title 静かに停まるには

 
 市街地などを走っていると、信号や渋滞などでストップ&ゴーの連続。走っているときはスムーズだけれど、ブレーキを踏んでクルマが完全に停止するときにカクーンとショックを感じることはないだろうか。自分ではかなりスピードを落としているつもりなのだが、いざ停まってみるとカクン。クルマはスピード感をあまり感じないから、ゆっくりになったつもりでも意外と速く動いている。運転の上手い下手の見分け方はいろいろあるが、ショックを感じさせずに減速・停止できれば、助手席の人に安心感を与えることができ、少なくとも下手ではないと思ってもらえる。これって実は安全に楽しくドライブする上でとても重要だと思う。ではそんなに難しいテクニックなのかと言えばそんなことはない。理屈がわかれば至って簡単、誰にでも出来る。スムーズなストップ&ゴーをマスターして、ポイントを稼いでほしい。
 
 まずはカクンとなる仕組みから考えてみよう。自動車としてひとかたまりに考えるとボディとタイヤは一体だが、クルマが走るときにはエンジンでタイヤを回すことによってタイヤが前に進み、それによってボディが引っ張られている。そして引っ張られたボディに固定されているシートがドライバーを押すといった感じ。アクセルを急に踏み込んで急加速するとシートに押しつけられるのはそのせいだ。タイヤは地面にくっついているが、ボディは浮いていてタイヤの加減速に応じて前後に引っ張られる。こう考えてみると後の理解がしやすいだろう。
 走っている状態からブレーキを踏んでスピードダウン・停止するまでを表したのが左のアニメ。ボディもドライバーもタイヤから離れることなどできっこないので、タイヤの位置を基本にしてボディの動きを考えてみよう。 一番最初の状態はブレーキをかけ始める瞬間。いわゆる定速走行の状態なので、タイヤが進んだ分だけボディも進んでいる(矢印の長さは同じ)。
 
 次の状態からブレーキが効いてきているのだが、当然のことながらブレーキとはタイヤの回転を止めるシステムだ。だからタイヤの方がボディよりも減速しやすい。実際のことを言えばタイヤは止まろうとするが、ボディは慣性に従って前方にすっ飛んでいこうとする。しかしタイヤから離れることができないので、前につんのめった形でタイヤに後ろへ引っ張られて減速する。急ブレーキをかけると前方に放り出されそうなのを考えてみれば分かりやすい。
 
 今回問題にしているのはゆっくりと減速している場合だけれど、クルマに起きていることはスピードによらず同じこと。ブレーキをかけ始めてから止まるまで、ボディはタイヤよりも前に出ようとし続ける。3つ目のようにもうタイヤが止まりかけても、4つ目のようにタイヤが止まってしまってもボディは前のめりになろうとする。その結果、前進力を吸収出来る限り前へつんのめった後で、アニメの最後の状態のようにタイヤ上部のあるべき位置まで後ろに揺り返されるというわけだ。
 
 これは意外なことに、低速の緩やかな減速をする場合にも起きてくる。なぜかというと先ほど述べたように、減速中はボディが少なからず前のめっているから。停止する瞬間だけ前のめりになるわけではないので、タイヤが止まった後にボディが前に出ている分だけ揺り返しが起こるのは当たり前のことだ。アニメでは最後になってつんのめったようになっているが、減速をし始めたときから前のめりは始まっていると考えた方てもいい。もちろんボディがほとんど前に出ないほどゆっくりと減速していくという方法もないではないが、そんな非現実的なことは考えても仕方がないので省こう。
 
 ゆっくり走っても、緩やかに減速しても結局は起きる揺り返し。じゃぁどうしようもないと諦めるなかれ、非常に簡単な方法で克服できる。その方法を下の簡単なアニメにしてみた。
 
 最初の3つまでは上のアニメと全く同じもので、違うのは4つ目からだ。先ほど説明したとおり、揺り返しはボディがタイヤよりも前に出ようとするから起きる。そしてその作用はブレーキをかけてタイヤを止めようとする限り続き、避ける方法はない。だが、つんのめりは避けられなくても揺り返しは避けられるのだ。
 
 皆さんも実感としてお持ちだろうが、不快なのは前へのめることよりも後ろに揺り返されること。特にゆっくりとした減速の時には多少前のめりになっても気づかないほどだ。それではどうしたら揺り返しを防げるのか?答えは簡単で、タイヤが止まってしまったときにボディが前に出ているから、タイヤの上に戻ろうとする。それならばタイヤが完全に止まってしまい、揺り返しが起こる瞬間にタイヤを前に出してやればいい。具体的にはブレーキをかけてスピードを落とし、揺り返しが起きるなと感じたらブレーキを少しゆるめてタイヤが止まるのを少し遅らせればいい。ほとんどスピードを殺せていればショックもなく停止できるので、そうしたらブレーキを強く踏み込んでやる。タイヤが転がる距離はほんの数センチだろうが、揺り返されるのも同じくらい微少なものなので充分効果がある。数回試してみればすぐにマスターできるので、今までどうしてもうまくストップできなかった人は是非試してほしい。
 
 このワザはどんなクルマでもできるけれど、ATのクルマ、特にクリープの強いクルマだと意外と難しかったりする。これはテクニックに問題があるのではなく、クルマの特性として仕方がないということだ。なぜかというと、クリープ現象を起こす駆動力はいつでも働く。そのためいざブレーキをゆるめたときに勢いがつきすぎ、せっかく殺したボディの前進しようとする力が再発生することがあるからだ。ATで静かに停止するにはブレーキを強めに踏んで、クリープによる前進を起こさせない微妙なゆるめ方をしなくてはいけない。クルマにもよるけれどいろいろと試してみてほしい。
 
title