これが菊御殿の
打ち上げ花火


横浜市金沢区の村松邸を訪れた。
塀を菊で飾り、家全体を菊で包んだお宅は
NHKのテレビでも紹介されている。

デザインは奥様、力仕事はご主人というが
お二人協同の力作を拝見して、思わず感嘆の声を発する。

華やかな菊御殿の蔭には、奥様の並々ならぬご苦労が偲ばれる。
きっと菊に対してのやさしい愛情があるからであろう。





塀を装った菊の飾りは
毎年趣向を凝らしたデザインであるらしい。



今年は「打ち上げ花火」をテーマにしたという。
黄色い菊で大きい火玉が破裂しているさまを表現。
その両側に白い嵯峨菊を配して
いかにも白い煙が噴出している様子を表している。



これが打ち上げ花火だ!

上の画像をクリックしてごらんなさい。
去年のテーマ「北斎と赤富士」がご覧になれます。


菊御殿のホームページは
ここからリンク
されています。


奥様にお聞きすると
、 この煙も、そのうち本当の煙のようになっていくという。
というのは、だんだん花が枯れてきて
白色がくすんだ色になり、本物の煙の味を出すという。
演出をそこまで考えていらっしゃるのだった。



西側の塀に沿った菊の花も実に見事であった。