0から始める手作りおもちゃ3 

   クルクルレインボー カップのけん玉  坂を登っていくコマ  
ミラクルイリュージョンスコープ クルクルレインボー  カップのけん玉 坂を登っていくコマ
空気砲のロケット    紙コップトンボ  ペットボトルのトルネード   紙コップのブーメラン  ムクムク   糸巻きタンク  糸巻きタンク 紙の笛
空気砲のロケット 当たりはどれだ?  紙コップトンボ  トルネード 紙トンボ  紙コップのブーメラン お風呂で遊ぶムクムク  紙筒飛ばし 糸巻きタンク1  糸巻きタンク2  紙の笛2 
踊る人形 ブンブンこま 紙コップのピーク   シリコーンラップの太鼓 紙のホイッスル 安全コロコロボール 牛乳パックのけん玉
踊る人形 踊る人形2 ブンブンこま 紙コップのピーク ボタンのブンブンごま シリコーンラップの太鼓 コロコロ 紙のホイッスル 勾玉(まがたま) 安全コロコロボール  牛乳パックのけん玉 
マグネットのコロコロスライダー 箱メガネ みみギター高音版 みみギターの低音版 店員さんの帽子 店員さんの帽子2 紙風船 空き缶運びの缶 折りたためるサンバイザー ポリ袋の電話  紙のネクタイ
マグネットのコロコロスライダー 箱メガネ 紙コップのみみギター:高音  紙コップの耳ギター:低音 買い物遊びの店員さんの帽子 店員さんの帽子2 紙風船 空き缶運び 折りたためるサンバイザー  ポリ袋の電話 紙のネクタイ 
段ボールとひものスタンプ パンチングボール 紙皿の風車 紙の笛 グライダー1 グライダー2 グライダー3 投射箱  くるくるへび
段ボールスタンプ パンチングボール 水の上で開く花 水の上で開く花2 紙皿の風車 紙の笛 グライダー1 グライダー2 グライダー3 投射箱  くるくるへび 
ミニツリー 紙袋の鬼 紙皿のお面 コックさんの帽子 針金の髪飾り スチロールの飛行機 ペットボトルの弓矢 キャップのコマ でんでん太鼓
 ミニツリー サンバイザー 紙袋の鬼の面 紙皿のお面 コックさんの帽子 針金の髪飾り 発泡スチロールの飛行機  ペットボトルの弓矢 ペットボトルのふたのコマ でんでん太  カズー(アメリカの楽器) 
ポリ袋の大きなバルーン ゆらゆらバランス  投てきスティック 靴下ペンケース  万華鏡 ホイール式万華鏡 お椀の兜 花びら落下傘 スリット写真 
室内用のブーメラン ポリ袋の大きなバルーン ゆらゆらバランス 投てきスティック  靴下ペンケース 万華鏡  ホイール式万華鏡 お椀の兜 花びら落下傘 プラバンのランプシェード   スリットの写真
  風船ボール    指輪  簡単に作れる指輪の2 紙皿の小鳥 スチロールの雪だるま  紙笛
お金の消える貯金箱   お金の消える貯金箱の型版  風船のボール フラフラ飛ぶボール 簡単に作れる指輪 簡単に作れる指輪の2   紙皿の天使  紙皿の小鳥 傘袋の飛行機  雪だるま   紙 笛


青空
掲示板
『青い空』
 

 作り方のご質問等はこちらからどうぞ。
 


イラスト    お金の消える貯金箱
(道具・材料)
 
100円ショップの工作用紙・カラーペーパー、はさみ、のり、定規、ペン、カッターナイフ、ミラーシート(ホームセンター)
 
お金の消える貯金箱の寸法図工作用紙に描いて切ります(制作の手順)
①工作用紙に左の寸法図のように線を引きます。(太線は切る。点線は折る部分です。)

②はさみで切り取ります。右の写真のようになります。






内側に折り紙を貼りますコインを入れる口③コインを入れる穴とコインを取り出す穴の部分をカッターナイフで切り落とします。(※下の図の上と下側の穴になります。)

④折る部分に折り目をつけてから、内側になる面に色紙を貼ります。裏側にも同じように色紙を貼ります。







貯金箱の構造鏡が斜めに入っています完成です⑤箱を折って組み立てます。この時、鏡(ミラーシート)を左の図のように、手前の上側から奥に斜めに入れます。手間の穴から見える部分が鏡の部分です。 鏡のサイズは7㎝幅で長さは鏡を斜めに入れて確かめます。

⑥組み立てたらこれで完成です。

コイン(100円玉や10円玉)を入れてみると、穴からすっと入りコインが見えなくなりました。
 


イラスト    スリットの写真
(材料・道具)
100円ショップで売っている厚画用紙、写真2枚(今回は2L版)、はさみ、カッターナイフ、のり、定規、ペン
 
厚紙でスリットを作ります。スリットを作ります。スリットの間に線を引きます(制作の手順)
①厚画用紙に幅5㎜の線を引き、カッターナイフで線を切ります。切った下側は、格子を固定する為に幅1㎝~2㎝の厚画用紙をのりで貼って、格子が動かないようにします。格子の大きさは写真よりも少し小さめにするといいでしょう。

②できあがった格子を上にして写真に乗せ、ペンで写真に線を引きます。

カッターナイフでスリット部分を切ります。スリット状の写真と下に敷く写真③引いた線の所をカッターナイフかハサミで切り、写真を格子状にします。ここでは紅葉の写真が格子状になりました。

④下になる写真を置いて、その上に格子状になっている写真を重ねて置きます。


スリットを当てて紅葉の写真を見るスリットを動かして下の写真を見る⑤厚画用紙で作った格子(スリット)を乗せると下の写真が隠れて紅葉の写真が見えます。次に格子を動かして紅葉の写真を隠すと、下に敷いた写真が見えるようになります。


    プラバンのランプシェード
透明プラバン(材料・道具)
100円ショップのダイソーで売っている「透明プラバン」・輪ゴム・セロテープ・イルミネーションライト
ライトを点灯プラバンを折りますイルミネーションライトとプラバンプラバンをライトに巻いた様子(制作の手順)
①プラバンのシートを折り紙を折るように縦・横・斜めに折っていきます。折る向きは常に内側。

②プラバンに白い傷がたくさんつくようになったら、プラバンを広げます。

③プラバンは、内側に巻き込むような形になってしまっているので、それを直すために反対側に巻いて輪ゴムで留めます。こうすることで内側に巻き込むようになっていたのが、少し直ります。

④イルミネーションライトの台にプラバンを巻いてセロテープで留めれば完成です。
 


花びら落下傘
(材料・道具)
100円ショップで売っている画用紙かカラー段ボール、定規、はさみ、セロテープ
 
花びら落下傘の構造上側を1㎝ほど折り曲げます5㎜幅で切っていきます(制作の手順)

①画用紙かカラー段ボールを適当な長さ・幅で切ります。切った紙の幅や高さで落下傘の大きさが変わるので、小さく作っても良いし大きく作っても良いでしょう。

②切った紙の上の方を1㎝ほど折り曲げます。(折り曲げる際には、定規を使うときれいに折り曲げられます。)
この折り曲げた部分が重しの役割をして、回転がスムーズになるわけです。


輪っかにします花びら落下傘の完成③はさみで5㎜幅に紙を切っていきます。お子さん達が切る場合は、あらかじめ切る部分に線を引いておくとわかりやすいでしょう。

④紙をくるっと巻いて円盤状にします。重なった部分にセロテープを貼って輪っかがとれないようにすれば完成です。

 


コロコロ
(道具・材料)
100円ショップのダイソーの厚画用紙、定規、コンパス、ボンド、はさみ
紙の円盤直角に交合う直角に交わっています(制作の手順)
①厚画用紙に直径8㎝の円を4個描きます。

②はさみで円を切り取ります。

③厚画用紙の円を2枚重ねて1枚(1個)の円盤にします。(4枚あるので2枚の円盤を作ります。)


④左の寸法図のように長さ2.3㎝の切り込みをハサミで切って作ります。(2枚とも)
コロコロの寸法図円盤の切り込みの幅※厚画用紙は2枚を重ねているので、その厚み分の切り込みの幅にします。

⑤切り込みに2枚の円盤を直角に差し込んで完成です。

○斜面で転がしたり、平らな面でしたらフーと吹くとコロコロと転がって行きます。
えー・・こんな転がり方をするんだと。
 


イラスト   紙皿の天使
(道具・材料)
100円ショップの紙皿(直径16㎝の小さめの方が作りやすいです。)、コンパス、はさみ、セロテープかビニールテープまたはホチキス(ステプラー)、鉛筆かペン
 
紙皿を半分に折ります(制作の手順)

①紙皿を半分に折ります。

②コンパスで円を描きます。円の大きさは半径3㎝位。(紙皿の表側を使います。)




紙皿の中心に円を描き天使の顔・手を描きますはさみで切り取ります③円の上側に天使の姿(顔・腕・半身の姿)を描きます。

④紙皿の円に向けてはさみで写真左側のように縦の切り込みを入れます。その後、半円と天使の形をはさみで切り取ります。


下側が丸くなるように合わせます背中の羽ができるようにホチキスで留めます2カ所をとめます⑤羽根の側を写真の左側のようにつまみ、下側が丸くなるような位置(写真右側から2番目)でホッチキス(ステプラー)でとめるかテープを貼ってとめます。写真の右側のように下と上のところをとめます。


完成天使達⑥羽根の形を整え、腕を前で交わるように折り曲げて完成です。腕は横に広げたままでもかまいません。 

※仮説社の「ものつくりハンドブック」を参考にしています。


 イラスト  紙皿の小鳥
(道具・材料)
100円ショップの紙皿(直径16センチの小さめの方が作りやすいです。)、コンパス、はさみ、セロテープかビニールテープまたはホチキス(ステプラー)、鉛筆かペン 
紙皿を半分に折ります描く線の寸法はさみで切るはさみで切った様子(制作の手順)
①紙皿を半分に折ります。

②コンパスで紙皿の中心に円を描きます。円の大きさは半径3㎝位。(紙皿の表側を使います。)

③左から2番目の写真のように幅1.5㎝の線を円の真ん中より下側に引きます。三角形を描きます。

④はさみでお皿の外側から三角形の頂きまで切り込みを入れます。その後、写真の右側のように半円部分を切り取り、中央の線から下側になる三角形の左右の角まではさみで切り込みを入れます。

胴体と羽羽を合わせます合わせる位置⑤三角形の部分は鳥のくちばしなり、左右の小さな三角形状の部分は胴体になります。

⑥羽根を合わせ下側が丸くなるような位置で羽根の付けになる部分をテープかホチキスでとめます。

⑦羽根の合わさる部分(写真の右から2番目)にテープを貼って固定します。胴になる部分も合わせてテープを貼ります。



完成前から見た様子⑧羽根の形を整えたら完成です。

※鳥の羽や体やくちばしに色を塗ったり色紙を貼ってもいいでしょう。
 


 イラスト     お椀の兜
(道具・材料)
ダイソーで売っているお椀・色紙の金色のもの、はさみ、両面テープ
 
飾りの図金色の紙に貼ります(制作の手順)
①左の図をA4サイズの紙に印刷します。

②ダイソーで売っている金色の紙にのりで貼り付け、太字のところをはさみで切り取ります。

③お椀に切り取ったパーツを両面テープで貼り付ければ完成です。

全体像
※金色以外の色をパーツに使うともっときれいになるでしょう。
 


イラスト    投てきスティック
水切りざる(道具・材料)
ダイソーで売っている水切りざる(持ち手の部分が丸棒が入れやすいタイプ)、丸棒(ホームセンターで売っている丸棒:太さは20mm位)、のこぎり、ビニールテープ、はさみ、ボンド
 
