本 です。
《詳 しくはこちら…》

 「1 時間でパッとわかる なるほど現代世界史〜 資本主義VS共産主義、何があった!?(静 山社)

複 雑な世界史の近代史を一つの「補助線」によって、単純明 快に読み解いてみました。
サ ブタイトルに、資本主義とか共 産主義という言葉が並んでます が、思想についての本じゃあり ません。それが「補助線」。
《詳 しくはこちら…》

「笑 ふ戦国史」(芸文社)

週 刊新潮書評…【これは単なるオチャラケの本ではないぞ。ギャグと、こうだったら面白いだろうという話が満載です。し かし史実は枉げられていません】(立川 談四楼)

《詳しくはこちら…》

「あんまりな名前」(扶 桑社)

藤井青銅式「コトバの博物学」本。
《詳 しくはこちら…》





「歴史 Web」(日 本文芸社)

ITmedia NEWS…【「光秀のブログ炎上」”あの時代にネットがあったら”が本に】
Technorati japan…【ブログ界では「仕込んであるネタが細かくて面白い」と語られている】
narinari.com…【売り切れ続出】
404 Blog not Found(小飼弾)…【解像度の無駄遣い】

発売たちまち重版!
《詳 しくはこ ちら…》


「ラ ジオな日々〜80s  RADIO DAYS(小学館)

朝日新聞書評…【手書きの原稿がとても重要な小道具、いやむしろ「ヒロイン」のような役割を負って 登場する】(重松清)
東京新聞書評…【読み終えると、何かを始めたくなる一冊】(枡野浩一)
産経新聞書評…【さまざまな分野で物づくりに励む若い人たちに、きっと心に訴えかけていくものがあるだろう】 (吉村達也)

実話に基づいた小説です。この本に登場する有名人は、松田聖 子、大瀧詠一、伊藤蘭、横山やすし、小林信彦、吉村達也、星新一…その他多くの声優のみなさん《続 きはこちら…》


「略語天国」(小学館)

毎 日新聞コラム…【略語研究史に残る快著】
東京新聞・筆洗…【親切本】
産経新聞書評…【日本語論】
週刊文春書評…【名著】


日本で初めて、略語を正面から分析した本。

《詳 しくはこ ちら…》

「誰もいそがない町」(ポプラ社)

手にとってみたくなる、ショートストーリー集です。
足掛け十数年 の企画。その、「エピ ソード」は青銅庵ブログにて
《詳 しくはこ ちら…》

「東洋一の本」(小学館)

なにも考えず使っている「東洋一の〜」というフレーズに、ちょっと待った!その東洋 一の根拠は? いや、そもそも東洋って?
東洋一について、東洋一詳しい本。

日本の国語辞典に初めて「東洋一」を載せたモンダイの書。

《詳 しくはこ ちら…》



青銅庵バナー サイト管理人:イナバ
DEM DENNOU PROJECTの一員。
多忙(?)な青銅さんに変わり、当ホームページの管理担当をしています。
ちなみに工事中のコンテンツが多いのは、ボクの責任…ではナイ。

Copyright (C)2004 OFFICE DEM CO.Ltd. All Right Reserved.
このサイトに掲載されている全ての文章、画像の無断転載を固く禁じます。