令和元年12月 3位】「堪える」神戸 一章


講評 須長孝榮先生

誰もがこの位置で撮影は出来ないだろうが、
やぐらを組んだ男たちの壮観さが真下からの撮影で定番とは違った写真になった


  智光のトップページへ    12月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部