0から始める手作りおもちゃ5 

 
 
 スカイ・シャトル  トンボのやじろべえ タングラム  鏡の小部屋  スライダーリング 針金のツリー バハムートミニ 鳥型のやじろべえ バハムート   バハムートU カモメのやじろべえ 
スカイシャトル トンボのやじろべえ  タングラム 鏡の小部屋 スライダーリング 針金と紙コップのツリー  ミニバハムートのやじろべえ 鳥型のやじろべえ ファイナルファンタジーのバハムートのやじろべえ  バハムートUのやじろべえ  カモメのやじろべえ 
 クリスマスリース    ビニールロケット 画用紙のけん玉    ヤクルトの容器のアメンボウ 鉛筆のキャップの笛  ニワウルシ 紙コップのけん玉2
クリスマスリース  貝笛 ビニールロケット 紙で作るけん玉 針金のアメンボウ 針金のアメンボウ2 鉛筆のキャップの笛  紙皿回し2 ニワウルシ  封筒の鯉のぼり  紙コップのけん玉2
 フリスビー   虫取り器 ミニミニボウリング 紙コップのピーク  紙箱ピストル  バランスくん  牛乳パックの輪ゴムピストル  紙コップのお化け セロファンを使ったおばけ
紙皿フリスビー  王冠 王冠2   昆虫採集の容器 ミニミニボウリング 紙コップのピーク  紙箱ピストル  ヤクルト容器のバランスくん 輪ゴム発射台 紙コップのお化けのライト  紙コップのお化けライト2
  超簡単:日光写真  紙皿UFO 人工芝のツリー ロケットのやじろべえ    ガラスのコップに絵を描く 紙皿グライダー 起き上がりこぼし
チェーンループ  スポンジバランス   星空スコープ 超簡単:日光写真   紙皿UFO   人工芝のツリー ロケット型のやじろべえ  円盤飛ばし鉄砲  ガラスのコップに絵を描  紙皿グライダー  起き上がりこぼし 
 ひも付き飛行機  ひも付き飛行機の大型版 紙コップのスピーカー ボールキャッチ  紙コップビードロ アルミ管の笛 アクリル管の笛 ペットボトルの飛行機 スチレン版画  超簡単コマ  2連発
でんじろうさんのひも付き紙飛行機 ひも付き飛行機大型版  紙コップスピーカー ボールキャッチ 紙コップビードロ  アルミ管の笛 アクリル管の笛  ペットボトル飛行機  スチレン版画 超簡単コマ 牛乳パックのゴムピストル連発式  


青空
掲示板
『青い空』
 


 作り方のご質問等はこちらからどうぞ。
 


イラスト   でんじろうさんのひも付き紙飛行機:ひもコン
(道具・材料)
 プリンターで使う印刷用紙などの紙、たこ糸、穴あけパンチ、はさみ
  
指に乗せてバランスを見ますパンチで穴を開けたこ糸を通します(制作の手順)
@ロケット型の紙飛行機を折ります。

A左と右の写真のように、指に紙飛行を乗せます。紙飛行機のバランスの取れている所の横の羽の外側のところに穴開けパンチで穴をあけます。

B穴にたこ糸を通して結べば完成です。たこ糸の長さは、とりあえず2m位でやって、大丈夫ならもっと長くしていきます。



ひも付き飛行機の完成※米村でんじろうさんの本に載っていたひもつき飛行機です。さすが、でんじろうさん。

 飛ばし方は、糸を持ってゆっくり回します。飛行機が飛んでいたらスピードをあげていくとうまく飛びます。糸は段々伸ばしていくと大きな円を描いて飛びます。私が子どもの頃に見た「Uコン」というエンジン付きの飛行機にワイヤーがついていて操縦するものとそっくり。あの頃は、まだリモコンの飛行機を見ることがなかった時代です。(「三丁目の夕日」の時代です。昭和30年代)
  


イラスト    ひも付き飛行機:ひもコンの大型版
(道具・材料)
 100円ショップで売っている厚紙(厚画用紙)・たこ糸、丸棒(長さは1m位。100円ショップの工作コーナーにある丸棒よりもホームセンターで売っている丸棒の方が硬くていいです。)、定規、ビニールテープかガムテープ
  
飛行機の先端が開きすぎないようにテープを貼ります(制作の手順)
@紙飛行機を折ります。厚紙(厚画用紙)は硬いので、折るときには折る線に沿って定規を当てて折ります。

A厚紙ですと飛行機の先端部分ひらいてしまうので、左の写真のように、ビニールテープかガムテープを貼って、あまり開きすぎないようにします。




テープで穴を補強しますA紙飛行機を指の上に乗せ、紙飛行機のバランスの取れている所の横の羽の外側のところに穴開けパンチで穴をあけます。(※上のひもコンを参照してください。)
 穴の周囲にビニールテープかガムテープを貼り補強します。(遠心力がひもをとおして穴の所にかかるのと飛行機自体が重いので・・・)

B穴にたこ糸を通して結び、丸棒に凧糸の端を結んでビニールテープをぐるぐる巻けば完成です。凧糸の長さは、とりあえず5m位でやって、大丈夫ならもっと長くしていきます。


大きさ全体像※飛ばし方は上の飛行機と同じですが、こちらは丸棒にたこ糸がついているので、回すときに少々力が必要です。小学生なら大丈夫と思いますが・・。空中で1回転する曲芸飛行に挑戦してみましょう。
  


イラスト    紙コップビードロ
アルミのトレー(道具・材料)
100円ショップ(ダイソー)のアルミ浅型トレー・紙コップ・ストロー、ボンド、はさみ、プラスのドライバー、鉛筆かシャープペンシル等 
紙コップをトレーにボンドで貼り付けますボンドで貼りますアルミを貼った状態(制作の手順)
@紙コップの口側にボンドをつけてアルミのトレイに貼り付けます。重しになるものを乗せておくといいです。

Aボンドが乾いたらはさみで紙コップの口のところを大雑把でいいので切り取ります。


ストローを差し込みますBプラスのドライバーを紙コップの底側の真ん中辺りに突き刺して穴をあけます。このままでは穴が小さいので、シャープペンを差し込んで穴をストローの太さと同じようにします。

Cストローを穴に差し込んでアルミに当たったら、1p位引き戻します。(この辺は適当でOK。)ストローの穴の隙間を埋めるためにボンドを穴の周りにつけて乾燥させます。ボンドが乾いたら完成です。

※ストローをくわえて息を吐いたり吸ったりするとビードロのように「コッキン・コッキン」という音がします。アルミ以外のプラスチックや紙も試しましたが、アルミがガラスのビードロに一番近い音が出ました。


イラスト  紙コップのスピーカー
 元々は紙コップのスピーカーを作るのではなくて、紙コップに50pほどの糸をつないで先端にフォークを結び、そのフォークを軽く叩くとどういう音がするかという実験をやっていたのが最初です。その実験が終わった後に、ついでに紙コップのスピーカー作りもやってしまおうと思いつて作ったものです。このページで紹介している『不思議な楽器アナラポス』と原理は同じだと思います。糸をコップの底の穴に通すときが面倒ですが、すぐに作れるものですので、「えっスピーカー!?」という疑問に挑戦してみてください。ただ、期待していたほどのスピーカー効果はなかったですが・・。
材料市販のスプリング(道具・材料)
 紙コップ2個(コンビニで売っています。)、クリップ2個、糸20p位の長さを2本、スプリング1本(ホームセンターで売っていますが、細めの針金を鉛筆などに巻き付ければ簡単に作れます。)、穴を開けるためにきりか千枚通し、ガムテープ(セロテープよりもしっかり貼れます。)、はさみ、裁縫の
紙コップの底に穴を開けますクリップに糸を結びつけます糸をコップの穴から通しますガムテープでクリップを固定します(制作の手順)
@紙コップの底の真ん中当たりに、千枚通しかきりで穴を開けます。穴は大きくならないようにします。

Aクリップに糸を結びつけます。

B糸(糸を結びつけたクリップ)をコップの底の穴に通します。糸を通す時は針に糸をとおしてやると簡単にできます。

Cクリップが動かないようにガムテープを貼って固定します。

糸の先にスプリングバネをつけて完成ですD糸の先にスプリング(バネ)を結びつけます。両方のコップからの糸を結べば完成です。

E片方のコップを口に当て、糸とスプリング(バネ)がぴんと伸びるようにもう一方の紙コップを前に出して声を出します。


星空スコープ
(道具・材料)
 ダイソーの厚画用紙、アクリル絵の具(または、水彩絵の具やポスターカラー)、絵筆、千枚通し、ボンドか両面テープ、はさみ、定規、輪ゴム、穴開けパンチ
寸法図表側・裏側を黒く塗ります帯状の画用紙を貼って輪ゴムを着けます(制作の手順)
@厚画用紙に左の図のように線を引いて箱の形を作ります。
(図の右側の四角のパーツは、左側のパーツ貼り付けることで箱形になります。)

