0から始める手作りおもちゃ6 

肢体不自由児用の発射台          
肢体不自由児用の紙飛行機の発射台  戦国武将の兜   戦国武将の兜        
輪ゴムのけん玉 卓上ホッケーの簡単版  魔法使いのステッキ つなわたりコマ1 つなわたりこま2  空き缶笛   ハロインのかぼちゃ ペットボトルで作る飾り  ウッドスティックの飾り
輪ゴムのけん玉 卓上ホッケーの簡単版 宙を舞う魔法使いのステッキ  つなわたりコマ1 つなわたりコマ2  空き缶笛 戦国武将の兜  ハロインのかぼちゃ  ペットボトルで作る飾り ウッドスティックのクリスマス飾り 
風船ロケット笛 潜望鏡 目の錯覚を利用した3Dのドラゴン  シャボン玉を飛ばすストロー1  シャボン玉を飛ばすストロー2
毛糸のミニミニツリー クリスマスブーツ クリスマスブーツの型版 風船ロケット笛 ストローの猫耳  潜望鏡  潜望鏡の型版  逆遠近錯視のドラゴン シャボン玉を飛ばすストロー1   シャボン玉を飛ばすストロー2
 シャボン玉を飛ばすストロー3 シャボン玉を飛ばすストロー5  クルクル回る鉄棒選手 ストロー笛 紙の帽子  帽子 海賊の帽子 
シャボン玉を飛ばすストロー3 シャボン玉を飛ばすストロー4 シャボン玉を飛ばすストロー5  クルクル回る鉄棒選手 ストロー笛   紙の帽子1 紙の帽子2  ストロー笛  紙の帽子4
(海賊)
海賊の帽子の型版
風鈴  あれ?シャボン玉    工作用紙のタワー タワーの型版  ダブルフィルムケースのコマ 紙の円盤    
ペットボトルの風鈴 あれ?シャボン玉 雪だるまあらわる ペットボトルの魚とり 工作用紙で作るタワー タワーの型  ダブルフィルムケースのコマ  よく飛ぶ紙の円盤 うちわ回し  ランプシェード  


青空
掲示板
『青い空』
 


 作り方のご質問等はこちらからどうぞ。
 


  風船ロケット笛
(材料・道具)
 風船(100円ショップやトイザらス)、1円玉・500円玉 
風船と500円玉500円玉を横向きに入れる500円玉が入った状態(制作の手順)
①風船の首の部分が狭いものでしたら、1円玉でもOKです。今回使った風船は、首の部分が太めだったので、1円玉では下まですべり落ちてしまうので、やむを得ず500円玉を使っています。

②写真のように風船の口から500円玉を横向きに入れます。




500円玉が入っている様子③500円玉が首のところに留まっていることを確認します。OKなら、風船に空気を入れて膨らまします。

④空気がたっぷり入ったら、風船を宙に投げるとくるくると飛びながら、「ピュー」と大きな音が出ます。 


宙を舞う魔法使いのステッキ
(材料・道具)
 100円ショップ(ダイソー)で売っている丸棒(工作コーナーにある軽い棒。太い棒と細い棒がありますが、細い方を使います。太い方でも作れますが、細い方のが軽いのでコントロールしやすいです。)・ビニールテープ・釣り糸、はさみ
杖の全体像手前の部分下側の部分(制作の手順)
①棒の上側にビニールテープを巻きます。1回巻くのを写真のように順番に7つ作ります。

②棒の下側にビニールテープを1回巻くのを写真のように順番に3つ作ります。
バランスを見る
③棒のバランスが取れていいる場所を探します。右の黒い棒の写真のように指に棒を乗せてバランスの取れている所を探し、印をつけます。



糸をつける位置④黄色いテープをバランスの取れている場所に貼ります。

⑤糸の位置を決めます。糸は黄色のテープの上からテープを1回巻くのを写真のように順番に2つ作ります。このとき、糸の端を黄色のテープの上に置き、糸ごとテープを1回巻くのを写真のように順番に2つ作ります。これで糸がはずれなくなります。

※糸の位置は、バランスの取れている場所からテープ2巻き分上になるということです。




糸の位置の違い糸を指に巻いて使います垂直に立ちます垂直に立つ⑥糸を棒の上に伸ばし、指を通す輪っかを作ります。糸の長さ(指を通す輪っかのところ)は、棒の上の端の部分より1~2㎝長めにします。これで完成です。

 指を輪っかに通し棒が垂直に立つまで待ちます。手のひらをゆっくり時計回りに回すと棒が垂直に立ったまま時計回りに回り出します。あとは、ひたすら練習。上手になると。まるで魔法の杖のように棒が動きます。


イラスト    逆遠近錯視のドラゴン
(材料・道具)
 ダウンロードしたドラゴンの絵、はさみ、のり、 
印刷した絵はさみで切り取ります。(制作の手順)
①ドラゴンの絵をダウンロードします。(Dragon Illusion 型紙PDF)。(現在では、ダウンロードはやっていないようです。)

