令和元年7月 8位】「日の出」波多野


講評 須長孝榮先生

空を赤く染めて雲間から顔をのぞかせた太陽、朝の静寂の中に昇る朝日が美しい。
雲海も見事、出来ればもう少し長いレンズで撮りたかったがー


  智光のトップページへ    7月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部