持ち手の部分が丸棒をはめやすいタイプのこぎりで持ち手の端を切り落とします切った部分とってのくぼみにボンドを塗ります(制作の手順)
①左から2番目の写真のように、水切りざるの持ち手の部分の先端をのこぎりで切り落とします。

②右の写真のように、持ち手の部分にボンドを塗り、丸棒をはさんで接着します。




ビニールテープをぐるぐる巻きます手で持つ部分にもビニールテープを巻いて完成③丸棒とざるの持ち手のところにビニールテープをぐるぐる巻いて固定します。

④棒を握る両手の部分にもテープを目印として巻き、これで完成。

※投げ方・・・ざるにボールを入れ、スティックを持ちます。スティックは地面や床面に平行になるようにし、利き手が後ろになるようにして体の横側に構えます。利き手を上に投げ出すように振ってボールを前に飛ばします。あとは、練習ですね。


イラスト    万華鏡
(道具・材料)
 ラップの紙芯、アクリルミラー(ホームセンターのアクリル板を売っているコーナー。薄いものよりも厚みがあるもののほうがいいです。)、定規、のこぎり、コンパス、ビニールテープかセロテープ、100円ショップのクリーム入れ・スポンジ・ビーズ等、ペン、画用紙(黒色)、はさみ(できればホームセンターで売っている万能はさみ)コンパス、
 
万華鏡の寸法図長さが20㎝のところで切りますミラーに印をつけます鏡を3枚(制作の手順)
①ラップの紙芯の長さは20㎝に。のこぎりで20㎝の所で切り落とします。この長さがベストのようです。(万華鏡博物館の館長さんのことばから)

②ラップの円の大きさを定規で測ります。コンパスでその大きさの円を描いて、左の図のように三角形を描いて辺の長さを調べます。かりに2㎝だったら鏡の縦が2㎝・横が20㎝になります。


紙に円を3こ描きます真ん中の円を切り、外周に切り込みを入れますテープで巻き付けます③万華鏡を覗くところを作ります。ラップの円の大きさを定規ではかり、黒い紙(ダイソーに売っている黒色の画用紙など)にコンパスで円を描きます。
 中央には直径1㎝ほどの円を描き、ここが覗く部分になります。ラップの紙芯の円の大きさに描いた円の周りに、少し大きな円をコンパスで描きます。はさみで切り込みを図のようにいれます。切り込みは折ってラップに貼る際ののりしろのようにします。

鏡が動かないようにスポンジを詰めます鏡の三角形縦にもテープを貼ります3枚の鏡をテープでつなげます④鏡を三角形にします。ビニールテープをぐるりとまいてとれないようにします。


⑤鏡を紙芯の中に入れます。鏡ががたがたするようなら、右の写真のように鏡と筒の間の隙間にスポンジをつけて鏡が動かないようにします。

クリーム入れをテープでとりつけます色ガラスやビーズなどを入れマス模様の様子全体像⑥紙芯の先端にクリーム入れのケースをテープで取り付けます。中にビーズやガラス片を入れます。

⑦覗く部分の黒い円形の紙を紙芯の反対側に取り付ければ完成です。
 


イラスト   ホイール式万華鏡
透明の下敷き(道具・材料)
 ラップの紙芯、アクリルミラー(ホームセンターのアクリル板を売っているコーナー。薄いものよりも厚みがあるもののほうがいいです。)、定規、のこぎり、コンパス、ビニールテープかセロテープ、100円ショップ(ダイソー)のビーズや色紙・透明の下敷き、クラフトパンチ・スポンジ・ボンド、ペン、画用紙(黒色)、はさみ(できればホームセンターで売っている万能はさみ)、楊枝、きり、コンパス、
  
円を描いた紙の裏にテープ透明の下敷きに貼ります(制作の手順)
①紙筒やミラーの作り方は、上の「万華鏡」と同じですので、そちらを参考にしてください。

②ダイソーで売っている透明の下敷きを使ってホイール(円盤)を作ります。円盤の大きさは直径が10㎝位。透明の下敷きはコンパスで円を描こうとしても線の跡が見えないので、紙に円を描きます。描いた紙の裏側にテープを貼り下敷きに貼り付けます。


万能はさみで切り取ります中心にきりで穴を開けますホイールに色紙やビーズを貼ります③はさみ(大きなはさみか万能はさみ)で下敷きの円を切り取ります。円が切り取れたら紙をはがします。

④円の中心にきりで穴を開けます。穴の大きさは、楊枝が楽に入る大きさです。

⑤右の写真のように、ホイール(円盤)にクラフトパンチであけた色紙やビーズなどをボンドで貼り付けます。


紙の筒に軸を固定テープをホイールの両側に巻きますテープでホイール止め⑥ホイールを入れる楊枝にテープを巻きます。(ホイールが楊枝から落ちないようにするためです。)

⑦テープはホイールを楊枝に刺してから、手前側にも巻きます。これでホイールが楊枝から落ちなくなりました。

筒の先端の様子全体像見える模様の一部⑧楊枝の軸を紙筒(ラップの芯)にテープで巻いて固定します。これで完成です。


イラスト   発泡スチロールの雪だるま 
スチロールの玉(道具・材料)
 ダイソーで売っている発泡スチロールの玉(大・小)、カッターナイフ、発泡スチロール用のボンドか楊枝(ダイソーで売っています。)、マジック、小枝
カッターナイフで玉の上の方を切ります発泡スチロール用のボンドで貼ります(制作の手順)
①スチロールの玉(大・小)の上部をカッターナイフで切って平にします。

マジックで目鼻・小枝で手②発泡スチロール用のボンドで玉を貼り合わせます。
(※発泡スチロール用ボンドがないときは、楊枝を玉に挿して大きい玉と小さい玉をつなげます。)

③マジックで雪だるまに目・鼻・口を描き込みます。

④小枝を挿して腕にして完成。(※雪だるまの据わりが悪くて倒れるときには、雪だるまの上から手で力を入れて押さえれば、底がへこんで座るようになります。)
 


イラスト    室内用のブーメラン
(道具・材料)
 工作用紙(ダイソー)、定規、はさみ、ペン、ホチキス
(ステプラー) 
ブーメランの寸法図貼るところに印ブーメラン完成(制作の手順)
①工作用紙に縦22㎝・横2㎝の棒を2枚書きます。

②はさみで切ります。

③真ん中で交差させ、ホチキスでとめます。

全体像羽は内側に曲げる④羽を内側に軽く曲げて完成です。羽の曲がり具合は、ブーメランを飛ばして調整します。

※投げるときは、羽を親指と人差し指でつまむように持ち、ブーメランを立てて真っ直ぐ投げます。
 


   紙皿ブーメラン・厚画用紙のブーメラン
(材料・道具)
 100円ショップで売っている紙皿(18㎝以上の大きさが良いでしょう。)・厚画用紙、定規、あれば分度器、ペン、はさみ、コンパス、のりかボンド
 
形の様子紙皿を切ったブーメラン(制作の手順)
①紙皿(厚画用紙も)は、お皿の中心に半径2~3㎝の円を描きます。

②厚画用紙の場合は、大きな円をコンパスで描きます。紙皿は、お皿の外周が円がわりになります。

③小さな円から外に伸びる3本の線を引きます。線と線の間の角度は120°です。

羽にそりを入れる④羽を描きます。例として、小さい円の方が2㎝の幅なら大きい円の外周は4㎝幅にします。

⑤羽の線を引いたらはさみで切ります。

⑥右の写真のように羽の真ん中の線に定規を当てて少しV字型に折ります。3本の羽に同じように行います。これで完成です。

※飛ばしてみて、羽の折り具合は直していきます。余り曲げすぎない方がクルクル回転して戻ってきます。室内用のブーメランです。
 


イラスト   傘袋の飛行機
(道具・材料)
 傘袋、紙、定規、はさみ、両面テープ
 
傘袋と工作用紙の羽両面テープで羽を貼り付けて完成(制作の手順)
①工作用紙に主翼と尾翼の形を描いてはさみで切ります。羽の形や大きさは特にこうしなくてはということはありません。

②傘袋をテーブルに置いて、そこに羽を両面テープで貼り付けます。

③空気を入れて端を結ぶかテープでとめれば完成です。


※室内用になります。飛ばし方は、何回も飛ばして一番良い持ち方や投げ方をさがします。4~6m位は飛びますが、残念ながら羽のない傘袋の方が誰でも遠くへ飛ばせます。
 


イラスト   紙 笛
横から見たところ 小学生の頃に友達とよくやった「紙笛」です。作っていて「あーそうそう」と思いだしました。5分もかからずに完成。口に紙を当てて吹くと音が出ない。「あれ?」と思いましたが、紙を震わせるんだったなと思いだし、紙をはさんでいる人差し指と中指を少し緩めて拭くと「ピュー」といい音が出ました。50数年ぶりの懐かしい音との再開でした。 
(道具・材料)
 紙、定規、はさみ、鉛筆等
紙笛の寸法はさみで切ります紙を真ん中で折ります左右の紙を半分に折ります(制作の手順)
①紙は、工作用紙やプリンターで使っている用紙などでOK。横15㎝×縦6㎝に線を引いて、はさみで切ります。

②切った紙を真ん中でふたつに折ります。

③写真の右側のように、2つに折った紙の両方とも外側に向けて2つに折ります。

山形に折った部分にV地肩に切り込みを入れますV字形の切り込み人差し指と中指で山型部分をはさむ④山側の所にV字型にはさみで切り込みをいれます。これで完成。

※音の出し方は、人差し指と中指で紙の山側をはさんで、そのまま口に当てます。紙と紙の間をぴったりつけないように人差し指と中指で紙と紙の間にすき間ができるようにはさみ、ふーと息を吐き出せば鳴ります。
 


イラスト   簡単に作れる指輪
(材料・道具)
100円ショップで売っているモール
 
指に巻いてクロスさせますクルクル巻きます余分な所を巻いた様子部の色を巻き付けます完成(制作の手順)
①モールを指に巻いてクロスさせひねります。

②指からモールをはずして、真ん中でくるくる巻いていきます。モールの中には針金が入っているので、尖った先端が指輪の膨らみの上側に来るようにして、指に針金が当たらないようにします。
簡単な指輪
③別の色のモールを真ん中の所に更に巻いて膨らみを持たせます。

④指輪の形を整えたら完成です。
指輪指輪を横から見た様子簡単に作れる指輪の2

(材料・道具)100円ショップ(ダイソー)で売っている「メタリックギフトタイ」

(制作の手順)
 作り方は上の指輪と同じです。こちらのほうが良い点は、針金が幅のあるシートの中に入っているので、針金が原因でケガをするような心配がないことです。こちらのほうが安全なので、作るのにお勧めです。


イラスト   靴下ペンケース
(材料・道具)
ペットボトルか牛乳等の紙パック、不用になった靴下か100円ショップの靴下、はさみ、カッターナイフ
切り取るところにビニールテープを巻きますカッターナイフで切り落としますそこの方から靴下を入れます靴下の余った部分は中に入れます(制作の手順)
①ペットボトルの口の部分にビニールテープを巻いて、切るところをわかりやすくします。ペットボトルの上側をカッターナイフかはさみで切り取ります。

(※牛乳パックの場合は、パックの口の部分をハサミで切り落とします。)

牛乳パックとペットボトルのペンケース靴下ペンケースの完成
②不用になった靴下をペットボトル(または紙パック)の底側から履かせます。

③余った部分は、ペットボトルの口から中に入れます。これで完成です。

(※牛乳パックでも作れますが、ペットボトルで作った方が丈夫なものが作れますので、そちらがお勧めです。)


イラスト   風船のボール
(材料・道具)
風船、ビニールテープ、はさみ
ビニールテープを巻いたら完成(制作の手順)