Aはさみで切って貼ってから、表側と裏側の両方を黒い絵の具で塗ります。

B絵の具が乾いたら、千枚通しで箱の前側・左右・上下側の全てに穴をあけます。(穴をあける時には雑誌等を下に敷いて穴をあけるようにします。)星空スコープで見る星見た感じ
C箱を組み立てます。

D帯状の厚画用紙にパンチで穴をあけ輪ゴムを通します。それを箱にボンドで貼ります。

E半円の穴が切り込んでいるほうが箱(スコープ)の下側になります。この半円は鼻が当たるところになります。これで完成です。このスコープをかぶって、星空が広がっているのを見ます。


スポンジバランス
スポンジバランススポンジバランススポンジバランススポンジバランススポンジバランススポンジバランススポンジバランス洗いMEN 100円ショップ(ダイソー)で売っているスポンジの「洗いMEN」を2個(2セット)使って遊べる、スポンジを使ったバランスゲームです。

 200円ちょっとで色々な形のバランスを楽しめますから、うまく倒れないように色々と組み合わせを考えましょう。
 


イラスト ペットボトル飛行機
 折り紙やポテトチップの容器を使った飛行機は以前「0から始めるおもちゃ作り1」で作りましたが、今回はペットボトルの容器で作ったものです。ペットボトルは、サイダーなどの炭酸飲料のボトルが丸いので最適です。容器の大きさは、大きくても写真のように小さいものでもOKです。工作は難しいものではありませんが、容器を決まった幅で切るのに一工夫が必要です。

※以前ポテトチップの紙の容器で飛行機を作りましたが、切るということを考えるとそちらのほうが簡単です。 
サイダーの容器 (道具・材料)
 100円ショップで売っているストロー、炭酸飲料の容器(容器のサイズは大きくても小さくてもOK)・ビニールテープ、はさみ、定規、サインペンかマジック、カッターナイフ
ペットボトルに布ガムテープを貼ります印をつけます定規を当てて線を引きます線に合わせてテープを巻きますカッターナイフで切ります (制作の手順)
@炭酸飲料のペットボトルから、飛行機の羽の部分を作ります。幅の広い方が3pで、幅の狭い方が1.5pになります。ペットボトルを正しい幅で切るのは難しいので、ビニールテープやガムテープを使い、ほぼ正しい幅に切れるようにします。

A初めに布ガムテープをぐるりと貼ります。貼ったら3pと1.5pの幅をマジック等で印をつけます。

 印の線は長い方がいいので、ペットボトルを指で押して定規を当てると長い線が引けます。できればぐるりと線を引きたいのですが、大体で大丈夫です。

2個の輪っかができましたストローにテープを貼りますストローについたテープで輪っかに固定しますBカッターナイフでペットボトルを線に沿って切り、3p幅と1.5p幅の輪っかを作ります。

C輪っかの対角線上に印をつけます。(上と下の2カ所。写真の右のようになるように印を使います。)

Dストローの端にビニールテープ(または、ガムテープかセロテープ)を貼り、2つ作った輪っかの印の部分に貼ります。

Eもう1本のストローも同じようにしてテープで貼ります。

F2本のストローを輪っかに貼った時に平行についているか見て、だめなようなら外して尚します。これで完成。

前に押し出すように投げます幅広の輪の方が前側になりますG投げるときには幅の広いほうを前側にします。飛行機の持ち方は、左の写真のように下側のストローを親指でかるく挟む感じでもちます。うまくなげると10m位はピューンと飛んでいきます。


 イラスト    チェーンループ
(道具・材料)
100円ショップのダイソーで売っているプラスチックのチェーン、ラップの紙の芯(2本)、ビニールテープ
ビニールテープと紙の筒(制作の手順)
@ラップの芯2本をビニールテープつなぎ1本にします。

Aビニールテープを巻いて飾り付けます。

チェーンを引っ張って遊びます全体像Bプラスチックのチェーンをラップの芯に通して輪っか状にします。これで完成です。

※遊び方・・・1・2歳児用のおもちゃです。

 このチェーンループを片手で持ち、持っていない方の手でチェーンを引くか、このチェーンループを左の写真のように椅子の脚や柱等にガムテープ等で固定し、両手でチェーンを引くようにします。チェーンは輪っか状になっていますので、チェーンを引き続けることになります。1〜2歳児のお子さん用のおもちゃになります。
 


イラスト  アクリル管の笛
(道具・材料)
 ホームセンターで売っているアクリル管・丸棒(アルミ管の穴の太さか少し太いもの)、ペン、のこぎりかクラフトノコ、三角形のヤスリ、紙(布)やすり、ビニールテープ 
笛の構造布ヤスリで丸棒を磨いて細くする丸棒の先端の長さを決めます(制作の手順)
@丸棒がきゅっとビニール管にはいるか確かめます。もし入らないようなら、紙やすり(または、布やすり)で磨いてビニール管に入るようにします。

丸棒の先端を削ります吹く口から見た丸棒の様子A丸棒の先端を左の図のような形にカッターナイフで削ります。ある程度形ができたらのこぎりで1〜2p位の長さに切り落とします。








アルミ管の空気の出る部分の削り方ホースをカッターナイフでカットする市販の笛丸棒をカットするB三角形のやすりで下の図のようにヤスリをアクリル管に当てて空気が抜ける斜めの穴作ります。

 口側は垂直に切り込みを入れ、アクリル管の真ん中近くまできたらヤスリの平らな面を当てるようにして斜めに削っていきます。

 切り込む角度は何回かやるとこつがつかめます。角度は何度とは言えないので、まずはやってみてください。
(上の右側の笛は市販の笛です。この笛の穴の様子を参考にしてください。)

全体像 アクリル管に入れてみて吹いて音が出るか確かめます。音が出るようでしたら、口とは反対側のアクリル管穴に丸棒を差し込んで、5o位の長さで切り落とし蓋にします。これで完成です。


イラスト   アルミ管の笛
(道具・材料)
ホームセンターで売っているアルミ管、丸棒(アルミ管の穴の太さか少し太いもの)、ペン、のこぎりかクラフトノコ、電動ジグソー、三角形のヤスリ、紙(布)やすり、ビニールテープ
 
笛の構造布ヤスリで丸棒を磨いて細くする(制作の手順)
@丸棒がきゅっとアルミ管に入るか確かめます。もし入らないようなら、紙やすり(または、布やすり)で磨いてビニール管に入るようにします。

Aアルミ管を電動ジグソーか鉄のこで切り落とします。アルミ管の長さは好きな長さでOKです。


丸棒の先端を削ります吹く口から見た丸棒の様子市販の笛B丸棒の先端を左の図のような形にカッターナイフで削ります。ある程度形ができたらのこぎりで1〜2p位の長さに切り落とします。





アルミ管の空気の出る部分の削り方三角形のやすりで削りますアルミ管を削った様子丸棒をカットする丸棒で蓋を作りますCアルミ管にビニールテープをぐるぐると巻き付けます。三角形のヤスリをテープに当てるようにしてアルミ管を削り、空気が抜ける斜めの穴作ります。
(ヤスリの使い方は左下の図のようにします。)


 切り込む角度は何回かやるとこつがつかめます。角度は何度とは言えないので、まずはやってみてください。
(上の右側の笛は市販の笛です。この笛の穴の様子を参考にしてください。)

全体像アルミ管に入れてみて吹いて音が出るか確かめます。音が出るようでしたら、アルミ管の口側と反対側に丸棒を5oほど差し込んでのこぎりで切り落とします。これで完成です。


イラスト    ボールキャッチ
(道具・材料)
 100円ショップ(ダイソー)で売っている厚画用紙・ビニールテープ、コンパス、はさみ、ペットボトル、ホチキス(ステプラー)
 
厚画用紙で円盤を作ります折り曲げた部分を切ります(制作の手順)
@大きめのペットボトルの真ん中辺りをカッターナイフで切り取ります。切り取った部分が凸凹していたらは、はさみできれいにします。

