令和元年7月 3位】「ハマボウフウ」泉 とよ野


講評 須長孝榮先生

群生状の花の美しさが柔らかい調子て写されている。
小さな花もここまでアップで写されると密生による盛り上がり感が出てくる


  智光のトップページへ    7月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部