☆☆オウ族の顔の文様


オウ族の顔の文様
西アフリカのあやとりです。
J. Parkinson 氏がナイジェリアのヨルバ人(Yöruba)から採集しました。すべてのヨルバ人には顔に文様があり、それはそれぞれの部族特有のものでした。このあやとりはオウ族(Owu)の文様を表しています(☞ Yoruba tribal marks)。[8]
E. M. Smith 氏はコンゴで「魚網」として採集していますが、少し糸のからみ方が異なります。[94]
J. Hornell 氏はシエラレオネのテムネ人(Temne)から「下書き板」として採集しました。[26]
  1. 人差指の構え。
  2. 人差指の輪の中にすべての指を下から入れ、人差指の輪を手首に落とす。
  3. 左手で右親指向こうと右小指手前の糸をつまみ、右人差指と右小指から外す。
  4. 右手首を向こうから下手前へと1回転ひねる。
  5. 左手で持っている輪を右人差指と右中指に戻す。
  6. 左右を読み替えて3~5を行なう。
  7. 手首の糸を人差指と中指にかける。
  8. 親指で下から中指向こうの2本の糸を押さえる。
  9. 薬指で上から人差指手前の2本の糸を取る。
(No name ascertainable)String Figures and Tricks from Central Africa — [7]
Ke Ke O'lowu (the face mark of the town of Owu)Yöruba String Figures — [8]
Ke ke o'lowu (The Face Mark of the Town of Owu)Cat's Cradles from Many Lands — [10]
Kabunka (the Draughts Board)String Figures from Sierra Leone, Liberia and Zanzibar — [26]
Wanda II (The Net Trap)Some String Figures from North East Angola — [36]
Moja (Fishnet)String Figures from the Congo 1910-14 — [94]
Young Four-Striped Tree SquirrelPangwe and Bubi String Figures 1907-09 — [98]