title 狭い道で行き交うには

 
 今回はホントにこれでもかってくらいベーシックなワザ。いや、ワザでもテクでも何でもないような代物だけど、どうってことない割には役に立つんだよね。「何を今更」って思う人も大勢いるんだろうけど、目から鱗の人もいるだろうから、意外と重要なワザなのである。
  
 数多くの若葉マークの人やペーパードライバーが苦手とするのが、狭い道の行き交い。目一杯壁に寄せなくちゃならないけど、あんまり行きすぎるとバンパーを擦りそうで怖い…。でも一杯に寄ってあげないと通れずに怒られそう…。そんなことしょっちゅうだよね。じゃぁそんな時にはどんな風に動いたらいいのか考えてみよう。中央の黒い点が電柱などの(邪魔者)と思って見てほしい。
 
 まずは遠くから対向車を発見する。とにかく早めに見つけて、なるべく広いところへ止まってしまうのが本当は一番楽でイイ。相手が広いところで止まってくれたなら横をすり抜けるけど、どちらかと言えば自分が止まった方がいい。だって、止まっててぶつけられたら損害は相手持ちになるでしょ。ちょいとセコいけど、自信がないときにはこれが一番。それに相手がおかしな止まり方をされて難儀するよりは、自分がさっさと上手い具合に道を譲った方がいい。でもそのためにはまず、ここでしっかり止まり方をマスターしなくちゃいけないね。
 
 それを踏まえて二つのアニメを見てみよう。まずはダメな例の左から。前方に電信柱があるからその手前で行き交わなくちゃいけない。そろそろと近寄って…と、ここからが間違えやすいんだ。慣れていない人だと、自分が目一杯左側へ行ったらいいと思っちゃう。電柱めがけて走っていって、左が壁にぶつかりそうなところまで行けば、ギリギリ一杯まで寄ったと思うよね。でもそんな時×みたいに斜めに突っ込んじゃってる人が結構多い(特におばちゃん)。見て分かるように、車のお尻は全く寄っていない。このミニカーは全長の短いクーペだけど、なが〜いワゴンだったりしたら状況はさらに悲惨だ。 
 
 ×の状態で、ドライバーの座っている場所と対向車の間は広く空いているし、自分のお尻がどうなってるのか分からないから、どうして相手のあんちゃんが睨んでるのか分からない。失敗するのは左に寄せきれないか、車が斜め向いているのかのどっちかだけど、本当に目一杯左に寄せるには結構長い距離が必要だから、まぁだいたいは車の向きの問題。要するに左へ寄せようと思うよりは、車を道と並行に向けてやった方がいいということだ。
 
 ○のアニメだと、自分と相手の間に余裕を持って行き交うことができる。側溝が空いていたり壁が迫ったりしている場合には、なかなか左一杯に車を寄せるのは難しい。しかし一番大切なのは、自分の車のうち最も右に出ている部分がどこにあるかということ。車が斜めを向いていれば、どうしても自分からは分かりにくい一番後ろが最も右に出っぱってしまう。それを防ぐため、道路に対して平行にクルマを持っていくことが大切というわけ。意外と一杯まで左に寄らなくても行き交いがスムーズになるはずだよ。相手のスペースさえ空けて止まってやれば、今度は向こうの車がこっちの車ギリギリに寄せて通ってくれるだろう。
 
 知ってる人は「なぁんだ、こんなことか」って感じだけど、でも知らなかった人は目から鱗じゃなかろうか。偉そうに367が書いているけど、これって実は教習所のおっさんが教えてくれた中で最も有効なコツ。ってことは、みんなご承知かも知れないなぁ。
 
 あとあんまりオススメはしないけれど、左の△みたいに右側一杯に寄せちゃう手もあるよ。これは対向車が中途半端なところで停止していてくれないと、二台とも同じ方向に逃げてお見合い状態になっちゃうから注意しよう。まぁ右側へならギリギリまで寄せるのも簡単だから、この場合は右側へ寄ることの意志表示をなるべく早くすることが一番肝腎だね。
 
 いずれにしても、左一杯に寄せるのがいともたやすいタンポポ号では、悩むことのない話題なんだけど…。
 
title