②絵を印刷したらはさみでドラゴンを切り取ります。


台座の部分を折ります。顔の部分を折ります。目の下側を折ります。鼻の下側を折ります。のりしろの部分を貼って、離れていた顔をつなげます。③折っていきます。
台座の部分⇒顔の部分(目の上側を折ります。⇒目の下側を折ります。⇒鼻の下側を折ります。⇒のりしろの部分を貼って、離れていた口の部分や目の部分を一体化させます。)



後ろから見た様子みつめてくる様子首を振って見つめます。④後ろから見ると左の写真のようになります。これで完成です。

※目で見るとよくわかりませんが、デジカメ・スマホ・ムービーカメラ等で動画として撮影すると、見る位置が変わってもドラゴンが首を振ってこちらを見つめるのがわかります。YouTubeには、幾人かの方がこのドラゴンの動画をアップしていますので、そちらをご覧ください。
 


    戦国武将の兜
(材料・道具)
 100円ショップ(ダイソー)の工作用紙(寸法を入れるのが楽です。)・色画用紙の金色 、定規、ボンド、カッターナイフ、絵の具(アクリル絵の具がきれいです。)
兜の寸法図定規を当てて折ります折り曲げた様子兜の裏側(制作の手順)
①左の図のように工作用紙に線を引きます。三角形の下側の太線はカッターナイフで切る部分です。

②三角形の斜線と真ん中の線は折り畳む部分になります。

③カッターナイフで下の太い線の部分を切ったら、定規を当てて真ん中の線、三角形の斜線部分を左の写真のように折り曲げます。

アクリル絵の具を塗ります色画用紙を切りますかぶとの完成④アクリル絵の具を塗ります。

⑤アクリル絵の具が乾いたら、色画用紙(金色)を切って細い板状のもの2本と円を1個作ります。兜にそれらをボンドで貼り付ければ完成です。





戦国武将の兜・赤戦国武将の兜・赤戦国武将の兜・型変わり戦国武将の兜・型変わり


 イラスト   ハロインのカボチャ
(材料・道具)
 100円ショップ(ダイソー)の紙かスチロールのお椀2個・ダイソーで売っている色が変わるライト・ポスターカラー、カッターナイフ、ボンド、サインペン、中性洗剤(食器洗いの洗剤)  
お椀に目や口を描きます(制作の手順)
①スチロールのお椀2個をかぶせて、ボンドで貼り付けます。

②かぼちゃの目・口・鼻をサインペンで描きます。

③カッターナイフで目・口・鼻を切り取ります。下の左の写真のように、かぼちゃの頭の部分もカッターナイフで切り落とします。



アクリル絵の具かポスターカラーに洗剤少量で塗ります完成ライト点灯色が変わると④ポスターカラーに中性洗剤を少量混ぜ、お椀に塗ります。
(※アクリル絵の具ならそのまま塗れます。)

⑤ポスターカラーが乾いたら、サインペンで目・口・鼻の輪郭を描きます。これで完成です。

⑥ライトを入れるとハロインのかぼちゃになります。


イラスト  ウッドスティックのクリスマス飾り
ウッドスティック(材料・道具)
アイスの棒かウッドスティック(左の写真。ホームセンターのジョイフル本田)、ボンド、洗濯ばさみ、型抜きした色紙や100円ショップ(ダイソー)で売っているビーズ等
ボンドと洗濯ばさみでウッドスティックを貼るボンドと洗濯ばさみで固定する飾りをつけて完成(制作の手順)
①スティック(木の棒)で三角形を作ります。

②ボンドで棒と棒を貼り付けます。(左の写真のように、洗濯ばさみを使うとしっかり貼り付けられます。)

③棒の上に型抜きした色紙やビーズなどをボンドで貼ります。

④ひもを星形の中に通せば完成です。クリスマスツリーに引っかけて飾ります。


イラスト    よく飛ぶ紙の円盤
(材料・道具)
 工作用紙か厚画用紙、コンパス、はさみ、ボンド、割り箸1本、輪ゴム1本
半径2㎝の円ボンドで2枚を貼り合わせるゴムを掛ける切れ目を作ります(制作の手順)
①工作用紙が厚画用紙にコンパスで半径2㎝の円を2個描きます。

②はさみで円を切り取ります。切り取った円盤2枚をボンドで貼り付けます。
(※厚画用紙なら2枚・工作用紙なら4枚くらい)

