令和2年2月 6位】「印旛沼朝景」神戸 一章


講評 須長孝榮先生

朝の日を浴びて柵に連なる鳥たち、印旛沼の美しい夜明けが写されたが、
太陽をここまでくっきりと写すと雰囲気に欠ける


  智光のトップページへ    2月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部