A厚画用紙に大きな円を描きます。その円の中心にペットボトルの太さより2〜3p大きな円を描きます。



厚画用紙で取っ手の棒を作ります全体像全体像Bはさみで円を切り取ります。円周から中心に向けてはさみで切ります。中の円は、上の写真の右側のように、切り取らないで中心から小さな円に向けてはさみを入れます。この部分が、ペットボトルと厚画用紙をつける部分になります。切りこみした部分が貼る際に長く感じたら、半分ほどの長さにはさみで切ります。

Cペットボトルに画用紙を取り付けます。画用紙はすり鉢状になるように重ねていくことで調整します。ホチキスでとめます。

D余った厚画用紙で柄の部分を作ります。長方形に切った厚画用紙を丸めてペットボトルの口に入れ、ビニールテープを巻きます。これで完成。
 


イラスト      スチレン版画
スチレン版画スチレン版画スチレン版画のトトロ
(材料・道具)(作り方)は、「0から始める教材作り2」のページをご覧下さい。 


イラスト    超簡単コマ
(道具・材料)
 100円ショップ(ダイソー)で売っている2段重ね棚(タワートレイ)・ピンポン球
(1〜2個) 
底のへこみ部分にピンポン球を入れる。凄い回転別々でもコマになります。(制作の手順)
@ピンポン球をこの商品(2段重ね棚)の底のくぼみに入れるだけで完成です。

※2段重ねにした状態でもすごくよく回ります。回し方は、棒状の部分をコマの軸と思ってコマを回すように回すだけです。2段重ねのものをはずして2個に分けても、同じように容器の底のくぼみにピンポン球を入れれば、2個とも凄い勢いで回ります。
 



イラスト   鏡の小部屋
LEDグラデーションライト(材料・道具) 
 100円ショップで売っているLEDグラデーションライト、PCミラー2枚、カッターナイフはさみ、、両面テープ、工作用紙、ペン、定規、100円ショップのカラー段ボール、ビニールテープ
設計図蓋と底鏡で底と蓋の部分を作る。(制作の手順)
@工作用紙に蓋と底の部分になる正六角形を描きます。この小部屋の場合は、縦20p・横20pの正方形を書いてから、一辺が10pの正六角形にしてあります。

A正六角形の工作用紙をPCミラーに当てて周囲をペンで描きます。蓋用と底用の2枚を描きます。PCミラーには樹脂製?のシートが貼ってあります。(キズがつかないようにです。)
 このシートは最後まではがさないで、線をペンで引くときはこのシートに書きます。あとではがせば汚れなしです。

折り込む部分を入れたもの蓋と底を作ります。蓋と底豚蓋と底蓋にミラーを貼ります。Bカッターナイフと定規を使ってPCミラーを切って正六角形を2枚作ります。

C段ボールの方は、正六角形の方にのりしろ部分を入れるようにし、写真のように6辺に幅2p分余計にとります。はさみで切り、折るとき重なる部分を切ります。


D蓋の部分と底の部分をビニールテープを使って組み立て、PCミラーを両面テープで貼り付けます。

側面部分のぞき窓を作ります。ミラーにのぞき窓を作ります。E小部屋の側面を作ります。工作用紙と段ボールを縦20p・横65pに切ります。幅10pごとに縦線を引き、そこを定規を使って折ります。これが側面になります。

FPCミラーは縦20p・横10pを6枚作ります。サインペンで線を引き、定規をあててカッターナイフで切っていきます。


側面の部分側面部分にミラーを貼っていきます。側面にミラーを貼ります。G厚画用紙(工作用紙)と段ボール板を両面テープで貼り合わせます。側面の1枚だけにのぞき穴を作ります。PCミラーにも1枚だけ同じようにのぞき穴をカッターナイフで切り抜きます。のぞき穴の大きさは、手が入るくらいのサイズ。

HPCミラーを側面に両面テープで貼ります。


ミラーのシートをはがします。組み立て終了中野様子中の様子色の変化I底蓋に側面を入れてから、蓋をします。蓋はかぶせるだけで、ボンド等を使って固定はしません。

※のぞき穴から物を入れ、鏡へどう映るかみます。今回はLEDライトを入れてみました。


イラスト   ニワウルシ
ニワウルシ 文化祭の小高の劇で、空中からクルクルと回転して落ちてくる花びら(花びらというイメージ)を使いたいという劇の担当の先生方からの要望で作ったものです。このページに載せている「魚形へり」でも良かったのですが、魚形へりは折り紙を切り口に差し込むだけですので、劇の練習で使っていると子どもたちが踏んだりするとすぐに切り込みにさしただけのものなのではずれてしまいます。毎回さしこみ直すのでは大変なので、ホチキスで固定できるこの方法に替えました。簡単ですが、クルクルよく回ってゆっくり舞うのでみんなに好評です。作るのも超簡単。1個数秒できますから・・。
折り紙:デコレーションリング(道具・材料)
100円ショップで売っているデコレーションリング(リング用に細長い折り紙。七夕飾りの時にリングを作るのに便利な折り紙です。)、ホチキス
折り紙でリングを作ります真ん中でつぶします重なった所をホチキスでとめますニワウルシの完成クルクル回転して落ちるニワウルシ(制作の手順)
@左の写真のように、折り紙をくるっと丸めて、1pくらい両端を重ねます。


A写真の左から2番目のように重ねた部分をつまみ、ホチキスでとめます。これで完成。2階などの高い所から落とすと、くるくる回転して落ちていきます。

※紙の長さをもっと長くしてもおもしろいので、試されてはいかがでしょう。


イラスト    紙皿UFO
(道具・材料)
 100円ショップ(ダイソー)の紙コップと紙皿(紙コップは大きめの方が作りやすいです。)。ビニールテープかセロテープ、はさみ
8等分に切ります先端を折ります(制作の手順)
@紙コップの側面を大体でいいので8等分にハサミで切ります。(※初めは十字に切り、その後ひとつの羽を半分になるように切れば8等分。)

A羽に丸みを持たせます。(手でしごけばいいでしょう。)



紙皿に貼りますテープで貼り付けます完成B羽の先端を少し折り曲げます。

Cビニールテープかセロテープで羽を紙皿に貼ります。これで完成です。

※投げ方は、紙皿を親指と人差し指でつまんで手首を返すようにして投げます。紙皿を投げる普通の持ち方です。


 イラスト  カモメのやじろべえ
(道具・材料)
100円ショップの工作用紙、ペン、定規、はさみ
 
寸法図カモメのやじろべえの型版カモメの大きさ(制作の手順)
@工作用紙に左の図のように線を引きます。工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。

(右下の写真のカモメは、小型のタイプです。工作用紙の寸法図は大型のカモメになります。)

Aはさみで太線の部分を切り落とします。

微妙なバランスB写真のようにくちばしの部分を5o〜1p曲げます。この部分が支点になって全体のバランスをとります。これで完成。
 


イラスト   トンボのやじろべえ
(道具・材料)
100円ショップの工作用紙、ペン、定規、はさみ
トンボの寸法図トンボのやじろべえトンボのやじろべえの型版(制作の手順)
@工作用紙に左の図のように線を引きます。工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。

Aはさみで太線の部分を切り落とします。



微妙なバランスBくちばしの部分を5o〜1p曲げます。この部分が支点になって全体のバランスをとります。これで完成。

※くちばしの部分が弱いと感じたときには、幅1〜2p・長さ3p位の工作用紙をくちばしの裏側にのりで貼って補強します。
 


イラスト   ファイナルファンタジーの「バハムートのやじろべえ」
(道具・材料)
100円ショップの工作用紙・カラーペーパー、、のり、はさみ、定規、ペン、
 
バハムート斜め前から(制作の手順)
@工作用紙に左の図のように線を引きます。工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。

Aはさみで太線の部分を切り落とします。


バハムートBカラーペーパーをのりで貼ります。色や形は好きなように・・。

Cやじろべえの真ん中の部分で一度折ります。くちばしの部分を5o〜1p曲げます。この部分が支点になって全体のバランスをとります。これで完成




補強の部分※くちばしの部分が弱いと感じたときには、幅1〜2p・長さ10p位の工作用紙をくちばしの裏側にのりで貼って補強します。



イラスト   バハムートU
(道具・材料)
100円ショップの工作用紙・カラーペーパー、のり、はさみ、定規、ペン
型版バハムート2のやじろべえバハムート2カラーペーパーを貼ります。(制作の手順)
@工作用紙に左の図のように線を引きます。工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。