③円盤の1箇所に右の写真のように、V字型の切り込みをはさみで入れます。ここに輪ゴムをひっかけます。


輪ゴムを割り箸に取り付けます輪ゴムをきゅっとしばる輪ゴムを円盤に引っかけ、引っ張って飛ばします④輪ゴムを割り箸に写真のようにして取り付けます。これで完成。

※飛ばし方・・・片方の手で割り箸を持ち、もう片方の手で円盤の切り込みに輪ゴムひっかけます。円盤は横向きになるように親指と人差し指でつまんで引っ張ります。

 指を放せばビューンと10m以上は飛んでいきます。円盤の大きさは、半径2㎝がベストです。4㎝・5㎝とやりましたが、円盤が大きくなると遠くへ飛びません。


イラスト   輪ゴムのけん玉
(材料・道具)
割り箸、糸、輪ゴム、はさみ
 
輪ゴムのけん玉(制作の手順)
①糸を長さ15~20㎝位の長さに切ります。

②輪ゴムに糸を結び、糸の反対側を割り箸に結びつければ完成です。糸がほどけそうな時にはセロテープかビニールテープを糸に巻くといいです。

※遊び方・・・普通のけん玉のようにして、輪ゴムを割り箸の中に入れます。けん玉よりも難しいかも?!
 


イラスト    シャボン玉を飛ばすストロー1・2
(材料・道具)
ストロー、ビニールテープかセロテープ、厚画用紙、パンチ、ハサミ
  
シャボン玉を飛ばすストロー(制作の手順)

ストローを束ねるビニールテープで束ねます(ストローの1)
①ストローの先をハサミで切りわけるだけです。ストローは大きい(太い)もののほうが切り分けしやすいです。
(※太いストローは、ホームセンターで売っています。)

(ストローの2)
①ストローを束ねて、セロテープかビニールテープを巻くだけです。


 イラスト    シャボン玉を飛ばすストロー3
(材料・道具)
 首が曲がるタイプのストロー、厚画用紙か工作用紙、穴開けパンチ、ビニールテープかセロテープ
 
厚画用紙にパンチで穴をあけますストローを穴に通しますストローを束ねて完成(制作の手順)
① 写真の真ん中のように、厚画用紙(または、工作用紙)に穴開けパンチで穴をあけていきます。

②ストローをパンチであけた穴に入れます。

③右の写真のようにストローを束ねてテープを巻きます。これで完成です。


イラスト    シャボン玉を飛ばすストロー4・5
(材料・道具)
 ストロー、ボンド、プラスのドライバーか鉛筆、紙コップ、毛糸
コップの底に穴をあけますストローを差し込んでボンドで貼りつけますストローがついた様子(制作の手順)

(ストローの4)
①左の写真のように、紙コップの底に鉛筆等で穴をあけます。

②穴にストローを差し込み、ボンドで固定し乾燥させれば完成です。

※使い方は、コップの口をシャボン液につけてストローに息を吹き込みます。

毛糸をボンドで貼り付けます(ストローの5)
①紙コップの底に鉛筆等で穴をあけます。

②紙コップの口側に毛糸をボンドで貼り付けます。

③穴にストローを差し込み、ボンドで固定し乾燥させれば完成です。


※使い方は、コップの口をシャボン液につけてストローに息を吹き込みます。


 イラスト   ペットボトルで作る飾り
(材料・道具)
炭酸飲料のペットボトル、ストロー、100円ショップ(ダイソー)のメタリックテープ等のテープ、はさみ、カッターナイフかペットボトルを切るはさみ、糸
ペットボトルにメタリックテープを貼りますハサミ・カッターナイフでペットボトルを切ります(制作の手順)
①左の写真のように、ペットボトルに間隔をあけてテープを貼ります。(※テープの間隔を開けないと上手く切れないからです。)

②カッターナイフかペットボトル用のはさみで輪っか状に切り取ります。切り口がギザギザになっていたら、ハサミで形を整えます。


飾りの完成きりか千枚通しで穴をあけます③輪っかを2個・3個・4個と重ねることで飾りができます。2個でも3個でも好きなように・・。

④左の写真のように、輪っかを重ねる前にキリで穴を開けて糸を通してもいいのですが、それでは大変なので、輪っかを重ねてからキリで穴を開けて輪に糸を通す方が簡単ですので、そちらの方法がいいでしょう。

※クリスマスツリーなどの飾りになります。


イラスト   空き缶笛
(材料・道具)
 空き缶(音の違いを楽しむためコーヒー缶とビールの缶の太さの違う空き缶)、牛乳パックの紙、はさみ、定規、ビニールテープかセロテープ
6×6の正方形定規を線に当てて折りますテープを貼りますこれがリードになります(制作の手順)
①左の写真のように、牛乳パックの紙に6㎝×6㎝の正方形を描きます。

②はさみで切り取ります。

③写真の左から2番目のように、切り取った紙の真ん中に定規を当てて折ります。

④ビニールテープを貼ってリードを作ります。(※リードが音を出すところになります。)右の写真のように、少し隙間ができるようにします。


テープをプルトップの下から回して貼りますテープを回して貼りますリードを貼り付けた様子これで完成⑤プルトップに紙のリードを貼り付けます。テープをプルトップの下側に回してくるりと巻いてリードに貼り付けます。これで完成です。(穴の位置とリードの位置は、写真を参考にしてください。)