①風船を膨らませ口を縛ったら、ビニールテープを適当に巻いていくだけです。これで完成。

※ただの風船と違いビニールテープを巻いてあるので、その分重くなって落下スピードが速くなります。風船バレーに使えます。


イラスト    フラフラ飛ぶボール
(材料・道具)
 100円ショップ(ダイソー)で売っているビニールのボール、10円玉2枚、はさみ、ビニールテープ
 
10円玉2枚をビニールテープで貼り付けます(制作の手順)
①ビニールのボールに10円玉を2枚重ねて、ビニールテープで貼り付けます。これで完成。

※ボールを普通に投げるとフラフラと揺れて飛んで行きます。




木ねじを差し込みます木ねじが入っている様子ビニールテープを貼って完成(発泡スチロールの玉のボール)

①100円ショップで売っている発泡スチロールの玉に木ねじを差し込んでいきます。木ねじの長さは2㎝くらい。

②指で押すよりもドライバーでねじこんだ方が深く入ります。ボールの表面から隠れる位まで入れます。

③右の写真のようにビニールテープを貼って完成です。


イラスト   工作用紙のグライダー1
(材料・道具)
 100円ショップで売っている工作用紙1枚、はさみ、ペン、両面テープ、割り箸
寸法図裏側に割り箸(制作の手順)
①工作用紙を1枚用意して、左の寸法図のように線を引きます。

②はさみで切り取ります。

③尾翼の所の折れ線(点線)の所を折り、垂直に尾翼立てます。



表側④上の写真のように、飛行機を裏返しにして、両面テープを貼った割り箸を貼ります。
(※割り箸は2本に分けないでそのまま使います。)

⑤主翼にカーブをつけます。平らな翼を左右とも2㎝位反らせます。

(投げ方)・・割り箸の部分を親指と人差し指ではさんで投げます。
 


イラスト   工作用紙のグライダー2
(材料・道具)
 100円ショップで売っている工作用紙1/2枚、はさみ、ペン、両面テープ、割り箸
寸法図裏側に割り箸(制作の手順)
①工作用紙を1/2枚(用紙の横半分)用意して、左の寸法図のように線を引きます。T字型が胴体で細長い板状の方が丸い羽になります。

②はさみで切り取ります。(飛行機分と丸い羽用の板)

③尾翼の所の折れ線の所を折り、垂直に尾翼を立てます。

④飛行機を裏返しにして、両面テープを貼った割り箸を貼ります。(※割り箸は2本に分けないでそのまま使います。)

⑤2㎝幅×30㎝の板状の紙を丸めます。輪の端を2㎝位重ねて両面テープで貼り付けます。
飛ばすときの持ち方
⑥丸い輪を両面テープで先端に貼り付けます。これで完成です。


(投げ方)・・割り箸の部分を親指と人差し指ではさんで投げます。
 丸い輪の方が前になります。
 


イラスト  工作用紙のグライダー3
(材料・道具)
 100円ショップで売っている工作用紙1/2枚、はさみ、ペン、両面テープ、割り箸
寸法図裏側に割り箸(制作の手順)
①工作用紙を1/2枚(用紙の横半分)用意して、左の寸法図のように線を引きます。

②太線の部分をはさみで切り取ります。

表側③尾翼の所と前の翼の折れ線の所を折り、垂直に立てます。

④飛行機を裏返しにして、両面テープを貼った割り箸を貼ります。
(※割り箸は2本に分けないでそのまま使います。)

投げ方・・割り箸の部分を親指と人差し指ではさんで投げます。
 


イラスト    ミラクルイリュージョンスコープ
(材料・道具)
 ホームセンターで売っていた内部が鏡状の半円球の商品。画用紙、10円玉(5円や100円でも同じ)、定規、コンパス、はさみ、セロテープ
 
半円球のもの円を切ります(制作の手順)
①半円球の商品の円よりも大きい円とその中心に直径3~4㎝の円をコンパスで画用紙に描きます。

②はさみで画用紙に描いた円を切ります。円の外周から中心に向けてはさみで切り、円の中の小さな円もはさみで切り落とします。右の写真がその形になります。

10円玉をセロテープに貼ります10円玉をセロテープに貼ります③10円玉にセロテープを貼ります。(セロテープの長さは5㎝位。)・・とりあえず小さな穴(円)の外周から1㎝ほど外側に貼り付けます。後で調整するのでとりあえずです。

④円盤の外周から中心に向けて切った所を重ねることで、下の写真のようにUFOのような形になります。

⑤円盤を半円球の容器の上にかぶせます。UFOの形を切り込みの重なりを多くしたり少なくしたりして10円玉が穴の中心に見えるように調整します。

コインが浮かび上がる全体像つかめないコイン⑥10円玉が穴の所に見えるようになったらOKなので、テープで円盤の切り込み部分を貼って動かないようにします。

※見方は、10円玉を貼ってある方が手前側に来るようにして、少し斜めから穴の中を覗くようにします。10円玉が穴の所に浮かんで見えますが、指で触ろうとしても虚像なので触ることができません。おとなでも「あれ?」と驚きますよ。


イラスト    坂を登っていくコマ
(材料・道具)
 工作用紙(ダイソーでもホームセンターでも売っています。)、ペン、定規、はさみ、コンパス、セロテープかビニールテープ
 
坂を上るコマの寸法図(制作の手順)
①工作用紙に左の寸法図のように円(半径9㎝)と扇型の四角の板(幅は35㎝で片方の高さが3㎝、もう一方の高さが5㎝の板を4枚、高さが5㎝で幅が14㎝の長方形の板を2枚)を描きます。

②はさみで円と板を切り落とします。

③円は真ん中をはさみで切って半円を2枚作ります。

円錐を2個貼り合わせますテープで貼り合わせます紡錘形④半円を丸めて円錐を2個作ります。円錐2個をセロテープかビニールテープで貼って紡錘形を作ります。(写真の右の形)

⑤左右の高さが違う板を2枚づつ重ねていきます。この板と高さが5㎝で幅が14㎝の長方形の板をセロテープかビニールテープで貼って写真の下側のような三角の台を作ります。これで完成です。



回転しながら登っていくコマ手前から登っていきます※台の低い方に紡錘形のコマを置きます。すると回転しながら坂の高い方に向かっていきます。
 


    投射箱
ダイソーで売っている透明の下敷き(材料・道具)
 100円ショップのダイソーで売っている厚画用紙か工作用紙・A4サイズの透明の下敷き(左の写真)、定規、ペン、ハサミ、のりか両面テープ
 
投射箱の寸法図投射箱の仕組み 中に入る板は斜めにセットします(制作の手順)
①箱の寸法は、左の寸法図を見てください。寸法図を参考にしてコの字型の箱を作ります。

②ダイソーで売っている透明の下敷きを縦にして半分にハサミで切ります。切ってできた2枚の板が箱の中に斜めに入れる板と上に敷く板になります。

③中に入れる透明板は右の図のように斜めに入れます。このとき、右の図のように切り込みを入れると板がスムーズに入れることができます。

上かr光を当てると像がはっきりします投射箱④もう1枚の透明板を箱の上に敷きます。これで完成です。


※箱の上に敷いた透明板の上にスマフォを置けば、スマホに入っている写真や動画を映し出すことができます。右の写真のように樹の形をした黒い画用紙を置き上からライトを当てれば、その像が箱の奥の壁に映ります。


 イラスト   ポリ袋の大きなバルーン
(材料・道具)
 ホームセンターで売っている90リットルの大きなごみ袋でなるべく薄いもの4枚(100円ショップのゴミ袋は、ゴミ袋としては問題はないのですが、空気を入れて使うのには適しません。微細な穴があるみたいで空気が抜けてしまいます。)・超透明梱包テープ、はさみ、セロテープ、ひも5m~10m位 
梱包テープで袋と袋をつなげる。(制作の手順)
①ポリ袋の1枚をそのままにして、後の3枚のポリ袋の底側をはさみで切り落とします。

②左の写真のように、底を切り落とした袋と袋を超透明梱包テープを貼ってつなげます。つなげ方は、片方のポリ袋の中に別のポリ袋を5㎝位中に入れて、セロテープで何カ所か仮止めしておきます。超透明梱包テープでぐるりと貼ったら、ポリ袋を裏返して中側にもぐるりと貼ります。ポリ袋をまた裏返して、表側になるようにします。

扇風機で空気を入れていきますバルーンの全体像③底を切っていないポリ袋が一番最後になるようにして、超透明梱包テープを貼ります。扇風機を使って空気をポリ袋に入れます。

④空気がいっぱいポリ袋に入ったら、入り口側をひもでしばります。(ひもの端は何かに結んでポリ袋が飛んでいかないようにします。)

⑤夏の日差しの強い日に、ポリ袋を外に置いておきます。

⑥ポリ袋の中の空気が暖められ、ポリ袋が宙に上がっていきます。


 イラスト   発泡スチロールの飛行機
(材料・道具)
 スーパーで売っている肉等のスチロールの容器、はさみかカッターナイフ、洗濯ばさみ、定規、ペン、 ビニールテープ
 
カッターナイフで切り取ります四隅を少し切ります(制作の手順)
①スチロールの容器を幅12㎝・長さ16㎝にカッターナイフで切り取ります。

②右の写真のように、四角形になったスチロールの四隅を少しだけ三角に切り取ります。

③尾翼の部分は、直径8㎝の円にすると良いのですが、余分なスチロールがない場合は容器を切り取った部分を尾翼として使ってもOKです。

前から見た様子ビニールテープを貼ります尾翼を差し込む部分④左の写真のように、板の方の下側の中央(左右から6㎝の所)に長さ3㎝位の溝をはさみで切ります。幅はスチロール板の厚みです。厚みが1㎜なら1㎜の幅です。

⑤尾翼を板につけた溝に差し込みます。

⑥ビニールテープを飾りとして貼り付けます。あまり貼ってしまうと重くなってしまうので左右に1本くらいのほうがいいです。
投げるときの持ち方 尾翼に貼る場合は上下に1本というようにバランスを考えて貼ります。片方が3本・片方が1本というようなことにならないようにします。

⑦上の真ん中の写真のように、板の前側の中央に洗濯ばさみをはさんで完成です。

※投げ方は、写真のように尾翼の下側をつまみ、人差し指で尾翼を押すような感じで投げるとスーっと飛んでいきまが、ちょっとコツが必要です。何度も投げてコツはつかむしかありません。


イラスト   紙トンボ
(材料・道具)
 100円ショップで売っている工作用紙、千枚通しかきり、ストロー、竹ひご、はさみ 
紙トンボの寸法図はさみで切り取りますストローが通るように穴をドライバーで広げますストローの先端を切って曲げます(制作の手順)
①左の写真のような寸法で工作用紙を切ります。これが羽になります。長さ10㎝・幅2㎝。

②切った紙の中心に千枚通しで穴をあけます。

③ストローが入るようにプラスのドライバーで穴を広げます。

④ストローの先端に切り込みをはさみで入れ、それを折り曲げます。

⑤補強のためテープを穴の所にはります。

羽が2枚のタイプは重くなって飛びづらい紙トンボの完成完成ストローの先端を切りテープで留めます
⑥羽になるところの折り具合は、飛ばしながら調整していきます。

※右の写真は、羽が2枚のタイプです。飛ぶ距離は、1枚とさほど変わりません。むしろ重くなる分よくないかも・・・。


イラスト    紙コップのブーメラン
(材料・道具)
 紙コップ、定規、はさみ、セロテープかビニールテープ、ペン
底に8等分の印をつけます(制作の手順)
①紙コップの底側に8等分する印をペンで書きます。(※8等分の仕方は、まず上下左右に印をつけて4等分。4等分の印と印の間に印をつけていくと8等分になります。)