Aはさみで太線の部分を切り落とします。左の図の矢印のようなものは、バハムートのくちばし部分を補強するためのものです。
 カラーペーパーをのりで貼り、バハムートの形に切り落とします。

Bやじろべえの真ん中の部分で一度折ります。くちばしの部分を5o〜1p曲げます。この部分が支点になって全体のバランスをとります。これで完成

※くちばしの部分が弱いと感じたときには、幅2p・長さ10p位の工作用紙をくちばしの裏側からお腹の部分にのりで貼って補強します。
(型版の頭の部分=矢印のような形・・を切ってのりで貼って使えばOKです。) 


イラスト  ミニバハムート 
(道具・材料)
100円ショップの厚画用紙(または、工作用紙)・カラーペーパー、のり、はさみ、定規、ペン
 
ミニバハムートの型版バハムートミニ(制作の手順)
@工作用紙に左の図のように線を引きます。工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。

※この「ミニ」は工作用紙に線を引かなくても写真をA4用紙に拡大して貼り付ければ、そのまま使えるようにしてあります。

印刷したら厚画用紙に貼って、それからはさみで切るようになります。


Aカラーペーパーをのりで厚画用紙か工作用紙の裏側に貼り、 はさみで太線の部分を切り落とします。

B黒や銀色は100円ショップ(ダイソー)の色画用紙を切ってのりで貼っています。


イラスト   鳥型のやじろべえ
(道具・材料)
100円ショップの工作用紙・カラーペーパー、のり、はさみ、コンパス、定規、ペン
 
鳥型のやじろべえの型版鳥型のやじろべえ (制作の手順)

@工作用紙に左の図のように線を引きます。羽の部分が楕円のように見えますが、実際は円なのでコンパスで円を描いてください。

工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。


Aカラーペーパーをのりで工作用紙の裏側に貼り、はさみで太線の部分を切り落とします。

Bくちばしの部分を5oほど折り曲げます。この部分を上の写真のように、ペン等のところに乗せてバランスを取ります。


イラスト   ロケットやじろべえ 
(道具・材料)
100円ショップの工作用紙・カラーペーパー、のり、はさみ、定規、ペン
 
ロケットやじろべえの型版ロケットやじろべえ支点になる部分(制作の手順)

@工作用紙に左の図のように線を引きます。工作用紙のひとますは、1p×1pですので、線がますの真ん中にあるのは5oということです。

Aカラーペーパーをのりで工作用紙の裏側に貼り、はさみで太線の部分を切り落とします。


 B黒や銀色は100円ショップ(ダイソー)の色画用紙を切ってのりで貼っています。

C
バランスを取る部分は、上の写真のように、ロケットの中程にある三角の突起部分になります。


イラスト   人工芝のツリー
人工芝(道具・材料)
 100円ショップの「ジョイント人工芝」・ビーズ・キラキラカラーモール、はさみ(はさみでも大丈夫ですが、できればホームセンターで売っている万能はさみ)、グルーガン(ホットボンドは白色)
 
はさみでツリーの形に切りますグルーガンでビーズを貼り付けますツリーの形になった人工芝モールを取り付けますグルーガンで雪の感じにしますツリーの完成(制作の手順)
@人工芝のマットを裏返すと格子状になっています。

 それを目安にしてツリーの形にはさみ(できれば万能はさみ)でマットを切っていきます。

Aモールの端を折ってツリーにとめます。

Bグルーガンのホットボンド(白色)をツリーの垂らして雪の感じを作ります。ビーズをホットボンドで貼り付けて完成です。


イラスト   ガラスのコップに絵を描く
(道具・材料)
 100円ショップで売っているガラスのコップ・ポスターカラー、絵筆、中性洗剤(今回はジョイを使いました。)
ガラスのコップに模様を描いた様子
(材料・道具)(作り方)「0から始める教材作り2」のページをご覧下さい。


※この方法は、ガラスだけでなくプラスチックやビニールにも使えます。


イラスト    封筒で作る鯉のぼり
カラー封筒(道具・材料)
 100円ショップのB5サイズのカラー封筒(白・薄い青等数種類あります。好きな色を選択。今回は、子どもたちが色を塗りやすい白を選択)・カラーペーパー、コンパス、セロテープ、はさみ、定規、のり
 
封筒を半分に切りますセロテープで背の部分を貼ります目を作って貼ります(制作の手順)
@左の写真のように、カラー封筒をはさみで縦に半分に切ります。

A切り取った封筒の半分を使って鯉のぼりを作ります。こいのぼり(半分の封筒)の背の部分にセロテープを貼ります。

Bカラーペーパーを数種類使い、コンパスで大きさの違う円を描いて、はさみで切って目を作ります。背びれも必要なら作ります。

尾びれを切って完成ですC尾びれになる所をはさみでV字状に切ります。

D空白の部分(鯉のぼりのお腹のところ)にクレヨン等で好きな色や形を描きます。これで完成です。
 


イラスト   円盤飛ばし鉄砲
(道具・材料)
100円ショップの厚画用紙・大きめのダブルクリップ・ビニールテープか布ガムテープ、定規、ペン、はさみ、輪ゴム2本、のりかボンド、コンパス
 
寸法図定規を使って折ります折ってT字型にします(制作の手順)
@左の寸法図のように厚画用紙に線を引きます。

A右の写真のように折り曲げます。
(写真では、寸法図のようにT字型になっていませんが、寸法図のようにT字型に切り取ります。)



ビニールテープを巻きます厚画用紙で作る円盤Bビニールテープを巻いて鉄砲の形にします。

C厚画用紙にコンパスで円を描きます。円の半径は2p位で、円盤は厚画用紙を2枚重ねてのりかボンドで貼り付けます。輪ゴムをひっかける部分をV字型に切ります。





切り込みを入れ輪ゴムを入れるダブルクリップをはめれば完成D鉄砲の先にはさみで長さ1p位切り込みを入れ、そこに輪ゴムをはめます。輪ゴムがはずれないようにビニールテープを巻きます。

E大きめのクリップを鉄砲の手前側に挟めば完成です。


※円盤のV字のところに輪ゴムを引っかけ、円盤をひっぱってクリップで挟みます。クリップを親指で下に押せば円盤は飛んでいきます。


 クリスマスリース
(道具・材料)
 
100円ショップ(大きな紙皿。8枚で100円。布のテープ、マカロニ3種類、ベル)、円を切れるカッター、木工用のボンド、近くの山で拾ってきた松ぼっくり、水性スプレー(メタリックカラーの金・銀が、金属的な質感が出てきれいです。)
、新聞紙かブルーシート、ひも、穴開けパンチ(または、ドライバー)、ダンボール箱(スプレーで塗装するときにあると便利です。)
円錐カッターで切ります紙皿にボンドをたっぷり塗りますマカロニ(制作の手順)
@紙皿の真ん中を円を切ることができるカッターで切ります。
円を切るカッターがない場合は、円の真ん中辺りにカッターナイフで切り込みを入れ、そこからハサミを入れれば切ることができます。)

A紙皿の上側の部分にパンチで2カ所穴をあけます。リースを釣るための穴になります。マカロニは結構重くなるので、1カ所よりも2カ所のほうが吊るときに安心です。(ここに最後にひもを通します。パンチがない時はドライバーで穴をあけます。)


マカロニと松ぼっくりを貼りますメタリックスプレーで塗装しますB上の写真の真ん中のように、紙皿にボンドを多めに塗って、そこに松ぼっくりやマカロニや葉っぱを貼りつけていきます。部分的に重なってもおもしろいのでかさなることは気にしないで貼っていきます。ボンドはけちらずにどんどん使います。

Cボンドが乾いたら、スプレーを吹き付けます。

(外でスプレーを使うわけですが、風が吹いていると液が風に流されてなかなかうまくいきません。ちょっと大きめのダンボール箱があれば、それを使うことで塗装が随分と楽になりますので、是非試してみてください。)

クリスマスリース
金色になったリース銀色になったリースD完全に乾いたら、リボンや布テープや100円ショップに売っているベル等の飾りをつけると豪華な感じが出せます。(ベルは8個で100円でした。布の方は2mで100円です。)葉っぱは庭にあったものを使いました。

