★ROUGH★MUSIC★NEWS★


大熊ワタルからみなさんへのお知らせです。

★ROUGH★MUSIC★NEWS★

…だんだん冬の足音が近づいてきました。今月はあまりライブがなく、自主トレ的な
時間が多いです。なかなか「小人閑有りて何とやら」で、大したこともできないです
が、先日、たまったマイルを使いがてら沖縄に遊んできました。基地、戦跡、古城、
海、ライブハウス、沖縄芝居、などなど欲張って駆け巡りましたが、久高島をのぞむ
絶壁上の公園で風に吹かれながら楽器の練習をしたのがとても気持ちよかったです。


◎国立で大熊・桜井デュオ!
…今度の日曜夜、国立のカフェ「奏(そう)」でギターの桜井芳樹君と二人でライブ
をします。
お代は見てのお帰り(カンパ制)です。
お誘い合わせのうえ多数のご来場お待ちしております!

11/30(日)  国立 奏(中央線国立駅南口下車旭通歩5分)
       大熊ワタル・桜井芳樹(g)デュオ
       start19:00〜
       (問)奏 042-574-1569

◎渋谷の「たばこと塩の博物館」で開催中の「大見世物」展に行ってきました。
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/tokubetu/eventNov03/

…現在、旧来の見世物は「大寅興行」一軒のみになりましたが、江戸時代以来長い
間、見世物は最大の民衆娯楽として、また今の美術館・博物館のルーツとして、大き
な存在だったようです。
「籠細工」「生人形」「動物見世物」「曲芸・軽業」など、その多様な側面を、当時
の貴重な資料で回顧する、なかなか気合いの入った展示でした。演芸、チンドン、演
劇…、とにかくキテレツ道を精進しようと思う人は必見でしょう! 12月14日まで。


◎天王寺公園の青空カラオケ「立ち退き」迫る。
…大阪・天王寺公園の名物、青空カラオケが、行政から今月末を期限に立ち退きを迫
られています。たしかにそれは公的通路を占拠し、雑然としていて、音量も必要以上
に大きいかもしれません。しかし、これまで長年黙認してきた経緯もあるし、もっと
対話・交渉があってしかるべきだと考えますが? 少なくとも僕はこんなにポジティ
ブなストリートカルチャーをほかに知りません。
 以下は大阪の友人からの報告(一部)です。
「…メディアの矮小化(して描くの)とは似ても似つかぬ、野宿者、テキヤ、日雇
い、フリーター、近隣の県からの来訪者、そして労組など、その路上がものすごい重
層的空間であることがわかりました。行政当局のあまりに居丈高な態度に提出を拒否
した個々の関係者の弁明書を、代理人として活動している釜(=釜ヶ崎)の労組の人
に読ませてもらったのですが、そこで路上を取り戻すことが、大げさではなく生か死
かにかかわる切実な意味をもった人がたくさんいることに心を打たれました。これは
いつか公表されるべき貴重なテキストだとおもいます」


大熊ワタル
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
rough music/CICALA-MVTA
mailto:cicala-mvta@mbj.nifty.com
http://homepage2.nifty.com/roughmusic/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●前にもどる



●このページの制作者の個人ページへ

●「JARA!!」トップページへ