title 車間距離考-最低限の車間距離

 
 道路を走る上で非常に重要なんだけれども、あまり重視されているようにも思えない要素、車間距離。警察もスピード違反や駐車違反、シートベルトや右左折などの取り締まりはよく行うくせに、どんなに車間を詰めて走っている車がいても、取り締まっているところなんて見たことがない。しかしこれは大いに間違っている。安全性・経済性を考えるならば、車間距離が最も重大な要素なのだ。「車間距離が大切」と言われれば、大概の人は「前の車との車間を十分にとれって言うんだろう」と思うだろう。それはそのとおりなのだが、ここではもう少し掘り下げて、実際の状況に即した考察をしてみよう。
 
 前の車にピッタリついて走るドライバーは、運転が下手である。
 
まず最初にこれだけは明言しておく。走っている流れの密度によっては十分な車間をとれない場合もあるが、そうでもないのに前の車のすぐ後ろを走ろうとするドライバーは、確実に運転が下手だ。これには例外はない。自分ではどう思っているか知らないが、100%下手だと思って間違いない。運転免許証とは「公道を車で走行する」ことを許可するものであり、「自動車を動かす」免許ではない。それゆえ未成年でもサーキットなどをカートやバイクで走ることができるわけだ。つまり、自動車を動かす技術がどんなに優れていたとしても、公道を走るということを理解できないドライバーは、下手くそ以外の何者でもないということ。このことを踏まえた上で、最低限確保すべき車間距離について考えてみることにしよう。
 
 はじめに最も大切なフルブレーキング時のことを考えてみる。急ブレーキを踏んでからどれくらいの距離で停止できるか(制動距離)は、車の性能や荷物の積載状況によって異なるが、とりあえず分かりやすいようにブレーキ性能は全く同じであると仮定する。制動距離を考えるので、便宜上2車線にしてアニメーションさせているが、実際には赤い車の後ろをシルバーの車が走っていると思ってほしい。
 
 まずは2台の車が同時にフルブレーキングしたとしよう。
 
 
走ってきて、2台とも一番左の位置でブレーキをいっぱいに踏みつける。ブレーキ性能は同等と仮定しているので、当然のことながら両車の間隔はそのままの状態で、同時に停止する。理屈としては、前の車と同時かもしくは早く、同等か強いブレーキを効かせられれば、車間距離がたとえ1cmであろうとも追突はしないことになる。ただしあくまでも「理屈としては」だ。問題はどのようにして前の車と同時にブレーキを踏むか。急ブレーキに限らず、いつ前の車がブレーキを踏むか正確に分かる人はいまい。いるとすればそれは神だ。いきなりブレーキを踏んでファミリーレストランに入っていくような車にあわせて減速するなんて芸当は到底不可能だろう。そもそも後ろから見えるのはブレーキランプが点くことだけだから、それが緩やかな減速なのか急ブレーキなのか、一瞬で判断することは出来まい。ブレーキランプを見たらとにかく急ブレーキをかける人はいないだろうし、いたら非常に危険。しかもブレーキを踏み込む前に、足をブレーキペダルに乗せるという動作も必要となる。判断と同時にブレーキを踏み込むことなんて不可能だ。
 
 また、先の信号や道路の状態からある程度予測することは可能だが、そのためには先の状況が見えていなくてはならない。しかし車間距離が短ければ短いほど、前の車は視界の大部分を占めるようになる。背の低い車や小さい車ならまだ前を見通すことができるかも知れないが、この頃はミニバンやRVといった背の高い車が多くなった。また、リヤウィンドゥにスモークフィルムが貼ってあると、前の車の車内を通して前方を確認することもできない。大型のトラックやトレーラー、バスなどのすぐ後ろを走ろうものなら、視界にはいるのは前の車のリヤ部分だけ。こんな状態で前方の道路状況を確認することなど不可能だし、当然前の車の動きを予想することも出来ない。そもそも道路を走行するときには、前の車のリヤではなく、その1,2台前の車を見ながら走るものなのだ。
 
 危険回避の行動とは、まず危険があることを目で見て確認し(認知)、危険の対処法を考え(判断)、それに従って車を動かす(操作)という一連の流れである。経験を積めば素早く危険を察知出来るようになるし、対処も瞬間的に行うことが可能かも知れない。しかし運転というのは一瞬一瞬の積み重ねであるから、いつでも最速の動作が出来ると考えるのは非常に危険だ。これまで車間を詰めて走っているのに事故を起こしたことがないドライバーは、ただ単に前の車が急ブレーキするような事態にならなかっただけだ。ゆっくりとしたブレーキならば、急激に車間が縮まらないので助かってきただけのこと。急ブレーキを踏むような緊急事態は突然やってくるものだ。前の車と同時にブレーキングできるなんてことは、ただの絵空事でしかないと認識しておいてほしい。
 