②8等分の印の所に定規をあて、ペンでカップの口側に向けて線を引きます。8等分なので、線は8本。


切るところに線を描きますハサミで切りますハサミで切った様子羽の部分を1枚おきに切ります羽を1枚おきに切った状態③はさみで線のところを切ります。

④切った所を広げると真ん中の写真のようになります。

⑤8枚の羽は、右から2番目のの写真のように一枚おきにはさみで切って、羽を4枚にします。ちょうど十字型になります。


ビニールテープで補強します⑥羽がぐらぐらするので、補強するため裏側にセロテープかビニールテープを貼ります。これで完成です。(今回のブーメランは羽にねじりはつけません。)

※右利きの人は、ブーメランの表側(色のついている方)が内側に来るように持ってやや斜めに傾けて投げると回転して戻ってきます。紙コップという素材のためか、遠くまで飛んで回転して戻ってくるというようにはなりません。遠くまで飛んで戻ってくるようなブーメランを作る場合は、厚紙(厚画用紙や工作用紙)を使って作るようにします。米村でんじろうさんの本やブーメランを作る本を参考にするといいでしょう。


イラスト    牛乳パックのけん玉
(材料・道具)
 牛乳パック、100円ショップで売っているカラーペーパー・紙コップ(普通のサイズと小さいサイズの2個)・ビニールテープかアルミホイル・糸か凧糸、のりか両面テープ、千枚通し、はさみ
牛乳パックにカラーペーパーを貼りますカラーペーパーをパックに巻きますコップの底の壁の部分をハサミで切ります(制作の手順)
①牛乳パックの口の部分をはさみで切り取ります。

②カラーペーパーを牛乳パックにのりか両面テープでで貼り付けます。

③紙コップの底側の壁の部分をはさみで切り取ります。(切りすぎると底が抜けてしまうので、注意しましょう。)


紙コップを両面テープで貼り付けますビニールテープを巻いて玉にします完成④左の写真のように、紙コップの底に両面テープを貼り、牛乳パックの横側に貼り付けます。

⑤糸か凧糸をテープで紙にとめてから紙を丸め、ビニールテープかアルミホイルを巻いて玉にします。

⑥千枚通しで牛乳パックに穴をあけ、玉のついている糸を結びます。これで完成です。


イラスト    カップのけん玉
(材料・道具)
 100円ショップ(ダイソー)のカラー段ボール・両面テープ・カップ麺の紙カップ・ピンポン球、セロテープかビニールテープ、はさみ、千枚通し、糸か凧糸、アルミホイル 
カラー段ボールを巻いてテープでとめますハサミで切れ込みを入れます(制作の手順)
①カラー段ボールを2巻きほどして両面テープかのりで貼ります。これで持ち手の部分ができました。

②段ボールの筒の上下の部分に1㎝位の切り込みをはさみで切って作り、写真の右側のように広げます。





カップの底に両面テープを貼ります段ボールの筒を貼り付けますピンポン球に糸をつけますピンポン球にアルミふぉいるを巻きますカップのけん玉の完成③紙のカップの底に両面テープを貼ります。

④段ボールの筒の開いた部分を両面テープの所に貼ります。カップは上下に2個です。

⑤ピンポン球に凧糸か糸をテープで貼ります。

⑥ピンポン球にアルミホイルを巻き付けます。

⑦上になるカップの縁に千枚通しで穴をあけ、糸を通して結びます。これで完成です。


   カズー(アメリカの楽器)
(材料・道具)
 ラップの紙の芯、きりか千枚通し、ドライバー、コンパス、トレーシングペーパー(ダイソー)、輪ゴム、はさみ、のり、和紙等の紙 
きりで穴を開けますドライバーで穴を広げます(制作の手順)
①ラップの紙の芯の端から3㎝位のところにコンパスで半径5㎜ほどの円を描きます。

②きりか千枚通しで描いた円の中を突き刺します。

③ある程度きり等で穴を開けたら、右の写真のようにプラスのドライバーで穴を広げます。


トレーシングペーパーを用意しますトレーシングペーパーに輪ゴムをはめますラップの紙芯にきれいな和紙等を貼ります④トレーシングペーパーをはさみで切って、穴を開けた方の紙の芯の口をふさぎます。トレーシングペーパーはゆるみがないようにピッと貼るようにします。

⑤輪ゴムでトレーシングペーパーがはずれないようにします。これで完成ですが、きれいにする場合は、和紙や色紙等をのりで紙の芯にはりつけます。
化ズーの完成

※カズーを横笛のように持って口を穴の所に当てます。穴がふさがるようにあてましょう。歌を歌ったり声を出したりしてトレーシングペーパーが振動するようにします。これでカズー独特の音が出ます。
 


イラスト    でんでん太鼓
材料糸とビーズ(材料・道具)
 100円ショップかホームセンターで売っている紙のどんぶり2個(スチロールのどんぶりよりも紙のほうが両面テープを貼りやすいです。今回は、紙のどんぶりを使用。)・ビーズ、両面テープか速乾ボンド、割り箸1本、はさみ、きりか千枚通し、糸、
丼の縁に両面テープを貼ります(制作の手順)
①写真のように、紙のどんぶりの場合は、どんぶりの縁を持ち上げて平らになるように指でしごきます。(この部分が平らでないと、どんぶり2個を貼り合わせずづらいからです。)

②どんぶりの容器の口側に両面テープを貼ります。2個のどんぶりを貼り合わせるためのものですので、どんぶりの縁にかかるようにします、ぐるりと巻いて貼れないので、2~3㎝の長さに切って貼るといいでしょう。両面テープでは面倒な場合は、速乾ボンドがお勧めです。


割り箸が丼の真ん中に来るように貼りますもう1個の容器をかぶせて左右の縁に穴をあけます③割り箸がどんぶりの円(口側)の真ん中にくるようにをどんぶりに貼ります。(どんぶりの口側に貼ってある両面テープのところです。)

④もう1個のどんぶりを両面テープのついたどんぶりに貼り付けます。

⑤どんぶりの左右にきりか千枚通しで糸を通すための穴をあけます。


糸とビーズ糸にビーズをつけて完成⑥穴に糸を通して結び、糸の反対側にビーズを通して結びます。

 ※糸の長さは、ビーズがちょうどどんぶりの底の部分を叩く長さです。必要に応じてどんぶりに色を塗ったり絵を描いたりします。これで完成です。


イラスト   トルネード
2?のペットボトル(材料・道具)
 炭酸飲料のペットボトル2本(できれば2ℓの炭酸飲料のペットボトル。ペットボトルは炭酸飲料のものが円筒状になっているのでいいです。)、はさみ、きり、ビニールテープ、ウルトラ多用途ボンド
 
きりであけた穴にはさみの刃を入れますはさみをぐりぐり回して穴を広げますボトルのキャップに開けた穴ウルトラ多用途ボンドでキャップ2個を貼り付けますウルトラ多用途ボンド(制作の手順)
①ペットボトルのキャップ2個にきりで穴をあけます。(大体中心の所に)

②きりであけた穴は小さいので、プラスのドライバーを差し込んで穴を広げます。その後、左の写真のようにハサミの刃先を穴にさすようにして回し、穴を大きくしていきます。

③穴が大きくなったら、写真の右から2番目のように、キャップ2個をウルトラ多用途のボンドで貼り付けます。(数時間は乾燥させましょう。)

キャップをペットボトルにはめます2本のペットボトルを繋げますトルネードの完成④2個のキャップがウルトラ多用途ボンドでついたら、ビニールテープでぐるりと巻きます。
ペットボトルの片方にはめます。

⑤キャップのはめていないペットボトルに水を入れます。

渦の様子⑥水の入っているペットボトルに、水の入っていないほうのボトルのキャップをはめます。これで2本のボトルがつながりました。

⑦水の入っているペットボトルを下側にして、上側を回す感じで回します。

⑧渦ができたら水の入っていない方のペットボトルを平らな床面に置きます。トルネード(渦)の様子を観察します。

※水が下側のペットボトルに全て落ちたら、また同じように回転させ渦を作って見ます。
 


  イラスト   お風呂でムクムク
(材料・道具)
 プラスチックのコップか紙コップ・傘用のポリ袋かスーパの袋、超透明梱包テープかセロテープ、カッターナイフ 
プラコップの底をカッターナイフで切りますスーパーの袋を半分にします(制作の手順)
①プラスチックのコップか紙コップの底をカッターナイフで切り取ります。(カッターナイフを底の内側に沿わせるようにするときれいに切り取れます。)

※プラスチック(樹脂製のもの)のコップは、底を切り抜くのが紙と比べて難しいので、お子さん達が作る場合は紙のコップがお勧めです。

②スーパーの袋を縦に半分に切ります。


テープを袋の切ったところに貼って筒状にします紙コップに袋をかぶせて、テープを巻いて固定完成③ポリ袋の切ったところにテープを貼って、袋を筒状にします。

④ポリ袋を紙コップにかぶせて、端をビニールテープでグルグル巻いて固定します。これで完成。

※お風呂やプールで使います。ポリ袋はコップの中に押し込んでしまうとむくむくとふくれないので、外に出しておきます。コップの口側を勢いよく水の中にズボッと入れると、ポリ袋がむくむくっと立ち上がってきます。


 イラスト   クルクルレインボー
(材料・道具) 
 100円ショップ(ダイソー)で売っている折り紙(フォログラム)かB4サイズくらいあるフォログラムシート・木の丸棒(余り太くないもの)・画用紙、のりかボンド、サインペン、定規、コンパス、きり、ドライバー、千枚通しかきり、はさみ、
直径3㎝の円盤フォログラムの折り紙折り紙に幅1㎝の線を引きます(制作の手順)
①左の写真のように、画用紙に直径3㎝と2㎝の位の円を描きます。(3㎝の円は切るところで、2㎝の円は、後でフォログラムの折り紙を貼る位置の目安になります。)

 これを2個描き、はさみで切り取ります。円の中心にきりか千枚通しで穴をあけます。穴を大きくするため、穴にプラスのドライバーを刺して穴を広げます。

②フォログラムの折り紙にサインペンで幅1㎝の線を16本引きます。はさみで切り取ります。


同じ色のものを十字に円盤に貼ります別の色も十字にして円盤に貼りますフォログラムを貼った様子③切り取ったフォログラムの折り紙を2本ずつのりかボンドで貼り付け、8本の幅1㎝の帯を作ります。

④直径3㎝の画用紙の円盤に同じ色(写真は金色と青色)を十字になるように貼っていきます。(2㎝の円を貼るときの目安にします。)画用紙の中心の穴はふさがないようにします。

⑤真ん中の写真のように、別の色の帯を十字になるように貼っていきます。

もう1個の円盤に折り紙を順番に貼っていきますダリバーで円盤の穴を広げます⑥右の写真のように、画用紙の円盤の穴に丸棒に通します。穴が小さくて丸棒が通らないようなら、左の写真のように、プラスのドライバーで穴を広げます。穴は、丸棒が余裕で通るくらいにします。

⑦まだ帯状の折り紙を貼っていない方の画用紙の円盤に金色・青色・金色・・・と順番に帯状の折り紙を貼っていきます。順番を間違わないようにします。

クルクルレインボーの完成棒を回すと形が変わります形が変わる形が変わります⑧下側になる方の円盤の穴が、棒よりも一回りは大きくなっているか見ます。この円盤の穴は大きくないとクルクルまわりません。

⑨上側の円盤を丸棒の先端にボンドで固定します。これで完成です。


※丸棒をゆっくり回したり早く回したりします。下側の円盤が遠心力で上にあがり、フォログラムの折り紙の帯が丸くスイカのような形になったり、ひょうたんのようになったりします。回す早さを変えると形が変わっておもしろいです。


