バイクメンテナンス
■ホームページへ
■乗り物のページへ
2016年
2016年1月1日 あけましておめでとう
シャリーは23,213kmで、昨年から97kmである。少し少ない。もっとたくさん乗らなければいけない。
KLE400は70,451kmで、4954km走っている。
6000km走る予定だったが5000kmにも届かなかった。長距離ツーリングしなかったしね。
 
 KAWASAKI KLE400  シャリー
 KAWASAKI KLE400
4月3日KLE400 オイル・オイルクリーナー交換 71040km
この日クロスオーバーのタイヤ交換とKLEのオイル交換をした。前回は68785kmだったので少し早かったが、整備作業が乗ってきたのでその勢いでオイルも換えたしまった。オイルフィルターもすでに買って置いたので、同時に換えた。次回は74000kmにしよう。
季節は花の時期。桜や桃の前でカシャ!
KAWASAKI KLE400 KAWASAKI KLE400  KAWASAKI KLE400
KAWASAKI KLE400
6月4日 KLE400 トラブル発生。ガソリン系統チェック 71100km
KLE400も走行7万㎞を超えてそろそろあちこちトラブルが出てくるのではないかと思っていたが、やっぱり出てきた。
3,4km走るとガスが来ない感じになり吹き上がらず、しばらくするとまた元に戻り、普通に走れてた。
最初はキャブレターが悪いのかなと思ったが、走り出すと正常なのでガソリン系統かなと判断し、タンクにゴミがないか見るため、タンクを外しガソリンを抜いた。
ガソリンを抜くときコックをプリにしてバケツで受けたが、どうもがガソリンの出が遅い。
それで昔バイクの修理をやっていたとき、フューエルキャップの空気穴が詰ってエンストしたバイクが時々あったのを思い出し、フューエルキャップを開けるとガソリンが勢いよく流れだした。キャップがほこりか何かでつまり、空気の流れが悪かったのかなと思い、タンクキャップをオーバーホールした。
しかし治らなかった。普通に走る分には、少し息付きししばらくすると回復するのでぼちぼち原因を探ることにした。
KAWASAKI KLE400
(外したタンク)
KAWASAKI KLE400
(タンクキャップは結構複雑だった) 
KAWASAKI KLE400
6月5日 KLE400 トラブル発生。試運転 72120km
雨の上がった2時ころから昨日修理したKLEちゃんの具合はどうか走った。
若干の不安はあるもののいつもエンストしかけるところまで走っても特に問題はなかった。
高速も走ってみなければいけないので京阪奈道路のかつらぎ道の駅まで走った。
120km/hで巡航しても特に問題はなかった。 かつらぎ西SAの駐輪場でNINJYA1000に乗っている人がナビと道の駅スタンプ帳を開いて一生懸命ナビにインプットしていた。
「どちらまで?」
「串本です。これから龍神スカイラインを抜けて串本に行こうと思います」
「道の駅を全部回るのですか?」
「はい、そのつもりです」
「行く先々でいいもの食べて・・」
「はいそれも大きな目的ですから」
「全国の道の駅を回られるのですか?」
「はい、そのつもりで回っています。いつ終わるやら見当が付きません」
いいなー。行きたいなー。
 
KAWASAKI KLE400 KAWASAKI KLE400
KAWASAKI KLE400
6月12日 KLE400 トラブル発生。試運転 72240km
昨日メンテしたKLEをまた走らせた。
最初は通勤ルートを往復した。
出がけに、やはり3km走ったころパスパス言い出したが、すぐ正常に走り出し、普段の通勤ルートをトラブルなしで走った。
高速も走ってみないといけないので、先日と同じように京奈和道路をかつらぎ西まで走った。
120km/hで巡航できたので高速も特に問題なしである。
どうもタンクキャップの負圧バルブが時々動作不良になる感じであるがよくわからない。
 
KAWASAKI KLE400
(再び分解したタンクキャップ)
 KAWASAKI KLE400
(電気自動車の充電装置が出来ている) 
7月18日 KLE400 ヘッドランプ取り替え
 ヘッドランプが何となく明るくなったり暗くなったりするので交換した。 今度のはハロゲンのスパークリアというものにした。
以前のとどれほど違うかなと今夜点灯してみた。アッパーライトは丸く照らしローは一直線に切れている。
前のバルブはいまいちけじめがなかったのでよくなった。スーパークリアということで、何となく白く明るくあの狭い暗い道にいいかも。