E紙皿の上側の穴にひもを通して完成です。


イラスト   スカイシャトル
梱包用PPバンド(道具・材料)
 割り箸(割ったもの1本)
、梱包用のPPバンド(写真のもの。ポリプロピレン製。ホームセンターに売っています。小包みなどをとめてある黄色のプラスチックのような幅広のひものようなあれです。)、竹串)、丸棒か割り箸、輪ゴムの太いもの(手にはいるようでしたら、模型飛行機用のゴムを輪っかにして使います。)、凧糸、カラービニールテープ、接着剤(ポリプロピレンがつくもの。接着剤の説明文にどんな素材に適用するか書いてあります。今回使ったのは、セメダインの瞬間接着剤「ロックタイト」)、きり、カッターナイフ、はさみ
スカイシャトルの寸法竹串を差し込みます(制作の手順)
@割り箸の太い方から2pのところに斜めにきりで穴をあけ、接着剤を塗った竹串をさしこみます。

 竹串は強度がありますが、楊枝ではすぐに折れてしまうので役に立ちません。
(左側の写真との図の下側)



羽の部分羽を2枚作りますAPPバンドを左側の図のような寸法に切ります。
(2pの長さのところの幅は、割り箸の幅です。)

シャトルとカタパルトシャトルの完成羽2枚を取り付けますB割り箸をはさむようにPPバンドを接着します。手で接着する部分を持っていると接着剤がついてしまうので、それが嫌なときは、輪ゴムできつく押さえておくといいでしょう。乾いたら凧糸で巻き、その上からも接着剤をつけておきます。

C巻いた凧糸の上にカラービニールテープを巻きます。同じように割り箸の太い方の先にもおもり用にビニールテープを巻きます。

シャトルの寸法Dおもり用のビニールテープは、割り箸の太い方から8pくらいのところに重心がくるように数回巻きます。(左側の図でシャトルの下に○で示してある所が指です。指に上のシャトルを乗せて、バランスが取れているか確認します。)

カタパルト完成輪ゴムを溝にかける輪ゴムを用意する丸棒に溝を作った状態カッターナイフで削って溝を作りますEシャトルを打ち出すカタパルトを作ります。丸棒か割り箸の先端近くにカッターナイフでぐるりと溝を作ります。(溝を掘る部分をペンで書いておくか、のこぎりで軽く切っておくとナイフで溝を作りやすいです。手をけがしないように、革の手袋をすると安全です。)

F太めの輪ゴムを溝にかかるように取り付けます。これでカタパルトも完成です。輪ゴムは、できればゴム動力で飛ぶ模型飛行機用のゴムを使ったほうがいいのですが、普通の輪ゴムでもOKです。


イラスト  紙コップのけん玉2
(道具・材料)
100円ショップ(ダイソー)で売っている大きな紙コップと中くらいの大きさの紙コップ、糸、ビニールテープ、千枚通し、はさみ、カッターナイフ
 
全体荘(製作の手順)
@大きな紙コップの横側にカッターナイフで十字を切り、中くらいの紙コップをそこに差し込みます。

A大きな紙コップの口側にビニールテープを巻いて、千枚通しで穴をあけます。穴に糸を通して結びます。糸の長さは20〜25p位。


千枚通しであけた穴に糸を通します。B糸の先端に紙を巻いてテープでとめた玉をつなげます。(ピンポン球を使うと簡単です。)これで完成です。


イラスト    紙のけん玉
(道具・材料)
100円ショップのカラーペーパー等の紙、セロテープかビニールテープ、千枚通し、糸
丸めた紙をテープでとめます糸を通す穴をあけます(制作の手順)
@紙を丸めてメガホンのような形を作ります。セロテープかビニールテープを貼って形を保持させます。

Aメガホン状の紙の先端を内側に曲げ、セロテープ等で固定してから千枚通しで糸を通す穴をあけます。

紙のけん玉完成ビニールテープを丸めて球にしますBビニールテープを丸めて糸を入れてから玉にします。(糸の長さは25〜30p位です。)

C糸の端をメガホン状の紙の穴に通せば完成です。


イラスト   貝の笛
 これは、私が小学校時代に友達とよくやっていたものです。昭和30年代に小学生だった人なら、記憶に残っているものではないでしょうか。もっとも遊びには地域差がありますので、もしかしたら関東地方の一部の地域の遊びだったのかもしれません。ごしごしこすっては「うまく穴があいた。」だの、「片方ばかり大きくなっちゃった。」「なんかへただなー。」だのと友達と言いながらやったものです。昔の子どもは、大人や年上の子どもたちから色々な遊びを伝授されました。今ならすぐに捨ててしまうようなものでさへ、貴重なおもちゃの材料になっていたんですね。最近は、そんな遊びをやったことも忘れていましたが、家族で昔の話をしていたときに、ふと思い出したものです。
(道具・材料)はまぐりなどの2枚貝(大きいもののほうが、やりやすいです。)
貝笛の作り方コンクリートに押しつけた削ります穴の様子(制作の手順)
@貝をしっかり持って、地面(コンクリート)にこすりつけます。このときに貝が傾いたりしないようにしっかり持ちます。

 しばらくごしごしこすっていると穴が2カ所あきます。こすり続けてその穴が2〜3oになったら出来上がりです。ちょっと時間はかかりますが、穴がきれいにあくようにがんばってください。
 こすり方が悪いと丸にならないでいびつになりますが、兎に角穴のあいているところを口に入れて声を出す感じで強く吹きます。

 久しぶりに作ったら、数分でできました。子どもの頃は、もっと時間がかかったような気がしまます。吹いてみましたが、子どもの頃のようにうまくいきません。(年をとったせいかな?)


イラスト    タングラム
(道具・材料) 
100円ショップで売っている工作用紙・カラーペーパー、はさみ、定規、ペン、のり
 
寸法図工作用紙に線を引きます。カラーペーパーをのりで貼ります。表側にもカラーペーパーを貼ります。(制作の手順)
@左の写真のように工作用紙に線を引きます。(20p×20pの正方形)

A工作用紙の裏側にカラーペーパーをのりで貼り付けます。


7つのピースの正方形Bはさみで太線の部分を切り落とします。

Cカラーペーパーを表側にものりで貼り付けます。これで完成です。



家白鳥力持ちステゴサウルスキャンディ医猫※7片のピースを色々と組み合わせて、色々な形(建物や動物等)を作ります。(例:左から「家・白鳥・力持ち・ステゴサウルス・キャンディ・猫)


イラスト   針金のアメンボウ
(道具・材料) 
 100円ショップで売っているアルミの針金(1o〜2o、今回は2oを使用。)・カラーボード(厚目のもの)、カッターナイフ、定規、ペン等、ペンチ、ボンド
 
針金でアイを作ります足の先を折り曲げますカラーボードに針金を差し込みます穴にボンドを入れます(制作の手順)
@ペットボトルに針金をぐるりと巻き付けます。足は全部で6本(左右に3本ずつ)にしたいので、針金は3本巻き付けます。

A針金はペットボトルの底側でクロスさせ、ねじってとめます。

C足の長さは左右のバランスを考えて、長すぎたものはペンチで切って大体同じような長さにします。

アメンボウの完成足にカラーボードをつけた様子Dカラーボードの厚目のタイプを使い、定規で5p×5pの形を6個作ります。

E上の写真の右側のように、針金の足の先端をL字状にしカラーボードの側面に差し込みます。針金を差し込んで穴が開いたら、足を抜きボンドを入れます。もう一度足を差し込んで接着します。

F左右6本の足が、床面に平らについているか確認し、浮き上がっているものは曲げたり伸ばしたりして調整します。ボンドが乾いたら完成。


イラスト  針金のアメンボウ2
(材料・道具)
 ヤクルトの容器、 100円ショップで売っているアルミの針金(太さ1o)・カラーボード、千枚通しかキリ、カッターナイフ、定規、ペン等、ボンド  
針金を通すための穴をあけます針金を巻いて足を作ります足の完成カラーボードを切りますボンドを穴に入れ足を固定します(制作の手順)
@上の針金のアメンボウと同じです。

(上のペットボトルでは、針金をぐるりと巻きましたが、ヤクルトの容器ではぐるりと巻くと針金がはずれやすいので、容器に穴をあけて底に針金を一度とおしてあります。)