イラスト    紙のネクタイ
(材料・道具) 
 新聞紙や100円ショップで売っているカラーペーパー、定規、はさみ、セロテープかビニールテープ 
紙を真ん中と左右で折ります三角形の形紙のネクタイの折り方(制作の手順)
①新聞紙かカラーペーパーを正方形になるようにハサミで切ります。

(※カラーペーパーは硬いので、新聞紙の方が作りやすいです。)

②正方形にした紙を真ん中と左右で対角線上に折ります。これで三角形ができます。


尖った部分を折ります折った形③折った紙を広げて、対角線の左右の部分の端をを対角線に合わせるようにして折ります。折った写真が下のものです。

④先の尖った方が首側になるので、それを折り曲げて裏側でテープを貼り固定します。これで完成です。


イラスト    紙コップとんぼ
(材料・道具)
 紙コップ2個、竹ひご、はさみ、ペン、千枚通しかきり、ビニールテープ、ボンド
 
コップの底に8等分の印をつけますコップの横側に線を引きます(制作の手順)
①1個目の紙コップの底から3㎝位のところにビニールテープをぐるりと巻きます。

②紙コップの口側を8分割する印をつけます。
※はじめは4等分(上下左右に印をつけます。)に印をつけます。次に上下左右の印の間に印をつけることで8等分になります。



コップの側面を切って8等分した様子表側③はさみでビニールテープ(底から3㎝位に位置のところまで切り込みをいれます。)

④8等分された羽に当たる部分にひねりを加えます。

⑤2個目の紙コップの底側から4㎝位のところにビニールテープを巻き、はさみで切り落とします。


⑥底の中心に千枚通しかきりで穴をあけます。

底の中心の穴に竹ひごをさしてボンド竹ひごをボンドで固定⑦穴に竹ひごをさしこみます。

⑧竹ひごが抜けないようにボンドで固定します。

⑨竹ひごを固定するためのボンドが乾いたら完成。



羽をねじって回転しやすいように調整します※竹ひごの軸のついたコップの上にはねつきのコップを乗せます。あとは、竹とんぼ同様軸を両手ではさんで滑らせれば、羽つきのコップが飛んでいきます。残念ながら遠くには飛びません。30㎝位上昇して落ちるという感じです。もう少し高く飛べば良いのですが・・。


イラスト   空気砲のロケット
(材料・道具)
 牛乳パック、はさみ、ビニールテープかガムテープ、コンパス、定規、100円ショップかホームセンターで売っている紙コップの小さいもの2個、カー-ターナイフか円を切る道具(アルファのカッター)
完成形紙コップを穴に差し込みます(制作の手順)
①牛乳のパックの口の部分をテープでしっかりふさぎます。

②紙コップの底の直径を測ります。今回のコップは、直径が5㎝でした。牛乳パックにコンパスで直径が5㎝よりも少し大きい円を描きます。

③カッターやはさみを使って直径が5㎝より少々大きめの穴をあけます。この作業は、小さいお子さんには難しいので大人が牛乳パックを両手で叩いて紙コップを飛ばしますやります。

④上の左の写真のように、牛乳パックに補強のためのビニールテープかガムテープを巻きます。

⑤紙コップ2個をビニールテープで貼り合わせます。これで完成です。

※牛乳パックの穴の所に紙コップを軽くさしこみます。牛乳パックの両サイドを写真のように両手で強く叩くと、空気の力で紙コップが1m弱位飛び上がります。小学校の低学年向きの工作でしょうか・・。


イラスト   踊る人形
(材料・道具)
 強力マグネット(ホームセンター)、100円ショップダイソーのガーデンピック(園芸品のコーナー)、板、ボンド
穴を開けた板とピックとマグネット人形がゆらゆらと揺れます強力マグネット(制作の手順)
①支柱の部分が鉄のガーデンピックを用意します。写真のガーデンピックは、100円ショップのダイソーで見つけたものです。

②板に切りで穴をあけます。(ここにガーデンピックの支柱の鉄の棒を差し込みます。)

③ホームセンターの文具コーナーに売っているリング状の強力マグネット(写真の右)をピックの支柱に下から入れます。

④支柱を板の穴に差し込んでボンドが乾燥したら完成です。

(遊び方)
※丸い磁石を上に持ち上げて、手をはなすとクルクル回転しながら落ちていきます。その時に振動がピックの支柱に伝わり、人形がぐるぐると回転します。手作りで作るのなら、この写真の支柱の長さ(約15㎝)よりも長くしたほうが、より振動が大きくなり、人形ももっと揺れるでしょう。 


イラスト  踊る人形2
洋蘭の支柱カラーマグネットリング(材料・道具)
100円ショップの園芸コーナーで売っている「洋蘭の支柱」(長さ60㎝) 、半円球状の容器(100円ショップで売っている調味料入れで軽いもの)、ホームセンターで売っている「カラーマグネットリング」(1個)、カッターナイフ、画用紙、セロテープ、マジックか色鉛筆、はさみ、台になる板(今回は、100円ショップの動物型のまな板)、きり、ボンド
カッターナイフで支柱のビニールを切り取る支柱のビニールをとった様子(制作の手順)
①左の写真のように、洋蘭の支柱のビニールコートされたものをカッターナイフで切っていきます。(ナイフの刃を支柱に当てたら、薄く削り取るような感じでナイフを横にすべらせるといいです。)

②ビニールを全てはがすと写真の右の棒が表れます。(強力磁石でも、このビニールをはがさないと磁石のリングは回りません。)

画用紙に人形の柄を描くはさみで柄を切り取ります。③板(今回は100円ショップのまな板を使いましたが、なんの板でも大丈夫です。余り小さい板だと支柱と人形が回転すると倒れてしまうので、10㎝×10㎝位はあるといいでしょう。

④半円球状の容器は、100円ショップの調味料入れで探します。余り重くないものを用意します。


容器にセロテープで人形の絵を貼ります。横から見た様子⑤画用紙に人形の柄を描きます。柄はどんなものでもOK。半円球状の容器に貼りやすいように下側が帯状になっていると貼りやすいです。表にも裏にも柄が貼ってあると踊る感じが出て良いのですが、今回は表だけです。(ちょっと手抜きですが・・・。)

⑥はさみで切り取った人形の絵を容器にセロテープで貼ります。


全体象⑦支柱に強力マグネットリングを入れてから、人形の絵を貼った容器を支柱の先端にかぶせます。かぶせるときは、容器の半円球の中心にくるようにかぶせるといいでしょう。これで完成。

⑧容器の下まで持って行ったマグネットリングを手放すと、リングは回転しながら降下していき、支柱もクルクルと回転しだして人形の容器も回転します。


イラスト    糸巻きタンク1
トイレットペーパーの芯とカラー段ボール(材料・道具)
 段ボール、トイレットペーパーの紙の芯、厚画用紙、はさみ、定規、カッターナイフ、千枚通し、コンパス、ビニールテープかセロテープ、赤鉛筆、輪ゴム4本、割り箸1本
カラー段ボールを4㎝幅で2本切りますカッターナイフかはさみで切ります円を2個描きます(制作の手順)
①カラー段ボールを幅4㎝で2本作ります。長さは、15㎝位にしておきます。この段ボールは、あとでトイレットペーパーの紙の芯の左右に貼ります。

②トイレットペーパーの紙の芯を使って、厚画用紙に円を2個書きます。このトイレットペーパーの場合は紙の芯の直径は、2.2㎝なので、それよりも大きな円(ここでは3㎝)を芯を使って描いた円の外側にコンパスで描きます。はさみで大きい方の円を切ります。


円の寸法内側の円まで切り込みを入れます③右の写真のように、大きな円から小さな円に向かってはさみで切り込みを入れます。切り込みの幅は1㎝位でOKです。

④切り込んだところを内側に折り曲げます。この2個の円が紙の芯のふたになります。

⑤千枚通しを使って2個のふたの中心に穴をあけます。



結び方輪ゴムは2本ずつ使います。合計4本輪ゴムを楊枝に通しますテープで楊枝を留めます輪ゴムを通した状態⑥輪ゴムを4本使い、写真のようにつなげます。
(輪ゴムを2本ずつにして、写真の左から2番目のように結びます。

⑦輪ゴムをふたの穴に通し、楊枝を輪ゴムの輪の中に入れてビニールテープで楊枝が動かないように固定します。




反対側の蓋の穴に輪ゴムを通します反対側の蓋に輪ゴムを通した様子ろうそく代わりのもの⑧紙の芯に輪ゴムを通し、反対側のふたの穴に輪ゴムを通します。

⑨ふたはビニールテープをぐるりと巻いてはずれないようにします。

⑩厚画用紙を使って糸巻きタンクで使われているろうそくの代わりのものを作ります。幅1㎝で長さは5㎝位にします。はさみで切ったら赤鉛筆に丸めて、端をビニールテープでとめます。



割り箸に輪ゴムを通します完成⑪ふたから出ている輪ゴムをこの厚画用紙で作ったリングに通し、輪ゴムの輪の中に割り箸を通します。

⑫ふたをビニールテープをぐるぐる巻いて取れないようにします。

⑬初めに作ったカラー段ボールを芯の左右に両面テープで貼り付けて完成です。


※遊ぶときは割り箸を数十回ぐるぐるまわしてから床に置くと、タンクが前進していきます。


イラスト  糸巻きタンク2
(材料・道具)
 「糸巻きタンク1」と同じです。
(段ボールは使いません。)
完成品割り箸庭ゴムを通した様子テープをぐるぐる巻きます(制作の手順)
 作り方は、上の糸巻きタンク1と同じです。違いは段ボールを使わないところです。段ボールを使わない代わりに、ビニールテープで左右のふたのところを「1」よりも多めにぐるぐる巻いてあります。


イラスト    くるくるへび
(材料・道具)
 100円ショップで売っているアルミ自在ワイヤー(太さが2.5㎜~3㎜と1㎜の針金)・丸棒、ペンチか大きなはさみ、ビニールテープ
蛇がクルクル上下するおもちゃ2.5㎜と1㎜の太さの針金細い針金の片方の端をビニールテープで留めます細い針金を巻きます(制作の手順)
※昔の雑誌「太陽」の明治・大正・昭和のおもちゃ特集に出ていたおもちゃです。

 私が小学生の頃、男子なら誰でも買って持っていた(?)もので、樹脂製の蛇が棒をくるくると廻って降りてくるというおもちゃです。


①アルミの針金を2種類用意します。細い方は太さが1㎜・太い方は2.5㎜~3㎜です。 細い方の針金の片方の端をビニールテープでグルグル巻いて丸棒に固定します。巻き方はしっかりきつく巻きますが、針金と針金の間のを2㎝位あけます。


太い針金と細い針金を巻いてあります太い方の針金が蛇の代わりになります②太い方の針金を10㎝位の長さにペンチで切ります。

③太い方の針金を丸棒に巻きます。

※太い方の針金が昔のおもちゃのへびにあたります。きつく巻くと止まってしまいくるくるまわりませんが、ゆるく巻きすぎるとストーンと丸棒から落ちてしまいます。巻き方を調整しながら、上からクルクルと回転して落ちてくる状態を見つけます。ここが肝です。


イラスト   ブンブンこま
(材料・道具)
 工作用の厚紙や段ボール板など(ここでは100円ショップの樹脂性の薄いまな板シートを使っています。)、コンパス、定規、きりか千枚通し、サインペン等、たこ糸かミシン糸
開ける穴の位置円の中心から左右に5mm取って穴を開けますきりで穴を2個開けます(制作の手順)
①厚紙等にコンパスで円を描きます。(円の大きさは自由ですが、ここでは半径4㎝の円にしています。)厚紙の場合は、円が1枚だと軽いので、3~4枚描いてボンドで貼るといいでしょう。まな板のシートなら1枚でOK。

②はさみで描いた円を切ります。

③コンパスを刺したところ(円の中心)から左右に5㎜の所に印をつけ、そこをきりか千枚通しで穴をあけます。(左右の穴の位置は中心から5㎜が最適です。1㎝・1.5㎝を試しましたが、5㎜がベスト!)