KAWASAKI KLE400
(アッパー)
KAWASAKI KLE400
(ロー)
8月20日 KLE400と和歌山電鉄・・オモデンなど
和歌山電鉄とKLEをよく撮る。
いつもいく病院の帰り道なので休憩がてら撮るのにちょうどいい。
電車が来るときは踏切の警報機が鳴るので通過がすぐわかる。
KAWASAKI KLE400 KAWASAKI KLE400
KAWASAKI KLE400
10月1日 KLE400 74000km
風邪を引きかけているのと薬が切れかけたので病院に出かけた。
土曜日はお年寄りと子供の患者が多く時間がかかる。病院でちょうど74000kmになった。
注文したCB400SSももうすぐ来ると言うことなので、100kmほどあちこち走った。
KLEは機嫌のいいときは普通に走るのに、時々病気が起こる。
追い越しの時などに病気が起こると危ないので見切りをつけることにしたのである。
KAWASAKI KLE400
(手向けの花に囲まれたみたい)
KAWASAKI KLE400
(74000km。よく走ってくれた)
 
KAWASAKI KLE400
KAWASAKI KLE400
10月23日 KLE400 部品取り外し
KLE400の16年間に張り巡らせた配線類やUSB端子を取り除いた。
KLEはカウリングがあるので、時間がかかる。
何とかフロントスクリーン以外は、ほぼ元のままになった。
シートもKAWASAKIがあるものの戻った。
 
KAWASAKI KLE400
(やっぱり16年経つとかなりくたびれている)

(まだまだ走りたそう)
10月25日 シャリー70 とうとう廃車
とうとうシャリー70を引き取ってもらった。足代わりに購入して20年位経ったのかなと思う。
6Vバッテリのタイプなのでかなり以前からのもので、結構古かった。CB400SS
手軽に乗れるので重宝したのだがもう出番がなくなった。
いいバイクだが手放すことにしました。このバイクは車に積んで、熊野古道を歩くときのアクセス用にと買ったが、とうとうその役目を果たさないままおさらばである。
車も、ファンカーゴやRVRは積載できたが、今のRAV4やフレアクロスオーバーは積めないので出番が少なくなったのである。
それやこれやでバイクが一台減った。
 
11月18日 KLE400 とうとう引き取り 74043km
今日は朝から3人の方に、
「バイクもいいけどケガしないように気を付けてよ」
といわれた。
一人目は、CB400SSのバッテリを配達してくれた人で、大型バイクとカブの110㏄を持っているということでバイク談議に花が咲いた。
その人が、トラックで帰りしなに、「ケガしないように気を付けて乗ってくださいね」といって走り去った。
二人目は、団地内に保険のチラシを配っていたおじさんで、
「大きいバイクやのぉ」
「はい、400ccです」
といろいろ話をした後帰りしなに、
「ケガせんように気を付けてや」
そして3人目は、KLEを引き取りに来たバイクボーイのSさん。
値段を決めてから魚釣りからカメラの事、もちろん車やバイクの話などいろんな話をした。
Sさんも、KLEを乗せてから、「ケガしないように気を付けてください」といってくれた。
KLE400は走行距離74043km。今年になって3592km走った。KLE400はよく走ってくれた。
10万キロ走るつもりだったので少し残念である。トラックが着くまでの間に、17年走ったKLE400の記録動画を撮った。
餅は餅屋で、うまく積み込んでいた。
KLEにまたがらずに、片側にのり、あっという間に積み込んだ。プロの技。
少し乗ってすぐに、
「うーーん、ちょっと圧縮がわるくなっているみたい」
乗ってもトラブル続きになるでしょうね。部品どりかな。
これでとうとうバイクはCB400SSの一台だけになった。
こんどのCB400SSでも皆さんに言われた、「ケガをしないように」、乗るように心がける。
(KLE動画)
https://youtu.be/YP2GG_tAi6k

