正誤情報


5章

p109(扉),「CSS properties for visual media in」→「CSS properties for visual media in detail」。これはDTPさんとの意思疎通の失敗です。(武井様にご指摘いただきました)

致命的なミス。p110,表番号の無い表の「ページ区切り」の説明,「ある(continuous),ない(paged)」→「ある(paged),ない(continuous)」。これ,説明が逆なんです。ごめんなさい。(内田様にご指摘いただきました。ありがとうございます。)

ちなみに,p110の同じ表の「画素」も,たぶん説明不足で意味が伝わらないでしょう。「グリッド」は文字端末でいいとして,「ビットマップ」とは…今時の普通のMS-WIndowsシリーズやMacやXのことです。文字に限らず,すべてのものをビットマップ画像として表示する表現形式のことです。文字のサイズが非固定のもののことです。

p111,はじめの四角の最後の行,ダブルクォーテーションの表記が見にくい。「""」→「" "」。

p115,第2段落「ところが,」→「仮に,」。元の文章だと,文の進行方向がおかしい。

p117,ダブル・クォーテーションとシングル・クォーテーションの表記が見にくい。「""」「''」→「" "」「' '」に変更。

p120,表の3つ目,「bule」→「blue」

p120,最後の行,「子要素文字サイズが」→「子要素文字サイズが」

p134、図の図版号が5-7になっているが、5-10に。←1999年12月26日追記。

p137,本文中の図5-13→図5-14

p147,図5-19のキャプション,「比率を守った引き延ばし」→「一定比率の引き延ばし」…ううん,まだ変かな。どうしましょう。(“さいとてつや”氏にご指摘いただきました。ありがとうございます。)

p149,Tipsの3行目,「HTMLのBR要素のスタイルシートのCLEAR属性は,」→「HTMLのBR要素のCLEAR属性は,」。

致命的なミス。p154,表5-9のgeorgianについて,「ジョージア式」→「グルジア文字」です。「an,ban…」というのは,その文字のイロハの読み方だそうです。また,cjk-ideographicですが,「象形文字」→「漢数字」です。また,この表の「〜式」という表現は,すべて「〜文字」に改めた方が適切です。(石川様,内田様,中山信一郎様にご指摘いただきました。ありがとうございます。)

ついでに,p154の表の後の本文,「goergian」→「georgian」。この読みミスがすべての間違いの始まりです。恥ずかしい。また,ラストの「イギリスのジョージア王朝のことでしょうか?」という一文は,トル。

同p154,表5-9のキャプション,「list-type-style」→「list-style-type」。(石川様,武井様にご指摘いただきました。)

p157,Tipsの「:befor」→「:before」。(武井様にご指摘いただきました)


ページ数がわからないけど、「図5-23 compactの適用例」。

UL.NAME{display: compact} <UL CLASS="NAME BEATLES MENBER"> <LI>John <LI>Paul <LI>Ringo <LI>George </UL>

MEMBERが英語として正しいスペルです。(堀田さんよりご指摘:ありがとうございます:2005年5月29日)



ご意見ご要望及び苦情はE-MAILにて

e-mail to : jy3k-sm#!#!asahi-net.or.jp