⑥吹いてみて音が出れば完成です。コーヒーの空き缶とビールの空き缶では音が違いますので、両方試すと楽しいです。


※缶の周りに色画用紙を巻いて両面テープでとめるときれいな楽器になります。


イラスト   毛糸のミニミニツリー
(材料・道具)
 100円ショップで売っているモール・画用紙か工作用紙・毛糸・両面テープ、コンパス、ホチキス(ステプラー)、はさみ
 
円を半分に切りますホチキスで留めます両面テープを貼ります(制作の手順)
①画用紙か工作用紙にコンパスで円を描きます。

②左の写真のように、はさみで円を切って、更に半分に切ります。

③半分に切った円(半円)を丸めて円錐にします。ホチキスで重なったところをとめます。これがツリーになります。ツリーに両面テープを貼ります。


モールの星毛糸を巻いていきます完成④モールで星を作ります。

⑤毛糸をぐるぐるとツリーに巻いていきます。ツリーに毛糸が巻かれたら、モールで作った星を差し込んで完成です。


イラスト   紙の帽子1・2
(材料・道具) 
 100円ショップで売っている工作用紙・カラーペーパー、のり、コンパス、定規、鉛筆、はさみ、カッターナイフかデザインナイフ
紙の帽子の寸法図紙の帽子の寸法図前から見た様子横から見た様子紙の帽子をかぶった様子(制作の手順)
①左の寸法図は、左側がつばのある「帽子1」、右側が下の写真の「帽子2」です。

 工作用紙に作りたい方の寸法で描きます。
(このサイズですと大人でLサイズの大きさです。お子さんならもっと小さい円を描いて作ります。)

②はさみで周囲を切ります。

③カッターナイフで縦線を切ります。(定規を線にあてて切ると真っ直ぐ切れます。)

工作用紙に描いてカッターナイフで切ります。④左の図のように、帽子1では帽子の中央の縦線(点線)と横の線(点線)のところを折ります。
 帽子2では、横線(点線)を折ります。折ると帽子らしい曲線が生まれます。




紙の帽子2紙の帽子2⑤100円ショップで売っているカラーペーパーはA4サイズなので、この円の大きさですとほんの少し足りませんので、2枚使ってのりで貼って、後からカッターで切りました。ただ、それでは面倒ですので、初めから工作用紙に貼ってから寸法をいれると楽になるでしょう。


イラスト   紙の帽子4(海賊)
(材料・道具)
 100円ショップの工作用紙1枚・カラーペーパー(黒・金)・定規、コンパス、ペン、カッターナイフ、のりかボンド、ドクロの絵(インターネットで探します。)
 
海賊の帽子の寸法図栗紙を貼ります黒い紙を貼ってある状態(制作の手順)
①左の寸法図を参考にして工作用紙に線や円を描きます。円の半径は15㎝。内側の円の半径は、13㎝です。

②工作用紙を裏返し、黒いカラーペーパー(ダイソー)をのりかボンドで貼ります。



前側を折り曲げて立てます後ろ側から見た様子③太線の所はカッターナイフやはさみで切ります。

④左の写真のように、前側の円の約1/3に当たる部分を手前に折って立てたようにします。
 右の写真のように、補強を兼ねて、折った部分に工作用紙で切り落とした部分から幅2㎝・長さ3~4㎝のものを作って貼ります。


海賊のマーク

海賊の帽子前から見た様子帽子をかぶった様子⑤ドクロの絵をインターネットで探しダウンロードして印刷します。絵を帽子の立てた部分にのりで貼り、金色のカラーペーパーを縁の部分に貼れば完成です。
 


 イラスト   ダブルフィルムケースのコマ
(材料・道具) 
 フィルムケース2個、セロテープかビニールテープ、はさみ
フィルムケース2個とビニールテープ2個のフィルムケースをテープでつなげます蓋の部分を指で下に押す感じ回転中(制作の手順)
①フィルムケース2個の底側(蓋でない方)を合わせて、ビニールテープでぐるりと巻くと完成です。

②ケースの蓋のギザギザの所に人差し指をあて、下側に指に力を入れて下ろすと回転します。時々、立両端にテープ回転する様子ち上がるのではと思うような状態になるときがありますが、立ちません。


③ケースの両端に色の違うビニールテープを巻き付けると、回転すると写真のような感じになります。

※30年位昔に、ケース1個を回転させるのをやったことがあります。
 


イラスト    カラー段ボールで作るランプシェード
(材料・道具)
100円ショップのカラー段ボール(105円で3枚入っています。)、定規、ペン、はさみ、両面テープ
ランプシェードの寸法図ランプシェードの形内側に紙(制作の手順)
①100円ショップで売っているカラー段ボールを使います。1枚でランプシェードが1個作れます。
 左の寸法図は、屋根側が四角のタイプと三角屋根タイプのものです。