 CB400SS
(並んで最後のショット)
CB400SS
(何となく寂しげ、は乗っていたものだけ) 
CB400SS
(いとも簡単に積み込まれた)
CB400SS
(ドナドナ状態。さようなら17年ありがとう)
CB400SS CB400SS
2016年10月10日 到着 13264km走った中古
待っていたCB400SSがやっと到着した。
年式は2008年でこのバイクとしては新しいのだが、それでも8年経っているのであちこちにくたびれがある。HONDA CB400SS
中古だから仕方ない。

エンジンは雑音もなくかかった。
乗って走ってみたが問題なし。
あと何年かは乗れそうである。

外装を少しいじった。
まずリアキャリアとナックルガードを取り付けた。
純正の正規パーツがもうないのでいずれもオークションで買っておいた。
次にネットショップで安く買ったスクリーンを取り付けた。

HONDA CB400SS HONDA CB400SS HONDA CB400SS
(クラシックな感じがいい)
HONDA CB400SS HONDA CB400SS
そしてガソリン満タン。 走行距離は13264km、これからどのくらいのばせるか。
燃費は、他の人のインプレッションは22から30km/㍑のようなので、25km/㍑くらい走ってほしい。
今日は任意保険もまだ効力がないので、あまりダイナミックに走らなかった。
乗り出して分かったことは、

  ・シートがやや固目なので、運転する者にとってはいい。
  ・サスペンションは車重が軽い分ごつごつ感がある。
  (その分タンデムの後ろの人が疲れるかも)
  ・シングルの割にはバランサーがあるので振動が少ない。
  ・よく回るエンジンで、100km/hまで思ったより早く到達する。
  ・90km/hでの巡航もそれほど苦にならない。
  (スクリーンが小さいので風があたる。もう少し大きいのに変更したい)
  ・取り回しがとにかくやりやすい。
 (KLEは動かす時腰を入れるが、これは腕だけで動かせる)
  ・排気音が静かなので夜でもいいかも。

というのが第一印象である。
全体的にマイルドな乗り心地と、シングルエンジンの鼓動は、何となくおおきなカブに乗っている感じである。
悪くはない。
今の私によく合ったバイクかもしれない。
これから折に触れてページを作っていきたい。
  
10月13日 CB400SS トップケース取付
CB400SS
(吉野ツーリング 10月15日)
CB400SS
(リアケースを取り付けて駐輪場デビュー)
CB400SS
(吉野に初ツーリング 10月15日)
10月16日 USB電源アダプタ取付 13537km
ホーコーオンチの私にはナビが不可欠のデバイスである。
CBもKLE400と同様にスマホのための電源を取り付けた。
KLEのようにカウリングがないのでどうしょうかとしばし考え、利用できるパーツを探した。
ちょうど以前買って余っていたナンバープレートステーがあったので、それをジグソーノコでカットし成形した。
そしてパンドルポストのボルトに取り付けた次に電源ユニットを取り付け。
両面テープで楽々。第2ステップ完了。
ここでハタと気が付いた。雨が降ったらどうする。
シガーライターソケットはめったに使わないので、蓋をすれば水は入らないが、USB端子にスマホのケーブルをさしたときは、やはり濡れると具合が悪い。
いろいろ素材を考えたが、最終的に、不要になったカバンの素材を適当な大きさに切り、電源の上をカバーした。
布にしたのは、端子を使わないときはゴム蓋をするようになっているのだが、その蓋をしやすくするためである。
下からくる水はどうするか。
硬質プラスチック板をカットし、はんだごてでプラ板にあて曲げてアールを付け、下に貼り付けた。
これで下からの水の侵入を防ぐことができ、端子はかなり奥になり、これで少々の雨でも走れる。第3ステップ完了。
次が厄介なメイン配線。これもタンクを外しバッテリまでもっていき接続。フューズもついている。ラストステップ完了。
そしてスマホをつなぐと充電中表示が出た。端子の抜き差しもゴムの端子カバーもスムーズに蓋ができる。
これでOK。
 
