☆☆ヘラサギの嘴


ヘラサギの嘴
ブラジルのあやとりです。
C. Whan 氏がブラジルのカラジャ族(Karajá)から採集しました。最近は「キャンディ包み」とも呼ばれているそうです。[90]
取り方は示されていません。この取り方はわたしが復元したもので、オリジナルと異なるかも知れません。
  1. 仰向けのペッカリー」の1~7を取る。
    1. 人差指の構え。
    2. 人差指で小指向こうの糸を取り、小指の糸を外す。
    3. 小指を下から人差指の輪と親指の輪の間に入れ、人差指手前上の糸を掌に押さえる。
    4. 親指で人差指向こう下の糸を取る。
    5. 人差指上の糸を外す。
    6. 人差指と中指を親指の輪の中へ上から入れ、親指から斜め下に走る糸を持ち上げて、水平に走る糸をつまみ、向こうへとひねって取る。
    7. 親指の糸を外す。
  2. 親指を下から人差し指下の輪の中に入れ、小指手前の糸を取り、小指の糸を外す。
  3. 小指で親指向こうの糸を掌に押さえ、親指の糸を外す。
  4. 人差指でナバホ取りする。
wyrare juhute ("Spoon Bill" Bird's Beak)Reru: String Figures of the Brazilian Karajá Indians 1996-98 — p.plate 4[90]