②段ボールに寸法図のように線を引いたら、はさみで太線(外側の線)を切り落とします。

③点線部分を折り曲げます。(定規を線に当てて折るときれいに折れます。)



段ボールのランプシェード④箱の角の部分にはさみで横や斜めに切り込みを入れると、ポップアップカードと同じように交互に切った部分を手前に引いたり押し込んだりすることで、光の見える窓ができます。

 窓の形は自由に色々と試してみるとおもしろいでしょう。できれば、あらかじめ半分に折った紙を切ってみて、こういう風に切るとこういう形の窓になるというのを試してからランプシェードの窓を作るようにすると、失敗が少なくなると思います。


 イラスト   工作用紙で作るタワー
(材料・道具)
100円ショップの工作用紙・カラーペーパー、のりか速乾ボンド、定規、ペン、セロテープ、はさみ
 
寸法図工作用紙を切ります折ります外側と内側のペーパーの色の違い(制作の手順)
①左の図のように工作用紙に展開図を描きます。(太線は切る・点線は折る部分です。)

②工作用紙の表側と裏側にカラーペーパーをのりで貼ります。

(今回は、外側側に黒のペーパー・中側に赤いペーパーを貼っています。)


完成③点線部分を折って、タワーの形を作ります。

④タワーの角になる部分(角の部分は4カ所ありますが、今回は2カ所だけ)にはさみで1㎝間隔くらいに切り込みを入れます。

⑤切り込みの所を順番に手前に引く、中側に押し込むことをします。(ポップアップカードと同じやり方です。)

⑥のりしろの所に速乾ボンドを塗って貼り、タワーにします。ボンドはすぐにはしっかりつかないので、セロテープを貼って固定することをお勧めします。
(ライトを中に入れればライトスタンドにもなります。)


イラスト    クリスマスブーツ
(材料・道具)
 100円ショップの工作用紙1枚・カラーペーパー(赤・白・緑、金)・星形のクラフトパンチ、のり、セロテープかビニールテープ、定規、ペン
 
寸法図工作用紙を切って赤い色画用紙に貼ります(制作の手順)
①左の工作用紙のように各線を引きます。(太線ははさみで切るところで、折れ線はあとで折るところです。)

②工作用紙の真ん中下側の四角の部分は右の写真のように切り取ってから用紙の左側にセロテープかビニールテープで貼ります。




折って組み立てます靴の上の部分ができたところ段々とl靴の形に靴になりました③写真のような順番に折って組み立てます。
 組み立てがちょっと戸惑うかもしれませんが、写真をよく見て参考にしてください。





クリスマスブーツの完成⑤ブーツの上側に銀色のテープか紙を貼ったり、星等の飾りを紙で作って貼れば完成です。

 


イラスト    潜望鏡
(材料・道具
 100円ショップの工作用紙1枚、色画用紙、定規、ペン、はさみ(できれば万能はさみ)、セロテープかビニールテープ、PCミラー(ホームセンターのアクリル板を売っているコーナーか三面鏡の工作セットを売っているコーナーにあります。)、両面テープ
潜望鏡の型版工作用紙を切って色画用紙を貼ります箱を組み立てます(制作の手順)
①左の型版の寸法で工作用紙に線を引きます。
(太線ははさみで切るところで、点線は折る線です。)

②工作用紙を切り、折る線を折ると右の写真のような箱型になります。




PCミラーを万能はさみで切ります角度を考えて貼ります③PCミラーを7㎝×7㎝の大きさにはさみで切ります。

④蓋になる上と底側の部分に両面テープでミラーを貼ります。






PCミラーを両面テープで貼りますPCミラーを両年テープで蓋に貼ります潜望鏡の完成⑤ミラーのついた上と下の蓋をセロテープ等で仮止めして、下側から覗いて景色が見えるか試します。

⑥一番良く見える位置が見つかったら、テープで上と下の蓋を固定します。

⑦潜望鏡の蓋や箱にゆがみがあるとミラーに映る景色もゆがむので、ゆがまなく映るまで調整します。これで完成です。


 イラスト   くるくる回る鉄棒選手
(材料・道具
100円ショップの工作用紙か厚画用・包装紙やカラーペーパー、ペン、空のティッシュボックス、輪ゴム1本、ペン、色鉛筆、セロテープかビニールテープ、のり
ティッシュボックスの上を切り取ります。カッターナイフで切り取りました。箱にきれいな紙を貼ります。(制作の手順)
①ティッシュボックスの上側(ティッシュを取り出す穴の開いている面)をカッターナイフで切り落とします。

②きれいに切れていないところは、はさみで切って整えます。

人形を描きます。手の所に輪ゴムを通します。③箱はこのままでもいいのですが、箱をきれいに見せるためのきれいな紙をのりで貼ります。(これは必要がなければやらなくてもOKです。)