中心から5mmブンブンコマ完成④あけた穴にたこ糸か糸を通し輪っかにします。(糸の長さは自由ですが、肩幅の2倍位はほしいです。輪っかにすると肩幅くらいになり、使いやすいです。)

※コマをクルクル回してから両手を左右に広げると回転が始まります。ある程度回転したら両手を狭めるようにし、回転しだしたらまた、両手を広げます。この繰り返しでコマが勢いよく回り続けます。


   ミニツリー
(材料・道具)
 紙皿、定規、ペン、はさみ、セロテープ、100円ショップで売っているモール・ビーズ 
紙皿をはさみで半分に切ります。丸めたらセロテープで留めます。円錐のできあがり。(制作の手順)
①紙の皿を半分にはさみで切ります。使うのは半分の1枚です。

②紙を丸めて写真の右のような形にします。これでいいと思ったら、セロテープを貼ります。


モールで星を作ります。モールで飾ります。モールを底側に折り曲げます。完成③モールで星を作ります。

④モールを十字にしてツリーに巻いていきます。端はツリーの底で内側に折り曲げます。これで完成。


丸めたらセロテープで留めます。丸めたときの印の線を引いておくと便利です。ボンドでビーズを貼り付けます。※ビーズを貼る場合は、グルーガンならばそのばですぐにつきますが、ボンドだとつけているところから落ちてしまいます。そこで、半分のお皿を丸めて円錐(ツリー)を作る時に、線を引いておきます。セロテープで貼らずにお皿を広げ、平らにした状態でビーズ等をボンドで貼って乾かします。このやり方ですと、ビーズが落ちないでしっかり貼れます。ボンドが乾いてから、お皿を丸めてセロテープで貼ればいいわけです。


イラスト   当たりはどれだ?
(材料・道具)

100円ショップで売っている工作用ペーパー(カラー段ボール)・PPシート、コンパス、定規、ペン、カッターナイフ、はさみ、ひも、両面テープ
(制作の手順)
この教材(またはおもちゃ)は、段ボール箱で作れば簡単にできます。段ボール箱で作る方がお勧めです。その場合は、横長の段ボール箱を立てて使い、正面にカッターナイフで四角の穴をあけます。穴があると箱の中の様子が子どもたちに見えて期待感が増します。段ボールの上の蓋側は穴をあけてもふた自体をとりのぞいてもOKです。箱に色を塗ったりきれいな紙を貼ったりすれば完成。

段ボールに円を2個描きます。前から見える穴の部分①PPシートを台にするのでコンパスで円を描き、はさみで切り取ります。円の大きさは、直径30㎝位。

②段ボールに半径15㎝の円を2つ描き、はさみで切り取ります。

③切り取った円の1枚の内側に半径10㎝の円を描きます。この円の内側をカッターナイフやはさみを使って切り抜きます。

両面テープで台部分に貼ります。穴をあけた様子
④段ボール板は高さ30㎝で使います。段ボール板に写真のように15㎝×20㎝の穴をあけます。カッターナイフと定規を使えばきれいに切り取れます。


⑤段ボールの円盤を両面テープでPPシーに貼り付けます。中側を切り取った円盤は内側の円から外に向けて2㎝位切り込みをハサミでいれ、折り曲げます。(この折り曲げた部分の外側には両お面テープを貼っておきます。)下の円盤に両面テープで貼り付けます。
円盤の中側を切ったものの縁を立ち上げる。筒の内側も補強全体像
⑥段ボール板を丸めて円盤の折り曲げた部分(両面テープが貼ってある)の外側に入れ、手を筒の中側に入れて筒と折り曲げたところの両面テープがしっかりつくように押していきます。

⑦筒の上のふたはなくてもいいのですが、円盤を作って貼ってあります。
 


イラスト    紙袋の鬼の面
100円ショップの紙袋(材料・道具)
 100円ショップで売っている紙袋(5枚くらい入っています。)・布ガムテープ・アルミの針金、カッターナイフか円を切るカッター、はさみ、グルーガン、紙コップ2個、ビニールテープ、サインペンかマジック 
紙袋に赤い布ガムテープを貼ります紙コップの角やアルミの針金の毛をつけていきます紙袋の鬼の面が完成かぶってみると・・(制作の手順)
①紙袋に赤い布ガムテープを貼っていきます。

②円を切るカッターかカッターで目を開けます。口はカッターナイフで切って開けます。

③ビニールテープで鼻や眉毛を作ります。

④アルミの針金で髪の毛を作ります。これで完成。


イラスト    紙皿のお面
26㎝の紙皿(材料・道具)
 紙皿(26㎝)1枚、紙コップ1個、はさみ、ボンドかグルーガン(グルー-ガンがお勧め)、カラー段ボール、洗濯ばさみ2個、カッターナイフか円を切るカッター、輪ゴム数本、きりか千枚通し、コンパス
紙皿のお面紙皿のお面(制作の手順)
①目は、コンパスで円を描き円を切るカッターかカッターナイフとはさみで切ります。

②鼻の部分は紙コップを口から1/3~1/2ハサミで切ります。

③ボンドがつきやすいように、コップの口側を1㎝くらい切り込みを入れ内側に折り返します。

④折り返した部分にボンドかグルーガンでお皿に貼り付けます。

ビニールテープを貼ったお面⑤眉毛は洗濯ばさみを貼り付けます。口の部分は、コップで切り落とした部分を使います。

⑥お皿の左右にきりで穴をあけ、輪ゴムを通して完成です。

※黒い方は、ビニールテープを貼り付けて作ってあるものです。


    サンバイザー
(材料・道具)
 100円ショップで売っている大きめの紙皿(今回は21㎝のお皿)、厚画用紙(3㎝×20㎝)、きりか千枚通し、定規、ペン、はさみ、ビニールテープかセロテープかガムテープ、両面テープ、輪ゴム3~4本、定規 
線を引く位置紙皿の切り方(制作の手順)
①21㎝の紙皿の下から13㎝のところに線を引きます。(写真の右側の縦線。紙皿の大きさによって変わってきますので、真ん中よりも数㎝上の方と言うくらいでOKです。)

②はさみで切る時には、13㎝の線の所を真っ直ぐに切るのではなく、少し上側が膨らんだようにカーブをつけて切ります。



テープを貼りやすいように切り込みを入れます仮止め仮止め③左の写真のように、紙皿の切ったところに(13㎝の線を引いた上の部分)、1㎝位の長さの切り込みを1㎝間隔くらいにいれていきます。

④切り込みを入れたものと切り取った大きい方の紙皿の部分を合わせてビニールテープかセロテープで仮止めします。(サンバイザーの裏側になります。)サンバイザーの表側にもテープを貼っていきます。



表側に両面テープを貼ります厚保画用紙の帯を貼りますサンバイザーの完成⑤左の写真のように、表側のテープの上に両面テープを貼ります。厚画用紙を幅3㎝・長さ20㎝位の帯状に切ったものを貼ります。

⑥帯状の厚画用紙の両端にきりであなをあけて輪ゴムの輪っかを通して完成です。
 イラスト    折りたためるサンバイザー
(材料・道具)
 100円ショップで売っているEVAのシート2色、はさみ、コンパス、強力両面テープ、輪ゴム3本 
EVAに円を描きます。はさみで切ります。切り込みを入れて両面テープを貼ります。(制作の手順)
①作り方の手順と方法は、上の紙のサンバイザーと大体同じです。

折り畳むと完成輪ゴムを取り付けます。 違うところは、下の写真のように、サンバイザーの上の部分とひさしの部分に切れ込みが入っていることです。折り畳むときに、スムーズに折れるようにはさみで切ってあります。切る長さは、実際に作っている時にたたみやすいか、ひさしの部分に対して上の部分が立ち上がりやすいかなど、見ながらやらないと決まらないので、○㎝と決めづらいです。


    買い物学習(遊び)の店員さんの帽子
カラー封筒(材料・道具)
 100円ショップで売っているカラー封筒(底が広がるような「まち」のないものです。)、・両面テープ、定規、ハサミ、必要に応じて100円ショップで売っているテープ、 
下を切ったカラー封筒にテープを巻いた様子封筒にテープを巻いた様子(制作の手順)
①カラー封筒を下から13㎝の高さの所に線を引いてはさみで切り落とします。

②必要に応じて帽子にラインになるテープを貼ります。テープは100円ショップに色々な模様のものが売っていますので、好きなものを両面テープで貼ります。
店員さんの帽子
③切った封筒の口の部分を下側にして、上の部分を軽く手で押すとへこんで帽子風になります。これで完成です。


※帽子はこのままですと頭に乗せても落としやすいので、お子さん達が買い物ごっこや買い物学習で店員さん役を行う場合は、頭から落ちないようにしなければなりません。その工夫をした帽子が下の「店員さんの帽子2」の方です。参考にしてください。
イラスト    店員さんの帽子2
髪留め付きの帽子クリップで帽子と髪をとめます上から見た様子。 店員さんの帽子の欠点である、すぐに頭から帽子が落ちやすいことを改善した(?)帽子です。

 帽子の両サイドにL字状の紙を両面テープで貼り、帽子をかぶるときの髪の毛と帽子がつくようにクリップをそっと挟み込むようにしたものです。

 頭から帽子が落ちなければ、お子さん達も活動自体に専念できるでしょう。


イラスト    コックさんの帽子
(材料・道具)
 模造紙、カラー段ボール(色が白であれば、模造紙はいりません。)、のり、はさみ、定規、ペン、スーパーやコンビニの袋、両面テープ  
高さは25㎝裏返しにして丸めますカラー段ボールと白い模造紙(制作の手順)
①カラー段ボールは丸めやすいので使っていますが、白地の厚画用紙でもOKです。きれいに丸める(円柱)には、段ボールの方が使いやすいです。(100円ショップで売っているので、カラー段ボールは手に入りやすいです。)

 白地の段ボールなら次の模造紙を貼る工程が省けます。段ボールを高さ25㎝に線を引いてはさみで切ります。

②カラー段ボールの裏側の方(でこぼこしていない平らな方)に模造紙を貼りますので、段ボールをでこぼこした方が内側に入るように巻いて輪ゴムをかけておきます。こうしておくと巻きやすくなります。

段ボールにのりを塗ります段ボールに白い紙を貼りました手提げの部分をはさみで切り落とします③段ボールをひろげ、のりを塗って模造紙を貼り付けます。模造紙で余った部分は、真ん中の写真のように内側に折り曲げて貼ります。

 段ボールの筒の上部の内側になるほう(模造紙を貼っていない方)に両面テープを貼ります。ここに後でスーパー等の袋を貼ります。
コックさんの帽子完成
④スーパーやコンビニの袋の手提げ部分が邪魔ですので、はさみで切ります。

⑤筒の上部にスーパー等の袋を差し込んで、筒の上部に貼ってある両面テープに袋をはりつけます。

⑥袋を広げたりと調整してコックさんの帽子っぽく見えるようにしたら完成です。


    紙皿の風車
(材料・道具)
 紙皿、定規、ペン、はさみ、 
紙皿に定規で十字の線を引きます。十字の線線をはさみで切ります。(制作の手順)
①紙皿に十字の線を引きます。

②紙皿の中心にコンパスで円を描きます。円の大きさは半径2㎝位。この円が、ハサミで十字の線を切る際の外側から内側に向けてのハサミを止める印になります。

羽になる部分を中央に曲げます。羽を曲げた状態風車の中心に穴をあけ軸をとおす。④写真にように羽の部分を順番に中心に向けて軽く折って行きます。

⑤きりで中心に穴をあけます。

厚画用紙の風車⑥穴をあけた所に軸になるものを差し込みます。(楊枝等)

