☆☆☆山間の月


山間の月
イヌイットのあやとりです。
D. Jenness 氏が採集しました。プリンスオブウェールズ岬では、このあやとりを「山間から昇る太陽」と呼び、同じ場所の別の先住民は「太陽のある山」と呼んでいました。しかし、バローや内陸(コルビル川)の原住民は「月」「2つの山頂の間から昇る月」と呼び、さらに東のマッケンジーデルタやコロネーション湾では「山間の太陽」と呼んでいました。 [19]
  1. 左人差指に糸をかけ、2回糸を巻きつける。
  2. 右人差指を左人差指背の根元から入れて3本の糸を取り、親指を大きな輪の中に入れる。
  3. 人差指を手前からひねって向こうへ向け、左右に手を広げる。そのとき、親指に糸がかかる。(ここまで「ナバホの構え」で糸を二重にしたものとほぼ同じ)
  4. 中指薬指小指を人差指の輪の中へ下から入れ、人差指手前の糸と親指向こうの糸を掌に押さえる。
  5. 人差指で親指手前の糸をむこうへとひねって取り、親指の糸を外す。
  6. 親指で、掌から人差指手前の糸へ走る手前の斜めの糸を取る。
  7. 中指薬指小指を放す。(糸は強く引かない)
  8. 中指薬指小指を人差指の輪の中へ下から入れ、人差指手前の糸と親指向こうの糸を掌に押さえる。
  9. 5~8をもう一度行なう。
    1. 人差指で親指手前の糸をむこうへとひねって取り、親指の糸を外す。
    2. 親指で、掌から人差指手前の糸へ走る手前の斜めの糸を取る。
    3. 中指薬指小指を放す。(糸は強く引かない)
    4. 中指薬指小指を人差指の輪の中へ下から入れ、人差指手前の糸と親指向こうの糸を掌に押さえる。
  10. 人差指で親指手前の糸をむこうへとひねって取り、形を整える。
The Moon Between the MountainsEskimo String Figures — p.148[19]
The Sun and MountainsEskimo String Figures and Their Origin — p.40[42]
Seqinerjuk (I) (Le soleil)Les Jeux de Ficelle des Arviligjuarmiut — p.79[45]
山の日の出あやとり(大陸) — p.69[72]
山間の月世界あやとり紀行 — p.37[80]
山間の日の出あやとり — p.7[84]
Moon Between the MountainsString Figure Magazine Vol.3, No.4 — p.21[88]
The Moon Between the MountainsEskimo String Figures 1924 — p.206[90]