④人形を作ります。この体操選手は工作用紙か厚画用紙(5㎝×5㎝)で作ります。


輪ゴムを下にずらすと人形が回転します。回る前⑤体操選手の手の先を折り曲げ、その中に輪ゴムを通します。輪ゴムが取れないようにセロテープかビニールテープを貼ります。

回転中回転⑥ティシュボックスに輪ゴムをかけ、人形が真ん中にくるようにします。これで完成です。


※ティッシュボックスの裏側の輪ゴムを下に下げたり上に上げたりすると体操選手の人形が高速回転します。


イラスト  卓上ホッケーの簡単版
発泡スチロールパーツの角柱ベイビィブロック床キズ防止のフェルト(材料・道具
 100円ショップ・ダイソーのベイビィブロック・発泡スチロールの角柱・カラーボード・ 床キズ防止のフェルト、発泡スチロール用のセメダイン、定規、ペン、カッターナイフ
発泡スチロールの角材を切ります角材のスチロールを切った様子床キズ防止のフェルトを底側に貼ります卓上ホッケー簡単版の形(制作の手順)
①ベイビィブロック(青い方のスチロール)の幅と同じ幅にスチロールの角柱をカッターナイフで切ります。
この切った部分が、下の写真の真ん中のように持ち手になります。

②持ち手の部分はブロックに発泡スチロール用のセメダインで貼り付けます。

③ブロックの底側に滑りをよくするために、右の写真のように床キズ防止のフェルトを貼ります。(フェルト自体に接着剤が付いています。)

カラーボードを切ります完成こんな感じで持ってやります。④ボールが当たるところになる板(カラーボード)をカッターナイフで切ります。大きさは適当でいいです。今回は、20㎝×13㎝。

⑤この板をスチロール用のセメダインでブロックの前方に貼ります。

※この板は床面(テーブル等)と接触しないように数㎜浮かしておきます。

※持ち手のスチロールの部分は横向きにしてありますが、お子さんによっては縦向きにするなど持ちやすいように変えてくといいでしょう。 


   つなわたりコマ1
(材料・道具)
 紙皿2枚、ペットボトルのキャップ2個 、たこ糸(1m位)、割り箸、セロテープかビニールテープ、速乾ボンド(または、両面テープ)
ペットボトルのキャップをボンドで貼り付けます本を乗せて接着させる紙皿2枚がついた様子(制作の手順)
①左の写真のように、紙皿にペットボトルのキャップを速乾ボンドか両面テープで貼り付けます。(なるべく紙皿の中心に貼ります。)

②もう1個のキャップを紙皿についたキャップの上にのせ、ボンドを塗ってからビニールテープを巻いて固定します。

③右の写真のように、もう1枚の紙皿を両面テープか速乾ボンドでキャップに貼り付けます。

④割り箸にたこ糸を結んでボンドをつけ、ボンドが乾いたら完成です。(紙皿に色紙を貼ると回転するときにきれいです。)

割り箸に糸を結びボンドで固定綱渡りコマの完成折り紙を飾りに貼ります。※たこ糸はキャップに2回くらいくるくる巻きます。割り箸を両方の手で持ってコマを傾けると、コマがくるくる廻って左右に移動します。 


  つなわたりコマ2
(材料・道具)
 スチロールのどんぶり2個(ホームセンターかコンビニか100円ショップのダイソー)、プラ段ボールか厚画用紙(厚紙)、ペットボトルのキャップ2個、ビニールテープ、サインペン、たこ糸(1m位)、はさみ、ウルトラ多用途ボンド、割り箸一膳 
プラ段ボールにお椀の口の形を描きますハサミで切り取ります(制作の手順)
①左の写真のように。スチロールのどんぶりをさかさまにしてプラ段ボールか厚画用紙に乗せ、サインペン等で円を描きます。

②はさみで描いた円を切ります。




丼の口の縁にボンドを塗りますボードの蓋がつきましたキャップを貼り、キャップ2個をテープで巻いて貼り付けますウルトラ多用途ボンドを塗りますボンドか強力老綿テープで貼り付けます③ボンドでどんぶりとプラ段ボールか厚画用紙を貼り付けます。(ウルトラ多用途ボンドがいいです。)

④ペットボトルのキャップ2個をビニールテープでぐるぐる巻いてつけます。

⑤ウルトラ多用途ボンドでキャップとどんぶりを貼り付けます。



糸を結ぶ部分の所を少し削ります糸を結んだところにボンドをつけます糸は2~3回くるくる巻きます。完成⑥割り箸を割って2本にし、左お写真のように、糸を結ぶ部分をカッターナイフで少し削ります。削ることでたこ糸がはずれずらくなります。

⑦割り箸にたこ糸を結んだら、ボンドで結んだところを固めます。ボンドが乾いたら完成です。

※キャップの部分には、たこ糸を2~3回ぐるぐると巻いてから割り箸をに左右交互に上げ下げするとコマ(どんぶり)がクルクルと回ります。
 


    ペットボトルの魚とり
(材料・道具)
 ペットボトル、きり、カッターナイフ、透明の梱包テープ(100円ショップでも売っています。) 、小石、魚のえさになるもの
水抜きの穴をあける水抜きの穴をあけるカッターナイフで切り落とす(制作の手順)
①ペットボトル(なるべくならば2リットルの大きいもの)にきりで底や側面に水抜きの穴をあけていきます。

