鶴の巣


鶴の巣
インド西部のあやとりです。
J. Hornell 氏がインド西部グジャラート州で採集しました。[31]
次のあやとりとできあがりが同じですが、取り方は皆異なります。
  1. 人差指の構え。
  2. 親指の糸を薬指に移す。
  3. 親指を下から人差指の輪の中に入れ、薬指の輪の上から小指手前の糸を取り、小指の糸を外す。
  4. 人差指の糸を外す。
Bagli-no-kotho (the nest of crane)String Figures from Gujarat and Kathiawar — p.156[31]