CB400SS
(ハンドルポストにブラケットを取付)
CB400SS
(両面テープで電源アダプターの取付)
CB400SS
(水滴防止の上下のカバー)
CB400SS
(取付完了)
CB400SS
(メイン電源配線。バッテリ直結)
CB400SS
(きちんと充電ランプがついた)
10月23日 前後タイヤ交換 13760km
この日朝からCB400SSの時計にライトをつけた。
夜会社からの帰りに時間を知りたい時、暗いと何も見えないので灯りが必要なのである。
KLEもつけていたが、インシュロックで止めただけだったのでいまいち格好がよくなかったが、CBはアルミ板をいろいろ曲げ、工夫しながら取り付けた。
何とか以前よりは格好がよくなった。
昼前に近くのバイクショップに持ち込みタイヤを取り換えた。
購入したものはタイヤがへっていた。
はじめからわかっていたのだが、販売店で頼むとタイヤ代を定価よりも高くいってきたのでやめたのである。
今度のタイヤはダンロップTT100GP。
ミシュランがほしかったが合うサイズが見当たらず、ダンロップにした。
どんな感じか楽しみである。装着後高速を走ってみたかったが、雨が降ってきたのでやめた。
CB400SS
(丸いメーターはやっぱりバイクらしい)
CB400SS
(旧のリアタイヤ)
CB400SS
(旧のフロントタイヤ)
CB400SS
(新しいフロントタイヤ)
 11月3日 スマホブラケット取付強化
ハンドルにかけたジャケットを引っ張ったとき力がかかってスマホのブラケットを折ってしまった。
折れたのはプラスチックだったので、金具にしたかった。
ちょうどいい金具があったので少し加工して取り付けた。
金具に二つ穴が開いていたので、脱落防止の取り付けがやりやすくなった。
CB400SSはいたって快調で、昨日ガソリンを入れると29km/㍑走っていた。
またアイドリング回転数を1500rpmから正規な1300rpmに落とした。

CB400SS
(和歌山電鉄 ウメボシ)
CB400SS
(鉄製になったので丈夫になった)
CB400SS
CB400SS
(和歌山城)
CB400SS
 11月20日 コンパス取付
 バイク用コンパスがひとつ余っていたので取り付けた。
作業をしているところにカマキリが遊びに来た。
CB400SS
(スクリーンに取り付けた)
CB400SS
(遊びに来たカマキリくん)
  11月23日バッテリ交換 14623km
バッテリが寒い朝など少し回りが悪かったので取り替えることにした。
今着いているフルカワ製から、新たにGSユアサ製に交換した。やはりついていたバッテリはへたりが来ている感じで、新しいバッテリだとセルが軽やかに回った。換えてよかった。
次にトップケースのブレーキランプが通電していなかったので配線をした。KLEの時はブレーキランプだけ点くようにしていたが、今度はテールのスモールランプの役目も持たせた。
それにしてもホンダはメンテナンスがやりやすい。パーツの取り外しが簡単にできる。
KLEの場合はシートを外そうとすれば大騒ぎであった。ランプのテストは上々であった。
後続車も早くに気づいてくれるだろう。これで走るための作業は、KLE400と同じ状態になった。

CB400SS
(これは古いバッテリー)
CB400SS
(取り付けた新しいバッテリー)
CB400SS CB400SS

2017年
 2017年1月1日 15,173km
2017年が始まった。
昨年はバイク2台を処分したのでメーターは一台である。CB400SSメンテナンス記録
少し寂しい。

さて今年は何キロ走るだろうか。
このバイクにキャンプ道具を積んで少し長い距離を走ってみたいと思う。
 1月16日  ヘルメットホルダー取り付け
 ヘルメットホルダーを買い、取り付けた。CB400SSメンテナンス記録

駐輪するときヘルメットをトップケースの中に入れているが、冬季は防寒用上着やズボンなどの荷物を積むとヘルメットが入らない可能性があり、ヘルメットは外に掛ける方が便利である。