②右の写真のように、ペットボトルの口側をカッターナイフで切り落とします。

③ペットボトルに小石とえさになるものを入れます。(えさは後からでも入ります。)

魚取りの構造

魚獲り石を入れますペットボトルに紐を結びつける④口側を切った部分をさかさまにして、ペットボトルに差し込むようにします。透明の梱包用のテープで離れないように貼り付けます。

⑤ペットボトルにひもを結びつけたら完成です。


イラスト   肢体不自由児用の紙飛行機の発射台
(材料・道具) 
 牛乳パック、はさみ、楊枝、ビニールテープかガムテープ、コンパス、厚紙(厚画用紙)両面テープ、千枚通し
台になる部分を切り離した様子牛乳パックを広げます底になる部分に両面テープを貼ります発射台作り(制作の手順)
①牛乳パックの口を開き、口の部分をはさみで切り落とします。

②パックの縦の部分2カ所にハサミを入れて下側を切ります。(真ん中の写真のようになります。)

③右の写真のように、切り離した部分に両面テープを貼ります。

④真ん中の写真のように、3面あるパックの真ん中の面の真ん中を折ります。この部分に紙飛行機が乗る形になります。③で切り離した部分が底になるように貼り付けます。(※上の図)

こんな形手前側に千枚通しであなをあけます輪ゴムをかける部分の形発射装置のカムの形状⑤厚画用紙にパックの真ん中の折った部分の高さ(深さ)と同じ長さの直径の円を描きます。円の中心に千枚通しで穴をあけます。円につながる板状の部分を描きます。次に円に左の写真のように、円から飛び出した図形を描きます。円がカムのような形になりました。これがスイッチのきもになる部分です。

 この形を3個作りのりで貼り合わせて強度を高めます。パックの手間に千枚通しで穴をあけます。(穴の位置はちょうど半分の高さの所です。)


スイッチの板部分を倒すと発射されます後ろから見たスイッチ部分輪ゴムを固定している前の部分⑥カムの形のスイッチを折り曲げたパックの中に入れ、楊枝をパックの穴から通してカムの穴に入れます。

⑦右の写真のように、輪ゴムを前側に取り付けます。前から1㎝位の所にハサミを5㎜くらい入れ、輪ゴムをかけたらビニールテープではずれないように固定します。





発射台の構造図ゴムを掛ける部分と発射用のスイッチスイッチの板部分を倒すと発射されます⑧左の写真のように、手前に輪ゴムをかける場所を決めはさみでV字状に切ります。輪ゴムをかける場所は、構造図の絵のようにスイッチの円がぎりぎりかかるかどうかという所にします。

⑨円から飛び出しているカム状の部分が、スイッチ状の板を下げた時に輪ゴムを押し上げてはずせるようになっているか確認します。(うまくいかない場合は、円を描くところからやり直します。)




肢体不自由児用の紙飛行機の発射台発射台の全体像⑩スイッチ部分が上手くいったら、紙飛行機を乗せて準備OK。お子さんが棒状の部分(黒い所)を少しでも押し下げれば、紙飛行機は7~10mは飛んでいきます。

 発射台の前側に本を数冊積んでその上に台を置けば、より上向きに発射されるので飛行距離も伸びるでしょう。


イラスト  うちわ回し
(材料・道具) 
 うちわ、ペットボトルのキャップ1個、両面テープ、はさみ、割り箸か鉛筆
ペットボトルのキャップに両面テープを貼りますバランスの取れている所を探します(制作の手順)
①ペットボトルのキャップに両面テープを貼ります。

②うちわのバランスがとれている所を探します。(人差し指でうちわの裏側を支え、安定して倒れないところがポイントです。)キャップを貼ります鉛筆等で回します鉛筆等で印をつけます。

③キャップを印をつけたところに貼り付けます。これで完成です。

④回し方・・・鉛筆か割り箸(先がとがっているもの)をキャップにさします。うちわは傾きますが、落ちなければ大丈夫。鉛筆を円を描くようにゆっくり回します。うちわがゆっくり回り出したら、すこしづつ早く回していきます。


イラスト    雪だるまあらわる
(材料・道具) 
 100円ショップで売っているアルミの針金(2.5か3㎜)、ビニールテープかガムテープ、ペンチか大きなハサミ
針金で作る輪っか2個回転させると雪だるまが見えますこの形でもOK(制作の手順)
①針金を手で曲げて輪っかを2個(大・小)作ります。
(※右の写真のように円が半分ずつのものでもOKです。)

