3月30日(土)しだれ桃

    昨日は寒かった。冬へ逆戻りして,10度しかない。
   ところが,
   今日は昨日とは打って変わった暖かい陽気になり,
   23度まであがり汗ばむほどであった。
   4月,5月の気温である。

    本を買いにいつもの散歩道を歩いていた。
   Mさんのお宅の前を通るとピンクの綺麗な花が咲いている。
   Mさんにお聞きすると「しだれ桃」なのだそうだ。





    可愛い蕾が見える。まだまだ楽しめそうだ。
   今年は早くに桜が散り始めてしまっただけに,
   この桃の花が愛くるしい。





    駅の前では,木々の若葉が緑に萌えてまぶしい。
   晴れ上がった青空のもと,
   春の空気をおいしそうに吸っている。



      ピンクの花・・・・・・・
      青い空・・・・・・・・・
      若葉の緑・・・・・・・・
 
   春を謳歌する色だ。

   その中でも「しだれ桃」は今日の主役である。


    おや,見たことのある名前だぞ。
   そうだ。明日は横浜市長選挙である。応援演説なのだ。






石原慎太郎が駆けつけてきた。
ずけずけしゃべる。

演説口調でないところがすこぶるいい。






駅前は人だかりで
身動きがとれない。

その中にもぐりこんだ僕は
至近距離での写真を撮り続ける。






小説家だけあって平易な言葉でも迫力がある。

ときどき福沢諭吉の言葉が飛び出す。






駐輪場のてっぺんまで鈴なりの人,人,人。

人、人、人の群れ。
この人の群れをとくとご覧下さい。



    年度末をしめくくる一日であった。
    明日は投票に行く。

2002.3.30