イラスト  紙皿グライダー
前に押し出すように投げます。羽の大きさの違うグライダー  簡単に作れるのに思っていた以上に良く飛ぶグライダーです。上手く飛ばせば10m位は楽に飛んでいきます。遠くへ飛ばすコツは、地面から水平に向けて前に押し出すように飛ばすことです。力任せに飛ばそうとすると、グライダーを持った手が下向きになってしまうので、そのやり方ではうまく飛びません。簡単に作れて色塗りなどで一人ひとりの個性を出せるグライダーです。
(材料・道具)
紙皿、セロテープかビニールテープ、割り箸、はさみ、必要ならマジックや水彩絵の具、定規、ペン
7〜9p内側に線を引きます。ハサミで紙皿を切ります。中心線から左右に3pハサミで切り込みを入れます。9p幅の羽の方の寸法(制作の手順)
@左の2枚の写真のように、紙皿の端から7p〜9pほど内側をハサミで切ります。(7pと9pで作ったところ、9pの方が羽の部分が大きくなってよく飛びましたので、9pがお勧めです。)

A紙皿の2カ所を写真のように切って折ります。内側から9pの所で切った羽の場合、中心線から左右に3pづつ。

定規を使って折ります。折り曲げた状態。セロテープかビニールテープで割り箸を貼ります。セロテープで割り箸を貼ったところ。グライダーの持ち方B定規を使って折って尾翼を作ります。

B割り箸をセロテープで紙皿に貼り付けます。これで完成です。

※投げてみてバランスが後方に来ているようでしたら、割り箸の先端にビニールテープを巻いて調整します。
 


    紙コップのピーク
(材料・道具) 
 紙コップ、ビニールテープ、はさみ、カッターナイフ
コップの底を切り取りますビニールテープを5回巻きます(制作の手順)
@紙コップの底をカッターナイフで切り取ります。(カッターナイフを紙コップの側面に当てるようにして切ると上手に切れます。)

A紙コップの底側の縁にビニールテープを巻きます。(※ビニールテープは、5回巻きます。巻くときには、すこしビニールテープを引っ張るようにして巻くとしっかりと巻けます。)これで完成です。



投げるときのコップの持ち方人差し指をコップに引っかけて投げるスライダーリングB投げ方は、写真のようにして持って、前に押し出すような感じで投げます。ビニールテープを巻いてある方が前になります。

(※このやり方で上手く飛ばせないときには、写真のように親指と中指でピークをささえ、人差し指を紙コップにかけて投げると簡単に遠くへ投げられます。この方法が経験上お勧めの投げ方です。)
 うまく投げると10m近く飛んでいきます。


※手で持って投げるのはこつがいります。どうしてもうまく投げられない方は、右の写真のように割り箸の中にピークを入れて割り箸を立てて持ち、割り箸を前に倒せば簡単に遠くへ飛ばせます。(下のスライダーリングと同じです。)


   スライダーリング
(材料・道具) 
折り紙、定規、ペン、セロテープ、割り箸
折り幅はp5p幅で折りますさらに半分に折ります更に半分に折ります。(制作の手順)
@左の写真のように、折り紙に幅5pの線を引きます。

A5p幅の線の所で折ります。

B折った部分を半分に折ります。

C折った部分を更に半分に折ります。


輪っかにします割り箸にピークを入れますD折り紙を円筒形にしていきます。(折った部分を指でしごいてカーブをつけるといいでしょう。)

Eセロテープを貼って円筒形を作ります。これで紙の「ピーク」ができました。

F割り箸にピークを差し込みます。折り曲げた芯の部分が前になるようにします。

※割り箸を立てて持ち、耳の所くらいまで持ってきます。前に割り箸を振るとビューンと飛んでいきます。ピークとして手でつかんで飛ばすよりも数倍遠くへ跳んで行きます。


イラスト    紙皿フリスビー
 紙皿フリスビーは、紙と言うこともあって工作も簡単ですし、万が一人にぶつかった場合も他の素材よりも安全性が高いので、小さな子どもさんがチャレンジするには格好なおもちゃです。紙皿はコンビニやスパーでも売ってますが、100円ショップが一番安いので、なるべくお金がかからない材料で作ります。今回は2種類の作り方を紹介しますので、両方作ってどっちがよく飛ぶか試してみてはいがでしょうか。両方ともかなり遠くまで飛びますよ。
(道具・材料)
 紙皿、ビニールテープ、木工用ボンドやセメダイン、はさみ、カッターナイフ、絵の具
紙皿の内側を切ります内側を切り落とした様子紙皿2枚を重ねますお皿2枚をビニールテープでつなげる(制作の手順)

紙皿の真ん中切り取りタイプ

@紙皿の1枚目の内側をカッターナイフで切り取ります。切り取ったら、絵の具で好きな色や模様を塗ります。(※色をつける必要がない場合は、色は塗らなくてもOKです。)

Aもう1枚の方にも外側に絵の具を塗ります。(色や模様は自由に)

B上の写真の右から2番目のように、2枚の紙皿の縁側に接着剤を塗り合わせます。塗った後にビニールテープを巻きます。

C切り取った穴の部分にもビニールテープを巻きます。これで完成。(ビニールテープを使うのは、フリスビーに重さをつけるためです。軽すぎると遠くには飛びません。どうしても軽い場合は、紙皿を4枚使って作ると良いでしょう。)


紙皿2枚重ねタイプ

紙皿2枚2枚を重ねるビニールテープを巻く横から見た状態@紙皿2枚を重ね、皿の縁にビニールテープをぐるりと巻き付けます。

A模様を水性ペンキやマジック等で描いても描かなくてもOKです。

B投げてみて、軽すぎるようでしたら、ビニールテープを再度巻いていきます。これで完成。


イラスト    針金と紙コップのツリー
(道具・材料)
 100円ショップで売っているアルミの針金(太さ2.5mm)・キラキラカラーモール・ビーズ・金色の鈴の小さいもの、はさみ、グルーガン(100円ショップやホームセンターで売っています。)、紙コップ2個(大きいものと小さいもの)
 
モールを切って半分にしますモールを真ん中で折ります2本のモール通します2本をねじって十字にします(制作の手順)
@左の写真のように、モールをはさみで切って半分にします。

A半分の長さにしたモールを真ん中で折り曲げます。

B折り曲げたモール2本を引っかけるようにして交差させ、それをねじって十字にします。

C下の左の写真のように、十字にしたモールにもう1本モールを加えてねじり、雪の結晶のような形にします。(長さは、はさみで切って調整します。)


モールをもう1本加えて星にしますアルミの針金を巻き付けますグルーガンで飾りを取り付けます飾りの様子完成D紙コップを大きいものと小さいものを用意します。大きいコップに小さいコップを重ねます。

 アルミの針金を下から紙コップにぐるぐると巻いていきます。(紙コップの底側の側面に千枚通しかきりで穴をあけ、そこに先をすこしだけ曲げた針金を入れてからぐるぐる巻くと巻きやすいです。)

Eモールやビーズをグルーガンを使って貼り付けます。

F針金のツリーの一番上の飾りはモールで作りますが、他のモールの飾りよりも大きくするといいでしょう。


紙皿回し2
(材料・道具)
 紙皿、新聞紙、ペンか鉛筆、定規、絵の具か色紙かマジック、ペットボトルのふた、コンパス、千枚通し、鉛筆か先が細い割り箸等、両面テープ 
新聞紙に紙皿を使って円を描きます。新聞紙の円を切ります。(制作の手順)
@初めに紙皿の中心を決めます。新聞紙に紙皿を乗せ、ペンで紙皿の周囲をぐるりと書いていきます。

Aはさみで新聞紙の円を切り取ります。



新聞紙を折ってwンの中心を出します。中心に穴をあけて印にします。B円の新聞紙を折ります。(半分に折り、更に半分に折ります。)折った角が円の中心になります。

C円の新聞紙を紙皿に乗せ、千枚通し等で中心に穴をあけます。これで紙皿の円の中心がわかるようになります。

Dコンパスで紙皿の内側に円を描き、8〜16等分する線を引きます。(これは、紙皿の周囲を曲げて羽のような飾りにする為ですので、必要がなければ行わなくてもOKです。)


羽を折ります。紙皿に好きなように色を塗ります。E羽の部分を交互に折り曲げます。(必要がなければ行わなくてもOKです。)

F紙皿に好きなように色を塗ります。

G紙皿の中心にペットボトルのキャップを両面テープで貼ります。これで完成です。鉛筆等をキャップにさしてゆっくり回します。勢いがついてきたら速く回すのがこつです。

キャップを中心に貼ります。初めはゆっくり回します。※キャップの部分を紙コップの底(糸底)で作るのが従来の「紙皿回し」の作り方ですが、こちらのほうが作るのは簡単です。ただ、実際に回すときには、従来の作り方で作った紙皿回しの方が回しやすいです。

