title 空気圧が大切

 
 前は数年に一度しかないタイヤ交換の話だったけど、今度はもっと身近でもっと燃費と安全運転に直接的な話だ。普段見逃しがちだけれど、すごく重要でとっても簡単な話だから、ここはちゃんと読んで欲しい。
 
 まず第一にタイヤのトレッド(溝)の深さ。ここでは燃費のことを言うつもりはない。トレッドが磨り減ったらとにかくタイヤを替えること!その目安はタイヤメーカーが示しているとおり、スリップサインが出たときでいい。磨り減ったタイヤは何があっても使ってはならない!なぜかって?危ないからさ。タイヤが減ってくるとどうしてもグリップが低下して、走る・曲がる・止まるの性能が落ちてくる。磨り減ったタイヤの方がドリフトが楽しめていいと言う人もいるだろうが、ツルツル滑るタイヤでちゃんとクルマをコントロールできる人ってなぁそうそういるものじゃない。いるとしたらクルマのことをちゃぁんと分かっている人だから、グリップの良いタイヤを履くはずだ。そもそもバーストしたら一巻の終わりだからね。
 
 磨り減ったタイヤの方が地面との摩擦が少なくて燃費が良くなるじゃないかと思う人もいるだろうけど、そんなタイヤでは加速時もトラクションをうまく地面へ伝えられずに燃費も悪化するように思う。もし実際にタイヤが減ることで燃費が向上するとしても、燃費なんて安全を犠牲にして成り立つもんじゃない。もし勘違いをしている人がいたら困るけど、エコ運転は安全運転が前提にあるんだ。そこんところを間違わないで欲しい。
 
 次にこれがとっても重要なんだけど、タイヤの空気圧って調べてる?あぁやっぱりこの話かって人も多いだろうけど、中には調べ方も知らない人がいるかも。どんなことでも基本を疎かにしていると手痛いしっぺ返しが来るんだよ。なんとなくクルマの動きが不自然だったり、カーブを曲がるとき怖いような気がしたら、この空気圧を調べてみるといい。呆気なく直っちゃうんだから!
 
 ではどうして空気圧が重要なんだろうか?まずは適正圧より低すぎる場合を考えてみよう。空気圧が低いってことは、タイヤが地面にベッチャリひっついてしまっているということ。路面の振動は確かに吸収してくれるので、乗り心地の低下は少なく感じられるかも知れない(限度有り!)。しかし、地面との摩擦が増える分は確実に燃費が悪化する。それだけではない!クルマが曲がるとき、タイヤは回転方向とタイヤ自体の方向との狭間でどうしても捻れてしまう。このこと自体はあまり悪く考えないでほしい。タイヤが捻れることによってコーナリングフォースが発生し、車が曲がることが出来るのだから。ただ、この捻れが大きすぎるとコーナリングフォースの感覚がダルになり、ステアリングを戻しているのにまだタイヤは外に向かって捻れており、アンダーステアの感覚を呈するようなことになる。こんなことを感じるって時には実際にアンダーが出かかっているようなもんだから、車自体不安定になるんだ。カーブを曲がっている最中に車が不安定になったら、大抵の人は、どうしていいか分からなくなっちゃうよね。とにかく無茶はしないのが一番だから、空気圧の補充ぐらいはしておこう。
 
 次に空気圧が高すぎる場合だけど、これは367も時々やってしまう。風船の空気が一杯入っていればボンボン跳ねるよね。それと一緒でタイヤの圧が高ければ、路面からのショックをそのまま跳ね返してバンバン跳ねる。車全体としてはゴツゴツしたかたいタッチだ。それでもグリップが低くなって路面との摩擦が少なくなれば、燃費の向上が望まれるのは確かだけど、度を超してはどうしようもない。グリップが低すぎて加速時に不安定だわ、ちょっとしたことでタイヤが滑り出すわ、少しの段差でボコボコ跳ねるわで良いことナシ。過ぎたるは及ばざるが如しって言葉そのままの感じだわ。
 
 適正空気圧を守るのが良いと言っても、どうしたらよいのか分からない人もいるだろう。でも簡単、ガソリンスタンドに寄ったときに「空気圧見てもらえますか?」と言えばそれでいいのだ。なんぼにあわせたらいいのかはドアに書いてあるから、スタンドのおっちゃんに任せておいても問題ない。高速に乗るときには「高速走るので…」と一言添えればそれでOKだ。ただ、ドアに書いてある空気圧はタイヤが冷えているときの数値だから、高速道路を600km走ってすぐとかだと悲惨なことになりかねない。そこら辺のことは臨機応変でちゃんとスタンドのおっちゃんに伝えよう。時々空気圧点検が有料のスタンドがあるけど、それは皆さんの判断に任せます。なにも毎回毎回調べなくちゃならないわけでもなし、好きにしてヨ。本当は自分専用のゲージ(2000円くらい)を用意して自分で測ってみると一番よく分かるけどね。
 
 もう一つ、あまり知られていないことがある。それは、左右のタイヤで空気圧が異なるとタイヤの回転が不均一になり、ステアリングは真っ直ぐ向けているのに車がだんだんと右や左へ流れてしまうことがあるってことだ。そうなると当然運転にも支障を来してくるよね。空気圧を見てもらえばなおることだし、大した手間じゃないんだから、これくらいの不具合は是非とも避けておきたい。
 
 これでガソリンスタンドへ寄った際に「空気圧見てよ」って言う人が増えてくれたら嬉しいなぁ。
 
title