淡い紫色の実が敷き詰められた姿は珍しい。
何かロマンを感じる。
紫式部を記念した名前のようにも見える。
でも違うようだ。




秋の深まりを感じる。
この実もやがて落ちる。
源氏物語を彷彿とさせながら。




朝日新聞の「花おりおり」を見ると
語源は
紫の実が敷き詰められた
「紫敷き実」か「紫茂実」のようである。