 お勧めは従来通りの作り方の方です。従来通りの作り方は、このHPに載っていますので参考にしてください。


   起き上がりこぼし
(材料・道具) 
 セロテープや両面テープなどで大きいもの使い終わったもの(紙の芯)、ビー玉1個、画用紙、ペットボトルのキャップ、ペン、両面テープ、速乾ボンド 
画用紙に円を2個描きますはさみで円を切りますテープの紙の芯にボンドをつけ円の紙を貼ります片側だけに円の紙を貼ります(制作の手順)
@画用紙にテープをの芯を置いて円を2個描きます。

Aはさみで円を切り取ります。

Bテープの紙の芯の片方側だけに画用紙の円をボンドで貼り付けます。



テープの紙の芯の周りにビニールテープを巻きますビー玉をボンドで貼り付けます円の紙を貼っていない方にも円の紙を貼りますキャップの顔を貼り付けますCテープの紙の芯のまわりに装飾としてビニールテープをぐるりと巻きます。

D左から2番目の写真のように、ビー玉を紙の芯の底(下側)にボンドで貼り付けます。

E紙の芯のまだ画用紙の円を貼っていない方にも、画用紙の円をボンドで貼り付けます。

Fペットボトルのキャップに目口を描いて顔にし、速乾ボンドで貼ります。これで完成です。


イラスト    ヤクルト容器のバランスくん
(材料・道具)
 ヤクルトの空きビン10本くらい、100円ショップ(ダイソー)で売っているピンポン球・ビニールテープ(赤・緑・黄・水色)・グルーガン 
グルーガンでヤクルトの口にのりを塗りますグルーガンでヤクルトの容器の底にのりをつけますピンポン球を貼り付けますヤクルトの口と底にピンポン球を貼った様子(制作の手順)
@左の写真のように、グルーガンでヤクルトの容器の口側にピンポン球を貼り付けます。(容器が10個なら半分の5個)

A残りの容器の底側にグルーガンでピンポン球を貼り付けます。
(※左から2・3番目の写真)



ヤクルトのバランス完成タワーを作りますBビニールテープを巻いて飾りとします。

※ピンポン球の上にピンポン球のついてない口側の容器(底にピンポン球がついている容器)を乗せていきます。バランスをとって3個以上乗せられるようにがんばりましょう。


イラスト   紙コップのお化けのライト
ライトをつけた様子。 夏の定番(?)のお化けのライトです。カッターナイフを使うところは、小さなお子さんでは危険ですので、そのところは大人が手伝ってあげるといいでしょう。小学生以上なら自分でできると思います。お化けの口や目の形を工夫したり、お化けの頭側のコップの角や耳をつけたりと、自分なりに工夫して人とは違うオリジナルの紙コップお化けを作り、暗いところでライトの灯りをつけるとなかなか良い雰囲気が出ますよ。
(材料・道具)
 紙コップ2個、ボンド、セロテープ、カッターナイフ、水性絵の具かマジック、懐中電灯、セロファン、はさみ  
紙コップを2個用意します。目と口を適当に描いてから切ります。カッターナイフで切った状態。カッターナイフで底に穴をあけます。コップの壁に沿ってカッターナイフを滑らせます。(制作の手順)
@左から2番目の写真のように、カッターナイフを使い紙コップにお化けの目と口の部分の切り込みを入れます。

A絵の具かマジックで色を塗ります。目と口の所の内側にセロファンを貼るとおもしろいです。)


ボンドをぬって貼ります。上から押さえて貼り付けます。セロテープでライトにつけたら完成。暗いところでライトをつけると・・。Bもう1個の紙コップの底をカッターナイフで切り取ります。

C紙コップ2個を速乾ボンドで貼り付けます。(※ボンドだとすぐにはつかないので、セロテープで何カ所か貼るのでもいいでしょう。)

D紙コップの底の部分をライトに差し込んで完成です。(※セロファンは、目や口など自由な発想で貼ると良いでしょう。
イラスト  紙コップのお化けライト2
セロファンを使ったお化け前から見た様子セロファンを貼る 上の紙コップのお化けライトのセロファン使用バージョンです。セロファンは濃い色の赤等を目や口等に貼ります。コップの内側から貼るといいのですが、それが難しいようであれば、口等の大きさより少し大きめにセロファンを切ってボンド等で外側に貼れば簡単に貼れます。材料や作り方は、上のお化けライトと同じです。 


イラスト    ミニミニボウリング
(材料・道具)
 ヤクルトの空きビン10個、100円ショップで売っているピンポン球10個・ビニールテープ(赤・青・黄・緑・水色)・プラスチックのカラー段ボール・テニスボール等のボール、ボンド、たこ糸、きり、はさみ 
ビニールテープを巻きます。テープと容器ピンポン球をボンドで貼ります。(制作の手順)
@ヤクルトの空き容器にビニールテープを巻いて飾りにします。

A容器の口の部分にボンドをつけ、そこにピンポン球を貼り付けます。(ピンポン球は、1分くらい手で押しているとよりよくつきます。)

ヤクルトの容器の底に穴をあけます。板をしごいて段差を少なくします。B一晩おいておきピンポン球がついたら、容器の底の中心にきりで穴をあけます。

Cプラスチックの段ボールの前側になるところの端をハサミ等の硬いものでしごいて段差がなくなるようにします。こうしておかないと段ボールの前面でボールがはじかれることもあるからです。


きりであなをあけます。たこ糸を10本通します。Dプラスチックのカラー段ボールにヤクルトの容器を置く場所の印をつけ(10個)、きりで穴をあけてたこ糸を10本通します。たこ糸の長さは30p位。



底からたこ糸を通し糸を結んで玉を作ります。Eたこ糸を10個のヤクルトの容器に通します。容器の底の穴からたこ糸を通したら、何度も結んでこぶのようにします。これでたこ糸が容器の底の穴から抜けなくなります。

F容器を立ててからたこ糸を全て容器のピンが4個並んでいる方に引っ張ります。(倒れたピンは、このたこ糸を引けば一度に立ち上がってくれます。たこ糸を前側にしてしまうとボールを投げたときに邪魔になるので、後ろ側にするわけです。)


引く糸の様子全体像G段ボール板の後ろ側にボールを止めるためのガードを貼り付けます。これでボールが散逸するのを少し防げるのと、段ボールのボードの後ろ側が少し上がるので前側の段差が小さくなります。これで完成です。


 イラスト   紙箱ピストル
(道具・材料)
 キャラメルの箱やたばこの箱など、輪ゴム、紙、セロテープかホチキス
タバコの箱を使います紙の輪っかを飛ばします箱の蓋を上げれば発射(制作の手順)
@作り方は、牛乳パックのゴムピストルと同じです。違うのは、輪ゴムを飛ばさないことです。

 こちらでは、輪ゴムは箱の前側でテープで固定し、紙で作ったリングを飛ばすようになっています。箱の蓋を持ち上げれば発射ですが、2m位しか飛ばないのでいまいちな感じです。


イラスト   王 冠
 
カラー段ボール(材料・道具)
100円ショップで売っているカラー段ボール(巻いてあるものです。)・ビーズ・サテンのテープ(紙のテープでもOK)・両面テープ・金の星(100円ショップのケーキ用品のコーナーで売っています。)、はさみ、ボンド、定規、ペン 
15p幅両面テープを貼ります。テープを貼り付けます。(制作の手順)
@カラー段ボールを広げます。家にあった段ボールの横のサイズが53pだったので、そのままのサイズで使います。高さは15pにして線を引きます。

Aはさみで15pの高さの線を切ります。

王冠の上の部分の寸法はさみで切ります。ビーズをボンドで貼ります。B切り取った段ボールの底側(下側)に両面テープを貼り、そこにサテンのテープを貼り付けます。

C王冠の上のぎざぎざの部分を作ります。高さ(幅)は3pで6p間隔に印をつけて三角形を写真のようにペンで描きます。

Dはさみで三角の斜線部分を切り取るとギザギザになります。

完成した王冠王冠をかぶってみましたE段ボールにビーズをボンドで貼っていきます。星もボンドで貼ります。

F両面テープで帯状に切った段ボールの両端を貼り付けたら完成です。

 お子さん達の頭の大きさに合わせるのならば、カラー段ボールは40p位の横の長さにして、輪ゴムで両端を結ぶようにするといいでしょう。この方が、色々な頭のサイズに対応しやすいと思います。