⑦扇風機に当てて羽の折り具合を調整します。一番よく回転する状態で完成。

※右の写真の色画用紙で作った風車では、中心に向けて折った羽は中心の所で重なるようにして羽ごと穴をあけてます。ここが違うところです。


イラスト    紙 笛
(材料・道具)
 週刊ジャンプの表紙の紙、鉛筆、セロテープ、はさみ、定規、ペン 
漫画雑誌の表紙を使います鉛筆に紙を巻いていきます巻いたらセロテープで留めます(制作の手順)
①やや厚目の広告の紙でも良いのですが、色々試したところジャンプ等の週刊誌の表紙の紙が最適でした。紙は10㎝×10㎝の大きさにハサミで切ります。

②鉛筆を使って紙を巻いていきます。巻き方は、ゆるくなくしっかりと巻きます。巻き終えたら、セロテープでとめます。


棒状になった紙指で押しつぶします押しつぶした様子③鉛筆から紙を抜くと丸い棒状になっています。
押しつぶした方を口に入れます
④棒状になった紙の筒の片方の先端部分を2㎝ほど指で押しつぶします。(この辺はストロー笛の作り方と同じです。ストロー笛と違うのは、ストロー笛はリードにするために先端を三角形にハサミで切って形にしますが、紙笛では先端を切りません。)

⑤指で先端を押しつぶしたら、反対側を口の中に入れ唇で筒をはさむようにかんで、息を吹き込みます。音が出ないようならつぶした部分の幅を少しだけ広げたり狭めたりして調整します。音が出たら完成です。


イラスト   紙笛2
(材料・道具)
 A4の用紙や折り紙、広告など、はさみ、赤鉛筆などの丸い棒、定規、ペン、セロテープ 
紙笛の線の引き方寸法図(制作の手順)
①広告等の紙を用意し、10㎝×10㎝の大きさにしてはさみで切ります。(※紙の大きさは20㎝×20㎝でも15㎝×15㎝、10㎝×10㎝でもOKです。お勧めは作りやすい10㎝×10㎝。)

②右の図のように、正方形に切った紙の隅に縦横2.5㎝の所に印をペンでつけます。印と印を線で結びます。これで三角形ができます。
 三角形の線の斜線の部分に上から1.5㎝、下から1.5㎝のところまで線を引きます。

穴鉛筆に巻いていきます。三角の部分は巻き込まないようにします。三角の部分を手間に折ります。③斜線に赤線(左の写真)を引いたところをはさみで切ります。(右の図では太い線)

④左の写真のように、赤鉛筆で紙を巻いていきます。このときに三角形の部分は巻き込まないようにします。

⑤巻いた紙が取れないようにセロテープで留めます。

三角の紙が震えて音が出ます。吸う口側をはさみで切ります。⑥吸う口側をはさみで切り落とします。

⑦三角形を手前に折り曲げます。

⑧この笛は吹くのではなく、吸って音を出します。ゆっくり吸って三角形が震えると音が出ます。音が出ないときには、三角形の折り曲げ度合いを変える(もっと手前にするか、少し向こう側にはなすとか)か、息を吸うスピードを変えたりしてみてください。


イラスト    水の上でひらく花
(材料・道具)
 新聞紙、定規、はさみ、水を入れるお皿 
正方形に切った新聞紙花の形にします。紙を折る。(制作の手順)
①新聞紙を正方形に切ります。正方形の大きさは、余り大きいと水に入れても花が開かないので、大きくても手のひらより小さいサイズに。少し小さいくらいのほうがうまくいきます。

②新聞紙を花形(十字形)になるようにはさみで切ります。

折った新聞紙。水を吸って開いていきます。どんどん開いていく。完全に開いた状態③左右・上下と新聞紙の花を折ったら、ゆっくりと水の上に置きます。数秒で左右・上下の花弁が開きます。新聞紙の大きさを変えて一番いい大きさを試すと良いでしょう。大きいものよりも小さい方がすぐに開きます。余り大きいと水に新聞紙が濡れていくだけで、花弁が開きません。
 
イラスト   水の上でひらく花2
(材料・道具)
 新聞紙、定規、はさみ、ペン、水、お皿 
10×10㎝の花(制作の手順)
①新聞紙の大きさは10㎝×10㎝ですが、色々な大きさで作るとおもしろいでしょう。

②写真のような順番に紙を折っていきます。

③折った紙に花弁を描き、はさみで切ります。

④切った紙を広げると写真のように花になっています。

花を折ります花を折った様子水の上で徐々に開いていきます開いている途中花が開きました⑤写真のように、この花の花弁を上から時計回りに順番に折って行きます。

⑥水を入れたお皿に浮かべると1~2秒で花が開きます。


イラスト    紙コップのピーク
(材料・道具)
 
 紙コップ、ビニールテープ、カッターナイフ、はさみ 
紙コップの底を切り取りますビニールテープを巻きます(制作の手順)
①紙コップの底をカッターナイフで十字に切り込みを入れ、ハサミを入れて底の紙を切り取ります。(カッターナイフだけでも切り取ることはできます。)

②底側のまわりにビニールテープを4巻きします。これで、完成です。


割り箸等の棒で投げるピーク前に押し出すように投げます※投げ方は空き缶のピークと同じように写真左のようにテープを巻いてある方を前側にして持ち、前に押し出すように投げます。うまく投げれば10m近く飛びます。

※どうしてもうまく投げられない場合は、右側の写真のように紙コップのピークを割り箸の中に入れ、割り箸を立てて持ったら前に割り箸を振るようにすると、手で投げるよりも遠くへビューンと飛んでいきます。


イラスト   ゆらゆらバランス
 
(材料・道具)
 100円ショップで売っているプラスチック段ボール(紙の段ボールでもOK)、コンパス、はさみ、サインペン、綿棒1本新聞紙、定規、は 
ユラユラバランスコンパスで円を大小2個描きます。サインペンでわかりやすく描きます。はさみで円を切ります。(制作の手順)
①コンパスでプラスチック段ボールに円を描きます。大きな円と内側に小さな円の2個。サインペンで円をなぞってわかりやすくします。



中側はカッターで切ります。仕上げはハサミで切ってします。②円をはさみやカッターナイフで切ります。

③綿棒を半分にはさみで切ります。


綿棒を半分に切ります。ボンドで綿棒を固定します。④円盤状になった段ボールに指を入れ、バランスがとれている所を探します。バランスのとれている場所にサインペンで印をつけます。

⑤印のついたところにボンドをつけた綿棒をさしこみます。(綿棒の綿がついていないほうをさしこみます。)

⑥できれば右の写真のように、紙で人形等を描きボンドやセロテープ等で円盤の上に貼り付けます。これで完成です。
 


イラスト    ポリ袋の電話
 
(材料・道具)
 紙のコップ2個、雨の時に傘を入れるポリ袋(ホームセンターで売ってますが、雨の日にスーパー等にも置いてあるので、それを1~2枚もらいましょう。普通のポリ袋なら縦にはさみで切って細い袋にすればOKです。)、カッターナイフかはさみ、セロテープかビニールテープ 
紙コップの底を切り取りますポリ袋の電話(制作の手順)
①紙コップの底をはさみやカッターナイフで切り取ります。(紙コップ2個)

②傘用のポリ袋を膨らませます。膨らんだら端をひねってセロテープかビニールテープでとめて空気が逃げないようにします。

③底に穴をあけた2個の紙コップの底にポリ袋を差し込んで、セロテープかビニールテープでコップに貼り付ければ完成です。糸電話のようにして話したり聞いたりしてみましょう。
 


イラスト    紙風船
(材料・道具)
 封筒、定規、はさみ、セロテープ、赤鉛筆等のペン 
封筒の下の長さの正方形を描きます正方形に三角を描きます定規を当てて折ります(制作の手順)
①封筒の下側の長さを定規で測ります。その長さが12㎝だったら、正方形にする形の高さを12㎝にしてはさみで封筒を切ります。

②切った正方形の封筒に三角形を描きます。真ん中の写真のように、上の12㎝の真ん中の6㎝の所に印を書き三角形を描きます。


③定規を使って三角形の斜めの線のところを両方とも折ります。

表側を折ったところ裏側も同じように折ります空気を入れる穴を開けます封筒を広げます④封筒を裏返しにして、裏側にも三角形を描いて定規で斜めの線表側と同じように折ります。

⑤封筒の横にハサミで小さな半丸を切ります。ここが空気を吹き込む穴になります。
形を整えて完成セロテープで口を閉じます
⑥封筒を開くとテトラポットを開いたような形になります。

⑦開いた口をセロテープで閉じます。ソロテープで貼るときには、セロテープをテーブルの上に置いて、封筒の貼りたい口のところを押し当てるとうまく貼れます。セロテープで口のところが閉じられたら完成です。穴から空気を吹き込んで紙風船のできあがりです。
 


イラスト   空き缶運び
空き缶運びの缶床に並べて缶を持ち上げます。  ※遊び方・・・床面に空き缶を何個か置き、2人で空き缶の端を持って持ち上げます。力加減が合わないと缶が落ちてしまうので、息を合わせる必要があります。缶が落ちないように双方が缶を押すようにして、その状態で数m先まで言って戻ってきます。リレー形式でやったり、独りで何個まで落とさずに持ち上げられる競争したり、2人でできるだく多くの缶を持ち上げられるか競争したりと、遊び方は色々考えられます。
(材料・道具)
 空き缶10個くらい、ガムテープ、色紙か色画用紙、定規、ペン、両面テープ 
空き缶運びの運び方プルトップをはずします。ガムテープで口をふさぎます。折り紙を用意します。缶の高さが10㎝なので、10㎝に切ります。高さ10㎝に切った折り紙(制作の手順)
①空き缶の中に水を入れてゆすいできれいにし、空き缶を乾かします。

②左から2番目の写真のように、空き缶の飲み口に指を入れられないようにプルトップをはずして、ガムテープで口をふさぎます。

両面テープを缶に貼ります。折り紙を貼った様子缶に折り紙を貼って完成。③通常のコーヒー缶の高さは10㎝ほどですので、色紙は高さ10㎝にはさみで切ります。折り紙の大きさから、缶の周囲をぐるりと巻いても幅が3㎝~4㎝位足りませんので、切ったときに残っている色紙を使います。

④缶の周りに色紙か色画用紙を両面テープで貼ったら完成です。


イラスト    新聞紙のパンチングボール
(材料・道具)
  新聞紙(朝刊1部)、ひも、セロテープかガムテープ、はさみ 
新聞紙で芯を作ります。なるべく丸い芯にする。(制作の手順)
①新聞紙を折って芯を作ります。芯は、写真のように横長ではなく、大体でいいので右の写真のように正方形のような形にして、ひもで縛ります。

②芯の周りに新聞紙をどんどん巻いていきます。

真に新聞紙をまきつけていきます。ある程度丸まったら完成。③ある程度丸くなったら、最後に新聞紙の端側をセロテープかガムテープで留めて完成です。形がまるくなるようにするとボールらしくなります。天井等からぶらさげて使います。


イラスト    勾玉(まがたま)
3個で158円の滑石(材料・道具) 
 イオンの駄菓子屋風のお店に売っている「ろうせき(滑石)」か100円ショップで売っているろうせき(ろうせきが薄い場合は、2枚重ねるといいです。)・ひも、ナイフかカッターナイフ、紙やすり(目の細かいもの)、きり、サインペン
 
曲玉の絵を描きますひもを通す穴を開けますダライバーで穴を広げます(制作の手順)
①ろう石に勾玉の形をサインペン等で描きます。

②ナイフで大雑把でいいので、ろう石を削っていきます。(勾玉は小さいので、ナイフを使うときには手を切らないように注意が必要です。)

