令和元年8月 1位】「視線」清水 克機


講評 須長孝榮先生

白と黒の極端なコントラストを活用しての目の表現に凄さを感じる。
画面左半分で勝負する前衛的な写真の取り組み方に強さも


  智光のトップページへ    8月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部