イラスト   王冠2
アルミ深型鍋(材料・道具)
100円ショップで売っているアルミの深型なべ、定規、はさみ、サインペン、カッターナイフ 
定規とサインペンで線を引きますはさみで切ります王冠(制作の手順)
@鍋を裏返し、底に定規とサインペンを使って線を4本(十字を書いてからあと2本)引きます。

Aカッターナイフと定規を使って線を切ります。線は1本カッターナイフで切れば、後ははさみできれいに切れます。切った部分は持ち上げて写真の下の右側のようにします。

B鍋の周囲を指で上に押し上げて帽子のようにします。これで完成です。飛び跳ねたりしなければ、ひもがなくても頭から落ちないでしょう。作品例には飾りが付いていません。ビーズなどグルーガンのホットボンドつけると、より王冠らしくなるでしょう。


イラスト   昆虫採集の容器(虫取り器)
紙コップ・千枚通し・ドライバー(材料・道具)
大きさの違う紙コップ各1個(プラスチックのコップもOKですが、穴を開けるとパリンと割れやすいです。)、千枚通しかきり、プラス(+)のドライバー、虫のえさ  
きりでコップの底に穴をあけます。ドライバーで穴を広げます。容器の使い方の図(制作の手順)
@紙コップの大きいものと小さいものを用意します。

A大きいカップの底にきり等で穴をあけ、ドライバーで穴を大きくします。(ドライバーは、差し込むだけ。)


B小さいコップの底に虫のえさになるものを入れます。
小さなカップに大きいカップを差し込みます。えさを入れれば完成。コップを覗いた様子
C底にあなを開けた大きいコップを小さいコップに差し込んで完成です。

※この虫取り器は、地面に穴を掘ってその中に入れます。カップの口の部分が地面の表面と同じ高さになるように穴を掘ります。1日から数日おいて、中に虫が入っているか見てみましょう。

透明のコップの場合下から見た様子※透明のプラスチックコップの場合は、穴をあける大きい方のコップは紙のコップにします。プラスチックのコップは、きり等で穴をあけると横に亀裂が入りやすいので、紙コップの方がお勧めです。どうしてもプラスチックコップの方に穴をあけたい場合は、半田付けのコテのようなものを熱して溶かすしかないかもしれませんが、それでは面倒ですし、お子さん達にはなるべく簡単に安全にできる方法がいいでしょう。
 


イラスト   超簡単:日光写真
(材料・道具)
 新聞紙か白い紙、セロテープ、はさみ、ペン、黒い紙(今回は、100円ショップの折り紙の黒色とカラー段ボールの黒色)
黒い形の紙を貼ったところカラー段ボールの花の形日の当たるところに置きます日光写真の完成(制作の手順)
@黒い紙に好きな形の絵を描き、それをはさみで切ります。

A切った黒い紙を新聞紙(または白い紙)にセロテープで貼ります。

B天気の良い日に黒い紙を貼ってある新聞紙(または、白い紙)を外へ出し、日光に半日〜1日くらい当てます。

 右の写真のように、本当の日光写真とはちょっと違いますが、超簡単に日光で黄ばんだ紙に黒い紙を置いた後が白い形が見えるようになります。
表紙が黄ばんだ色のノート
※できれば天気の良い日に、1日外に出しておくといいです。(半日ではちょっと厳しいです。)

※最近の紙は品質が向上して日焼けに強くなっています。左の写真は、100円ショップのダイソーで売っているノートです。このノートは、紙の色が少し黄ばんでいるような紙質のものです。


   ビニールロケット
ビニールロケット ビニール袋やポリ袋で作れるビニールロケットです。これなら人にぶつかっても安全です。外でも体育館のような屋内でも大丈夫。外で使う場合は、風に流されてどこかに飛んでいってしまわないように、ロケットのお尻の部分に凧糸等のひもをつけて末端部分に重しでもつけておけば大丈夫です。色々な大きさのものを作って、飛ばしっこをすると楽しいと思います。同じ大きさ(袋の枚数)のものなら、飛ばし方の工夫次第で飛距離に違いが出ておもしろいでしょう。

※遠くへ飛ばすコツはロケットの後ろ側を持つようにし、片手はロケットに添え、もう片方の手(利き手)でロケットのお尻を強く前に押し出すようにするとよく飛びます。あとは、ロケットを押し出す角度です。
(道具・材料)
 ビニール袋かポリ袋(ゴミ袋でOKです。サイズは自由ですが、45リットルの大きさよりも大きいほうが迫力があります。カラーの袋があればきれいですが、ホームセンターでもなかなか見つからないので、大きなホビーショップを探したほうがいいかもしれません。)、輪ゴム、セロテープか超透明梱包テープ(ホームセンターのガムテープ売り場で売っています。)や布ガムテープ、扇風機、はさみ
テープで袋をつなげる2つに折るビニールロケットの構造図(制作の手順)
@ビニール袋(または、ポリ袋)の大きいサイズ(45リットル以上)を3〜4枚用意します。袋の底の部分をはさみで切って筒状にします。

A袋を裏返しにして、セロテープか超透明梱包テープ(または布ガムテープ)で重ねて貼り合わせます。

先端部分を作るロケットの先端部分B最後の1枚はロケットの頭の部分になるので、袋を2つ折りにしてから斜めにはさみで切ります。切ったら広げて三角の縁の部分を少し折り返してテープで貼ります。

Cロケットの頭の部分を下の筒状になっている部分(袋)にテープで貼りつけます。できれば表側と裏側(袋の内側)にテープを貼ります。これで一応完成です。


ロケットをみんなが飛ばしますDロケットの後ろ側から扇風機等で空気を送り込んで膨らまします。輪ゴムで空気が漏れないように袋を閉めます。これでできあがりです。

E両手で抱えてやや斜め上方に投げるか、利き手でロケットのお尻の部分を押し出すようにして投げると、より遠くに飛びます。

※更に遠くに飛ばす為、ロケットのお尻側に太い輪ゴムをつけて利き手に持ち、投げる際にそれを前に押し出すことでゴムの反発力を使うようにしました。


イラスト  鉛筆のキャップの笛
鉛筆のキャップ(道具・材料)
100円ショップで売っている鉛筆のキャップ(ダイソーには2種類ありました。どちらでもOK))
 
キャップの頭の穴キャップの下側をくわえるキャップの下側をくわえる(制作の手順)
@真ん中と右側の写真のキャップは種類が違いますが、両方とも穴があいています。キャップの頭に小さな香りのビーズのようなものが入っていたり、小さな動物がついたりしているので、それらを除きます。

Aキャップの下側を口にくわえ(歯でかじって唇を閉じます。)、ゆっくり息を吹き込むと「ピー」と音が出ます。強く吹いても大きな音にはなりません。
 


イラスト    輪ゴム発射台
(材料・道具)
 牛乳パック、ハサミ、輪ゴム、ビニールテープかガムテープ 
パックの口を開きます余分な所をカット上だけ残します左右と下側の蓋部分を畳みます(制作の手順)
@牛乳パックの口の部分をあけ、ハサミで角を縦に4カ所を切ります。

A上側だけ残して左右と下側のところをたたんでテープで貼り付けます。






畳んだ後の様子輪ゴムを箱の前に掛けます蓋を落ち上げれば発射B輪ゴムを前側にかけ、手前まで引っ張ってきてかければ、あとは上側の蓋の部分を持ち上げるだけで輪ゴムが発射されます。

C輪ゴムがずれないように前側に紙を畳んだものを貼ってありますが、これはなくてもOKです。


 イラスト   牛乳パックのゴムピストル2連発式
(材料・道具)牛乳パック、テープ、はさみ、輪ゴム 
蓋を真ん中で切ります蓋の片方を切って、少し幅を狭くします片方の蓋が少し幅が狭い(制作の手順)
@牛乳パックの口の部分をあけ、はさみで端の4カ所を切ります。

A上側だけ残して左右と下側のところをたたんでテープで貼り付けます。

B上側の蓋の真ん中にハサミを入れて切ります。上の蓋が2枚になりました。



輪ゴムのかけ方輪ゴムのかけ方左を撃ったら、蓋は中にしまうC輪ゴムをかけて手間に引っかけ、蓋を持ち上げて発射するのは同じですが、輪ゴムのかけ方が2連発では違います。
 初めに左側の蓋は持ち上げ、右側のほうに輪ゴムをかけます。次に左側の蓋を下ろして左側に輪ゴムをかけます。発射するときは、左側を飛ばしてから汀を飛ばします。

TOPへ