泥松稲荷社
泥松稲荷社地図 どろまついなりしゃ
空白線
泥松稲荷社

所在地:八幡市八幡

八角堂に近い東高野街道沿いに赤い鳥居を持つ木造の建物は「泥松稲荷社」という。この社には次のような言い伝えが残されている。
その昔、もみじ寺というお寺に、小柄で豆狸のような庵主様が住んでいた。また、近くにあった祠には、いたずら好きの狸が住み着いていたという。ある日、狸はいたずらが過ぎて村人にこっぴどくお仕置きをされ、弱ってうずくまっているところへ庵主様が通りかかった。庵主様は、狸をお寺に連れて帰り、手厚く看病してあげると、すっかり元気になった。その狸の名は「泥松」といい、その後、庵主様についてお祈りをするようにまでなったという。
その泥松が亡くなると、庵主様は御霊を祀り、朝夕に拝んだそうだ。すると、庵主様に泥松の霊力が宿り、占いがよく当たるようになった。この噂は京都や大阪に広がり、「泥松様のお狸様」と呼ばれ、「泥松大明神」の社と鳥居が奉納された。今でも「泥松大明神」と一心不乱にお祈りすると、願いが叶うと言われている。


目次にもどる目次へ