②下側の軸になる針金の棒の部分を回しやすいようにビニールテープ等をぐるぐる巻きます。

③真ん中の写真のように、両手で棒をはさんで回してみて、2個の円がぶれないか・ちゃんと玉状に見えるか確認して大丈夫なら完成です。くるくる回すと雪だるまが見えてきます。


イラスト    あれ? シャボン玉
メタリックテープ(材料・道具) 
 100円ショップで売っているメタリックテープ・竹ひご、ペットボトル、千枚通し、ビニールテープ、カッターナイフ、輪ゴムかセロテープかビニールテープ、はさみ
ペットボトルをカッターナイフで切ります切り取ったリング(制作の手順)
①ペットボトルにカッターナイフできれいに切りやすいように、ビニールテープを2カ所に巻きます。テープとテープの間の幅が1㎝位になるようにします。

②カッターナイフでペットボトルを切って、右の写真のように輪っかを作ります。はさみで輪っかの幅が同じようになるように切って調整します。



リングにメタリックテープを巻きますリングにきりで穴を開けます千枚通しでリングの2カ所に穴を開けましたリングの穴に棒を差し込みますリングを回転させるとシャボン玉に見えます③左の写真のように、輪っかにメタリックテープ(銀色)を貼ります。(粘着テープになっているので、そのまま貼れます。)

④左から2番目の写真のように、千枚通しで輪っかに穴を2カ所あけます。この穴に竹ひごが通ります。

⑤右から2番目の写真のように、輪っかに竹ひごを通し、竹ひごの輪っかの上と下側に輪ゴムを巻けば完成です。(輪ゴムはセロテープでも代用できます。)輪ゴム等は輪っかがたけひごからはずれないようにするためです。


※竹とんぼを回すように両手を動かせば、輪が回転してシャボン玉のように見えます。


イラスト  ストロー笛
 ストロー笛は、誰でも簡単に作れる手作りおもちゃです。ストローに上手に穴を開ければドレミファと音階も作れるようですが、私は面倒くさい(?)のでそこまではやったことはありません。このストロー笛は、ストロー笛の先端にコップ(紙コップや樹脂のコップ。コンビニやホームセンターに売っています。)を取り付けることで、ストローだけの状態よりもより大きな音が出るようにしたものです。
 意外とストロー笛のことを知らない人が多いので、簡単ですから是非作ってみてはいかがでしょうか・・。上手に吹くこつは、吹き口にあたる部分(山型に切ったストロー部分)を思っている以上に口の中に入れて唇を横に広げるようにするといいですよ。ストローの長さが短いと高い音が出ます。ストローの長さが長いと低い音になりますよ。
(道具・材料)
紙コップ、ストロー、はさみ、セロテープかセメダインなどの接着剤(ボンドなど)
指で押しつぶして平にしますはさみで切ります先端の形カットの形(制作の手順)
①左の写真のように、ストローの先端を1㎝~2㎝くらい指でつぶして平らにします。

②つぶした部分を右の図のように山型になるようにはさみで切ります。この部分を口に入れて吹くことで、山型に切ったところがふるえて音が出るわけです。


コップにストローを取り付けますストローの長さが違うもの2本③コップの底の中心部分にカッターナイフでストローが入るように十字(1㎝位の長さ)に切り込みを入れます。ストローの山型に切った部分の反対側の先端をコップの底の切り込み部分に差し込みます。

④差し込んだ部分とコップの接するところにボンドをつけて固定します。これで完成です。

ストローの長さを変えると高い音と低い音が楽しめます。また、ストローにお線香などで穴を開けると音階が作れます。上手に音階を作るのは難しいですが、適当にいくつか開けて楽しむことは簡単です。


イラスト    ペットボトルの風鈴
(材料・道具) 
 ペットボトル、カッターナイフ、ビニールテープ、たこ糸、はさみ、厚紙(きれいにしたいときは、折り紙等を貼ります。)千枚通しかきり、鈴、穴開けパンチ
キャップに穴をあけます鈴を取り付けます(制作の手順)
①ペットボトルのキャップの真ん中に千枚通しかきりで穴をあけます。

②下の右の写真のようになるように、ペットボトルの上側をカッターナイフで切ります。(切る場所がわかりやすくなるように、ビニールテープをまいておきます。)切ったところ(断面)がきれいになるようにはさみで切って調整します。



糸が抜けないようにキャップの近くにテープを巻いてあります紙の短冊をつけます③たこ糸を20~30㎝の長さに切ります。キャップの穴にたこ糸を通し、端から10㎝位の所に鈴を結んでつけます。

④上の右の写真のように、鈴から5㎝位上側にビニールテープを巻いて、糸が抜けないようにします。

⑤厚紙を切って適当な大きさの短冊(?)を作ります。穴開けパンチで短冊に穴をあけます。

⑥短冊の穴に糸を通してしばります。これで完成です。

※短冊をきれいに飾りたい時には、折り紙を貼ると良いでしょう。

TOPページへ