東 洋 蘭  の  魅  力


  ☆「東洋蘭の魅力とは?」 
    「さて何だろう?」 「何故栽培しているのですか?」 「魅力が有るから?」

 ★『私はこの様に考えるが(下記)如何でしょうか?』 ご意見はTOP 掲示板へどうぞ。

 葉芸の魅力..................................................
                      
       ・素晴らしい葉柄の芸術品。 
        
(斑縞、中透け、覆輪、二重芸、虎斑、深爪、蹴込み等。)
     ・柄芸はバイオ繁殖出来難い。
        
(成長点培養等のバイオ技術では大量栽培が出来ない。)
      
・1年中楽しめるのも葉芸
        
(出芽の魅力から始まり、袴芸、新芽芸、そして完成芸がある)

                 (プラス)  +
 葉姿の魅力.....................................................................

       ・日本の床の間に似合う容姿
        
 ( 一度試して見て下さい。豪華な綺麗なモノは似合いません)
     ・東洋的神秘、ワビ・サビ漂う姿
         
(今求められる、癒し、心の安らぎを与えてくれる葉姿。)
       
                 (プラス)  +
  花芸の魅力............................................

       ・気品高い花姿、花色
        
(一茎一花、一茎九華、花色・花型各種多様、奥行きが魅力。)
     ・低成長時は地味がお似合い
       
(豪華さは飽きるが、奥行きのある地味な花は心を和ませる。)
                 (プラス)  
  香りの魅力..............................................................................

       ・控え目で上品で味わい・深みのある花の香り、
       
   (癒し、潤いを感じる花の香り、昔より不老長寿の元と言う。)
     ・何と言っても東洋蘭は香りかな?
       
(除福が持ち帰り広めたと言う不老長寿草、香りの魅力?)
 
                  (イコール) 
             
        目標・・全ての魅力を持っ究極の蘭をつくり出そう!
          現在全てを持ち合わせた蘭は無い   準ずる蘭も少ない
   玉簾(玉チン蘭)、双美人・花王錦(広葉)、成山錦(奥地蘭)等が準ずる部類では?まだ有る?情報、教えてください