バイクに始めからついているホルダーは使いづらいところにあり、後で取り付けたキャリアの突き出たところに取り付けた。
 
1月21日 オイル&プラグ交換 15,223km
中古車センターにどれくらい眠っていたかわからないので、プラグとオイルは気になっていた。
ネットでプラグを買い、オイルはKLE用に買っていた川崎純正のを使うことにした。
プラグはイリジウムをはりこんだ。
古いプラグはそれほど悪くなかったが、換えた。
プラグを換えてエンジンを回すと、古いプラグの時よりかかりがかなりよくなった。
これは正解。
オイル交換は、CB400SSはドライ散布なのでオイルパンがなく、KLE400と違った手間がかかった。
ドレンプラグがわかりにくい隠れたところに二つある。
暖機した後オイル回収袋を用意して、オイルを抜いた。
新しいオイル1.8リットルをカップで量っていれ、こんどは暖機をする。
温まったら正立させて1分間エンジンを回し正立させたままオイルゲージを使いレベルをはからなければいけない。
これに結構時間がかかった。
それほど頻繁にやる作業でもないので特に問題はない。
プラグとオイルを変えて燃費がどう変わるか楽しみである。
 
新しいイリジウムプラグと古いプラグ 古いプラグ 15223km オイルドレンプラグ
 2月18日 ETC取り付け 15420km
 朝11時ころからCB400SSにETCを取り付けにいった。
バイク用ETCは便利なのはわかっていたが高いのでつけずにいた。
政府の方で普及率が低いので補助金を出すという話を聞き、それではつけようか、と思い申し込んだ。
ところが熊本の地震で製造元が被災し、製造できず結局1年くらいかかった。
自分でもつけられそうだが、取り付けは業者がやらなければいけないということで、ETCを申し込んだバイクショップに持ち込んだ。
KLE400で申し込んでいたので書き込みを変更した。
一体型なので取り付けはせずにタンクバッグに入れて走ることにした。
配線だけを頼むことになったが、配線を探していたのかかなり時間がかった。どうもアース線を探していたような気がする。
取り付けが終わってから南海部品で早速小型のタンクバックを買い、ゲートが開くか確かめたくなり、高速道路に向かってしまいました。
ゲートは、きちんと開いた。
開くのは当然のことだが、カンドーした。
この日のバイクを撮ったカメラが、カシオのExilim(エクシリム)である。
レンズの画角は35mm換算の21mmですのでかなり広角。

 3月4日 カシオExilim用ブラケット取り付け 15665km
最初に取り付けたカシオExilim用のアダプターの位置がイマイチしっくりしないので、いろいろ考えた。
結局スクリーンに穴を開け、ここに取り付けることにした。

すぐ外せるようにマジックテープを取り付け脱落予防に、裏からアダプターの3脚穴にボルトで取り付けた。
しっかりと取り付けることができ、まず外れることない。
カメラは取り付いたが画像表示部をどうするか考え、ハンドルポストにアルミプレートでブラケットを作成することにした。
結構なじんだスタイルで取り付いたと自画自賛。
これで走行中でも画像の確認ができる。紀ノ川に乗りだし走って録画した。
https://youtu.be/TCHtzHUJPcI
 
 10月10日 購入一年目 19949km 
 今日CB400SSを購入してから1年経った。19949km走ったことになる。買ったときが13264kmだったのでこの1年間で、6585km走った。
一ヶ月平均548kmです。
その間トラブルなし。燃費は平均26km/リットルでかなり経済的になった。
燃費以外にCBにしてよかったと思うのは、サイドスタンドが出しやすく安定していると言うことで、以前のKLEはサイドスタンドの角度が悪く、倒れないように駐輪する場所を探すのが大変だった。車重が軽いので取り回しがやりやすいし、それ以上に分解修理などがめちゃめちゃやりやすいこともありがたい。 
 10月11日 そして20000km
 CB400SSは、20,000kmになった。
キリ番を写真に撮ろうと家までの道で、メーターに気をつけていたがローガンがあるため、メーターの数字が見にくく、100m単位の数字が少し上がってしまった。
走っている途中で20,000kmになったので歩道に駐めてカシャ!
ともかく20,000km。次は22,222kmのぞろ目が楽しみである。

2018年
 2018年1月1日
 2018年が始まった。ホンダCB400SS
今年もページを一緒にし、3台の記録を続けていこうと思う
RAV4は一年で13,592km走っている。
CB400SSは5,930km、フレアは3,626kmである。

