令和2年2月 10位】「朝焼け」浅野 香太郎


講評 須長孝榮先生

見事な朝焼けだが空の変化が乏しい。アンテナや木々や鉄塔が見えるが、
空を減らして地上部分をより見せたら朝焼けが生きてきたのではー


  智光のトップページへ    2月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部