③紙やすりを使って更に形を整えていきます。


紙やすりで形を整えます勾玉の完成④紙やすりに落ちている細かなろう石の粉末の上で勾玉を磨きます。

⑤きりで穴をあけます。穴が小さい場合は、ドライバーでゆっくり穴を大きくします。

⑥穴にひもをとおせば完成です。
 ※本格的にやる場合は、「勾玉」で検索してやってみましょう。


紙コップのミミ(耳)ギター:高音
(材料・道具) 
 紙コップの小さめのもの1個、輪ゴム1本、はさみ、ビニールテープ
耳ギターの構造4カ所をはさみで切り込みを入れます補強のビニールテープを巻きます切り込みのところを切ります(制作の手順)
①左の図のように、コップの口側と底側に各4カ所はさみで5㎜~1㎝の切れ込みを入れます。
(ここに輪ゴムをかけることになります。)

②右から2番目の写真のように、補強のため、口側と底側にビニールテープを巻きます。切れ込みと重なったところは改めてはさみで切れ込みを入れます。



口側にも補強のテープを巻きます底側に輪ゴムをかけます切り込みに輪ゴムをかけます輪ゴムが外れないようにテープを巻きます耳ギターの完成③左の写真が口側と底側に補強のテープが巻いてある様子です。

④輪ゴムを底側の切れ込みにかけてから、引っ張って口側の切れ込みに引っかけます。

⑤輪ゴムがはずれないようにするため、輪ゴムの上からテープを巻きます。これで完成です。

※遊び方は、紙コップの口側を耳に当て、もう一方の手で底側に張られた輪ゴムを指で弾きます。


紙コップのミミギター:低音
(材料・道具)
紙コップの大きめのもの1個、輪ゴム2本、はさみ、ビニールテープ
 
輪ゴムを2本つなげます底側の輪ゴムの様子口側の輪ゴムの様子耳ギターの完成(制作の手順)
①手順は上のミミギターと同じです。 

②輪ゴムは、左の写真のように2本をつなげて長い1本にします。

※輪ゴムが長くなり張りがゆるくなった関係で、輪ゴムを弾くと低音が響きます。


イラスト   シリコーンラップの太鼓
(材料・道具) 
 100円ショップの台所用品のところで売っているシリコーン伸びラップ・ゴミ箱・ビニールテープか布ガムテープ
シリコーン伸びラップLラップを貼った様子(制作の手順)
①シリコーンラップをゴミ箱の口に当てて伸ばします。4カ所位をテープ等で仮止めします。

②上と下・右と左というように対角線上にラップを伸ばして仮止めしていきます。

③ほぼ均等にラップが伸ばせたら、仮止めした上にしっかりとテープ等を巻いてシリコーンラップを固定します。これで完成。


(※シリコーンラップは強い力で引っ張っているのではずれやすいです。ビニールテープか布ガムテープでグルグル巻きにしてはずれないようにします。


イラスト マグネットのコロコロスライダー
マグネットバンド(材料・道具)
 100円ショップで売っているホワイトボード・マグネットバンド(左の写真)・ビー玉、はさみ
  
はさみでマグネットバーを切りますマグネットバンドを適当な長さに切りますコロコロスライダーの完成(制作の手順)

①マグネットバンドを適当な長さにはさみで切ってホワイトボードに貼っていきます。

②ビー玉を転がしてみながら、バンドの長さや傾きをかえてみます。
 


イラスト   箱メガネ
パン屋さんというなの容器ウルトラ多用途ボンド(材料・道具)
 100円ショップで売っている容器で「パン屋さん」というもの・透明のアクリル板(210円)、アクリルカッター、定規、サインペン、のこぎり(できれば、ホームセンターで売っているクラフトのこ)、紙やすり、ウルトラ多用途ボンド
 
容器の底をのこで切り落とします底の部分を切った様子ウルトラ多用途ボンドでアクリル板をはりつけます透明のアクリル板が付きました箱めがねの完成(制作の手順)
①「パン屋さん」の容器の底をクラフトんこ(のこぎり)で切り落とします。

②切り落とした部分は、滑らかにするため紙やすりか布ヤスリで磨きます。

③アクリル板を蓋側の口の大きさに合わせてアクリルカッターで切ります。

④ウルトラ多用途ボンドでアクリル板を蓋側の口に貼り付けます。重しになる本等を乗せて一晩おいたら完成です。 


※川の中に透明のアクリル板を貼った方を下にして沈め、容器の口側から川の中をのぞきます。
イラスト   簡単な箱メガネ
(材料・道具)
 透明タイプのビニール袋、空き缶か100円ショップで売っている容器、はさみ、輪ゴムかビニールテープかガムテープ
 
(制作の手順)
①空き缶か100円ショップで売っている容器の底を切り落とします。空き缶の場合は、缶切りで切ってから切り口をトンカチで叩いて管の内側に折り曲げるようにします。

②ビニール袋を底を切った缶等の容器の底にかぶせて、袋がはずれないようにビニールテープを巻くと完成です。(ビニール袋は底にピントなるように貼ります。)


イラスト   安全コロコロボール
(材料・道具)
100円ショップのダイソーで売っている結束バンド・幼児や赤ちゃん等の安全の為のクッション材、定規、サインペン、はさみ 
クッションの真ん中に線を引きますはさみできります(制作の手順)
①クッション材の真ん中にサインペンで印をつけて、ハサミで切ります。4本を2等分していきます。

②切って2本になったクッション材を挟んで1本の円柱状にします。(クッション材には、接着テープが初めからついています。)

結束バンドで締めて完成十字型に1本追加十字型にします③初めに作った1本にだいたい直角に交わるように2等分したクッション材を上下に貼って、離れないように結束バンドでしめます。

④同じようにして、右の写真のような形にしていきます。これで完成。


※体育館のような室内で、ボールのように蹴って遊びます。


  ボタンのブンブンごま
ダイソーで売っているボタン(材料・道具)

大きめのボタン、糸か細いたこ糸、はさみ 
ボタンのブンブンコマ穴に通すたこ糸の位置(制作の手順)
①糸の長さを50㎝位にします。

②ボタンの穴(対称になる位置の穴2個)に糸を通します。

③糸を結んで完成。


※ひもの端を両手で持ってボタンを回転させるときに、できるだけクルクル回しておきます。その後、両手を広げる・元に戻すを繰り返すとうまく回転してくれます。(穴と穴の位置が近いので、普通に回そうとするとうまくまわらないので・・・。) 


イラスト  紙のホイッスル
(材料・道具)
 牛乳パックか100円ショップのダイソーで売っている厚紙、定規、ペン、はさみ、セロテープ
 
紙のホイッスルの寸法図牛乳パックに線を引いたところハサミで切り取った様子定規を使って折ります(制作の手順)

①右の図のように紙に寸法をかきこみます。

②ハサミで切ったら、定規を使って点線の部分を折っていきます。



折り曲げたらセロテープで固定吹き口は少し開けますペン等で丸みをつけます③セロテープで折った部分を貼ります。息が入るように少し隙間ができるようにします。

④線を引いてない右側の長い方は、右の写真のようにペン等を使って丸みをつけます。

吹いている様子笛の持ち方⑤人差し指と親指で丸みの付いた部分をはさむように塞ぎ、折り曲げた部分の口の所に息を吹き付けて音を出します。

⑥吹いてみて、息を入れる部分の隙間や丸みの付いた部分を調整します。 


    針金の髪飾り
(材料・道具)
100円ショップ(ダイソー)で売っているアルミの針金(太いものと細いもの)、ビニールテープ、はさみ、ペンチ
 
針金の髪飾り針金の髪飾り針金の髪飾り(制作の手順)
①どんな形にするか簡単な絵を描きます。

②その絵を見ながら針金を曲げていきます。

③針金の両端はペンチで切ると鋭利になるので、そこにはビニールテープを巻きます。

④頭に合わせてみて、頭から落ちないように曲げて調整します。飾りが頭にフィットすれば完成。


  イラスト   ペットボトルの弓矢
(材料・道具)
 ペットボトル、輪ゴム、ストロー、ビニールテープ、千枚通しかきり、菜箸、ペン、ドライバー、はさみ
千枚通しでペットボトルに穴を開けます穴を広げますボールペンで穴を更に大きくsます穴はストローの太さより大きくします(制作の手順)
①左の写真のように、ペットボトルに輪ゴムをかけ、穴をあける場所を決めます。
 
 左右に穴をあけるので、輪ゴムがかけてあると位置がわかりやすいです。
 この輪ゴムは、後で弓になるストローをひっかけて飛ばす際に使うので、そのまま残します。

②左から2番目の写真のように、千枚通しで穴をあけます。菜箸を通して穴を大きくします。左右の穴の位置ができるだけ同じ位置になるようにします。位置が余りずれていると弓矢になるストローがスムーズに動きません。

③千枚通しであけた穴は小さいので、菜箸やプラスのドライバーやボールペンなどで穴を広げます。(ストローが余裕で通る大きさの穴にします。)

ビニールテープをストローの前側に巻きます輪ゴムを引っかけやすくする切り込みを入れます矢を打つときの様子横から見た様子④左から2番目の写真のように、ストローは輪ゴムをかけるところに切り込みを入れ、ビニールテープを巻いて補強します。また、先端の方も左の写真のようにビニールテープを巻いて少しだけ重くします。

⑤ストローを穴に通し、輪ゴムにかけたら手前に引きます。ストローから手を離せば、ビューンと5~6m飛んでいきます。
 


イラスト    ペットボトルのふたのコマ
(材料・道具)
 厚画用紙、ペットボトルのキャップ、定規、千枚通し、ペン、コンパス、ボンド、楊枝 
キャップの中心に穴を開けますキャップにボンドを塗ります(制作の手順)
①ペットボトルのキャップの中心に千枚通しで穴をあけます。後で楊枝を差し込むので、穴は小さめで。

②楊枝をキャップの穴に通します。




厚保画用紙にコンパスで円を描き挟みできrます円盤の中心に小さい円を描きます線を引きますはさみで切った部分を折り曲げていきます③厚画用紙にコンパスで円を描きます。はさみで切って円盤にします。(立体コマにする場合は、円盤の中に小さな円を描いておきます。)

④立体コマの場合は、定規で右の写真のように線を引きます。円盤の外側から小さな円に向けてはさみで切り込みを入れます。




羽になる部分の折り方は自由ですキャップを貼った様子回転する立体コマ⑤キャップにボンドを塗り円盤の中心に楊枝を差し込みます。キャップは円盤の表側に貼っても裏側に貼ってもOKです。


※立体コマは、回転すると写真のように見えます。


イラスト   紙筒飛ばし 
(材料・道具)
 トイレットペーパーの紙の芯、丸棒、のこぎり、輪ゴム、必要に応じて折り紙とのり、ビニールテープ
輪ゴムを棒にかけます紙筒飛ばしの構造(制作の手順)
①丸棒をのこぎりで10㎝位切ります。

②輪ゴム2本をつなげます。(輪ゴムの中に別の輪ゴムの輪を引き戻して1本にします。)

全体像ビニールテープを巻きますのこぎりで切った溝に輪ゴムをかけます③10㎝くらいに切った丸棒を輪ゴムに取り付けます。

④長い方の丸棒の先端をのこぎりで少し切って溝を作ります。

⑤輪ゴムの真ん中辺りを丸棒の溝を切ってあるところにひっかけ、それが取れないようにビニールテープをぐるりと巻きます。

棒の先端から紙筒を入れます全体像⑥紙の芯を丸棒の先端から入れ、輪ゴムのついた短い丸棒を手前に引いて手をはなせば10m近く飛んでいきます。
 

トップページへ