今年ぞろ目になるのがRAV4とCB400SSかな。

さて3台は、今年は何キロずつ走るだろうか。
 1月16日 ヘルメットを新しいものに
 長いこと使ってきたヘルメットだが、いよいよかぶりにくくなってきたので普段走りも新しいヘルメットにした。CB400SSメンテナンス記録
前のヘルメットは17年かぶったことになる。

少し長く使いすぎたかな。
以前のはもともと白だったのを青く塗って使っていた。
 4月21日 エアフィルター・オイルフィルター交換 21,795km
 B400SSをメンテした。
チェーンにオイルを差し、フロントフォークのブーツが裂けてきたので、瞬間接着剤で補修した。
昼からホンダへ行って予備キーを作ってもらいに行き、ついでにエアクリーナーとオイルクリーナーの交換を頼んだ。
KLE400の時はエアクリーナーもオイルクリーナーも整備工場に頼んだことはなかったのだが、今回ついでにやってもらった。
パーツそのものは高いものではないが、工賃が結構高いものについた。
次回は自分でやろう。
長いこと換えてないのかオレンジのフィルターが真っ黒だった。
これで燃費が伸びるだろうか?
ホンダCB400SS ホンダCB400SS
 4月30日 メーター ぞろ目 22,222.2km
 CB400SSが今日22,222.2Kmのぞろ目になった。

この日あと10kmを残すだけとなっていたので、ガソリンを入れ散髪をした後、ぞろ目を楽しみにちょろっと流した。
かなり古いバイクなので、心配したがなかなか機嫌良く走ってくる。

次は33,333Kmである。
その帰りの岩出橋から見た夕日。
ホンダCB400SS ホンダCB400SS
 6月13日 我がCB400SSが購入後ほぼ10,000km ・・23,213km
 2016年10月に納車されたのでまだ2年経っていない。
21ヶ月として1ヶ月480km位走っている。
これが多いか少ないかわからないが、まずは順調に距離が伸びている。
ガソリンを入れたが、1リットルで27kmほど走っていた。
燃費もまあまあかな。
先日オイルとエアクリーナーを交換したので、あとは10月の車検を受けるまで特にすることもない。
ともかく事故がないようにゆっくり走る。
ホンダCB400SS ホンダCB400SS
 9月20日 CB400SS 車検・・雨の中 25,000km
以前から予約していたCBの車検を受けた。車検に向けてライトやチェーンをチェックし、ボディを磨いた。
車検場について時のオドメーターは、なんとちょうど25000km。なんとなくうれしい。
何度かバイクの車検をしているが、雨に降られたのは初めてである。
昼前に車検場に着き、とりあえず書類を作っておき昼からの受付を待った。
コンビニに行きパンなどを買って車検場の受付前の机で昼ご飯にした。
雨はやむことなく降り続き、雨脚も強くなってきました。 受付を済ませラインに並んだが、今日はなぜか車検を受ける車が多く延々と待った。 かなりの雨の中を1時間くらい待ち、やっとラインに入った。 ブレーキやスピードメーター、ライトも一発OK.。
ところが排ガスのCOで引っかかった。 私の前のバイク2台はライトで×だった。
仕方なく近くのパチンコ店の駐輪場でアイドルを調整しようと思ったが、キャブレターのアイドルスクリューのある位置には、何かセンサーがあり調節ができなくなっている。
いろいろ考えたが、どうやらアイドリング回転数が低く、それに加えて計測の時急ぎすぎて、プローブが準備OKとなる前に突っ込んでしまった可能性があった。
対策のできないまま、これで×になったら修理工場に行こうと思い、アイドリング回転数を1600回転まで上げて再検査に並んだ。この2回目の検査が待つ車がやたら多く時間がかかり、最初の時と同じように1時間以上待たされた。やっと再検査を受けることができ、今度は表示板のメッセージ通りにプローブを差し込むと、今度は○。
それやこれやあり、2時間以上雨の中で並んだが、なんとか合格した。これでまた2年間乗れる。


ホンダCB400SS ホンダCB400SS ホンダCB400SS ホンダCB400SS

▲ページトップへ
▲次の年2019年~ 
■ホームページへ
■乗り物のページへ