朝・ナイフの砥石


朝・ナイフの砥石
フィジーやソロモン諸島、パプアニューギニアなどのあやとりですが、各地に同じできあがりのあやとりがあります。
フィジーでは「朝」、ソロモン諸島では「ナイフの砥石」、パプアニューギニアでは「火」と言います。
次のあやとりとできあがりが同じですが、取り方は皆異なります。
  1. 人差指の構え。
  2. 親指を下から小指の輪の中に入れ、親指を向こうから下へ回して小指向こうの糸を取る。
  3. 小指の糸を外す。
  4. 中指薬指小指を下から人差指の輪の中に入れ、人差指手前の糸を掌に押さえる。
  5. 人差指を上から親指の輪の中に入れ、人差指を下から向こう回して親指向こうの2本の糸を人差指の輪の中を通して取る。
  6. 中指薬指小指で押さえている糸を放す。
The Sugar CaneString Figures from New Caledonia and the Loyalty Islands — [16]
LalakaiString Figures from Fiji and Western Polynesia — [22]
Ratiaha (Stone for Sharpening Knife)Solomon Islands String Figures — [45]
Taro PatchString Figures from New Caledonia and The Loyalty Islands — [50]
Wala Yila WuaString Figures from Pukapuka — [52]
Doga (Fire)Some string figures from Papua-New Guinea — [82]
FireString Figure Magazine Vol.5, No.3 — [89]
Tuera (string figure which springs open)String Figures of the Austral Islands 1921 — [91]