 次に、最低限どれくらい車間を空ければいいのか考えてみよう。一般に危険を認知、判断して実際にブレーキを操作するのには1秒かかると言われている。ドライバーにもよるが、下手な人ほど長くなってしまう。いずれにせよ認知してから回避操作をするまでの間は、車は走っていたそのままのスピードで空走してしまうということだ。
 
 
上のアニメーションでは、最初の段階で前の車(ここでは上の赤い車)がブレーキをかけているのだが、そのときはまだ後ろの車はブレーキを踏んでいない。およそ1秒経ってからようやくブレーキングを開始している。ここでもブレーキ性能は同等と仮定しているので、ブレーキを踏んでから停止するまでの距離はどちらの車も同じ。違うのは、シルバーの車はブレーキを踏み始めるのが遅れているため、停止するまでに長い距離走っていることだ。このブレーキングまでに走ってしまう距離を空走距離と呼ぶ。そしてはじめは広い車間があったにも関わらず、結果的に停止位置は前の車の直後まで迫ってしまう。言い換えれば、最低でもこの空走距離に相当する車間は空けておかないと、ブレーキで停まりきることが出来ず前の車に突っ込んでしまうということだ。
 
 では空走距離だけ車間を空けていればいいのかと言えばそうでもない。確かに前の車がちゃんと止まれれば助かるかも知れないが、下のアニメーションのように前の車が途中でクラッシュしてしまえば、同じように突っ込んでいってしまう。
 
 
実はこのアニメは、その上のアニメの途中で青い車が変な風にスピンして障害物になっているだけだ。前の車が止まるべき地点まで進む余裕がないのなら、その後ろを走るシルバーの車も前車のリヤに突き刺さる。便宜上このアニメでは別車線にしているが、本来赤とシルバーは同じ車線を走っていると想定しているから、よくある玉突き事故はこのパターンだ。
 
 ならば教習所で習ったように、60km/hならば60m、40km/hなら40m空ける方がいいかと言えば、必ずしもそうではない。なぜならばこの車間距離は、前の車がいきなりその場で爆発して障害物となるような場合に必要な距離だから。しかし前の車だって注意して走っているから、危険を察知した時点でブレーキを踏み、クラッシュするまで何mかは走るだろう。そうでなくても走っていれば慣性が働くので、クラッシュしてから数m吹っ飛んでいく可能性が高い。隕石でも直撃すればどうか分からないが、そんな確率は自分の車に隕石がぶち当たるのと同じくらい低いし、当然注意のしようもない。だからそこまで広い車間を取らないと危険だとは思わない。そもそも一般道でそんな車間をとって走ることなど不可能に近いので、絶対に必要な距離だとまでは思わなくてもいいだろう。
 
 それでは結局、最低限度とるべき車間距離とはどれくらいなのだろうか。よく車間距離は何mなどと言われるが、それは走っているスピードによってコロコロ変わる。それに自動車の性能や荷物の搭載状況、路面の様子などによって制動距離は変わってくるので、何メートルといった捉え方はナンセンス。ではどう考えるか?一番の問題点は空走距離であり、次の問題点は停止以前にクラッシュしないかということ。ならば空走の時間はだいたい1秒間と見て、追突を避けるための予備としてもう1秒間、合計2秒ほど前の車から遅れて走るようにすればいい。やり方は簡単で、道路標識でも看板でも何でもいいから見つけて、その横を前の車が通りすぎてから「0・・・1・・・2」と心の中で数える。時々「1・・・2」と数える人がいるが、それでは1秒しか測っていないので注意しよう。2を数えた後で目印の横を通り過ぎれば、車間距離は最低限確保されているだろう。この方法のよいところは、どんなスピードで走っていても関係ないこと。なぜなら危険を認識してからブレーキを踏むまでに空走する距離と、1秒間流れに乗って走る距離は一緒なのだから。
 
 ただし、空走距離は路面状況に影響されないけれど、その後の制動距離は直に影響を受ける。雨が降っていればどうしても長い距離が必要だし、雪や凍結ならば尚更。また、スピードが高ければより遠くの危険を察知する必要があるので、近づいてから気づくのでは時すでに遅しということもある。状況に合わせて2秒より長めに車間を空けることも必要だ。特に自分は咄嗟の反応に弱いと感じる人は、少し長めにする習慣をつけた方がいいだろう。いずれにせよここで考えたのは、あくまでも最低限度の車間距離。状況が許せば前との間は出来るだけ空けた方がいいのは当然なので、勘違いしないでほしい。
 
 また、60km/hで2秒と言えば33mも走ってしまうし、40km/hでも22m。道路によってはそんな車間をとれない場合もあるだろう。仕方なくもっと詰めて走らなくてはならないこともある。そんなときでも空走の1秒分だけは車間を最低限確保して、あとは前の車の前がどうなっているのか、情報収集に励むより他にない。いつでもブレーキを踏める心構えをしておけばなんとかなることも多いので、前の車のテールランプにばかり注目せず、視点を遠くに置いてドライブすることを心がけよう。
 
title