title 縦列駐車とは

 
 縦列駐車って厄介だよね。空いている場所を探してやっとの思いで見つけても、後ろの車にせかされてついつい諦めちゃう…なんて人、結構多いんじゃない?確かに難しいし、バックの感覚が重要だから、このページを読んだだけでは縦列駐車がうまくなるかどうかは分からない。でも、かなり楽にはなるとは思う。
 
 まずは縦列駐車の車の動きを見てみることにしよう。黄色いクーペが自分の車で、シルバー二台の間に駐車すると考えてほしい。特に線を引いていないし、一台停まるにはちょっと狭いようだけど、縦列駐車可能な場所ということにしておこう。
 
 まずは駐車する場所を探しながら走っていて、「お、ここに停められる」と思ったら左ウィンカーを出して停まる意志を表す。縦列駐車の時はせめて前の車と並ぶくらいまでは出ていって、車の間を1mくらいは開けておかないとまともに駐車できない。たぶん教習所ではそんな風に習ってきているだろう。はじめから目一杯ハンドルを切って駐車できる人はいいけれど、そうでなければ少し前まで行っておいた方が奥まで入りやすい。そして後ろの車が自分の意志を理解して停止してくれたら、おもむろにバックして所定の位置へ車を動かしていく・・・ということになるだろう。簡単なように書いているが、前の車の最後部や自分の左後ろなどのポイントとなる場所は見にくいし、そもそもバック自体が慣れないと難しい。はじめの位置が悪いと上手い具合に入っていけないこともあるし、後ろに車を待たせているといやでも焦るので、縦列駐車を苦手と感じる人が多いようだ。
 
 しかも、自分では「ここに停まりますよ」と言っているつもりでも、後ろの車が理解してくれるとは限らない。その先を左折するのと勘違いされて、右のアニメのようにすぐ後ろまで詰めてこられて「ハイ、サヨウナラ」なんてことがかなり多い。入ろうと思っていたスペースに入り込まれちゃうなんてのもしばしばだ。
 
 そこで今回のちょっとしたコツの登場となる。はじめに大切なことを書いておくと、縦列駐車は前から突っ込んでも、よほどスペースに余裕がない限りは停められない。タイヤの向きが変わるのは前輪だけだから、頭隠して尻隠さず状態になってしまう。具体的に言うならば、前輪はまっすぐを向いたとしても後輪はカーブの最中だから、道に対して斜めにしか停まれない。自分では奥まで突っ込んだつもりでも、右後ろが車線を走る車の邪魔になってしまうというわけだ。
 
 だからどうしてもバックで入れることになるのだが、それならば必ず左のような姿勢になるということだ。車が流れている車線の上で「バック」「斜め向き」というイレギュラーな操作を行うからこそ縦列駐車は難しい。ならばいかに楽をして左のような状態まで持っていくかを考えてみればいいわけだ。
 
 先ず最初に停める場所を見つけるのはさっきと同じ、というより他に方法がない。そのかわり見つけたら即座に左ウィンカーを出し、減速して寄っていきながら余裕があればハザードに変えよう。駐車する意志さえ表せれば、特にハザードを使わなくても良いけれど、後ろの車が気付いてくれやすいのは確か。でも最初からハザードを出すのはやめといた方がいいと思う。あくまでも緊急用のランプなのだから、前で何かあったと勘違いされる場合もあるし、そもそもウィンカーによる方向指示が出来ない。もし入るのをやめて右ウィンカーを出して本線に合流…のつもりが、追い越していく車に分かってもらえないと、事故になりかねない。神経質だとも思うけど、ちょっと考えた方がいいね。
 
 そして入ることを後続車に伝えてからが左の図。これだけで縦列駐車は一気に楽になる。要するに頭をちょこっとスペースに突っ込んで、「俺の場所じゃぁ〜」と高らかに宣言する。車のお尻が道に残っているから、後続車は停まるか追い越すかするしかない。だいたい車線変更はそうそう出来ないものだから、すぐにどれかの車が停まってくれ、しかも縦列駐車することも分かってもらえているから、動いている最中に車間を詰められることもない。ここでは次の車が停まってくれるのを確認しさえすればOKだ。ただし、後ろの車の急ブレーキを誘発するような止まり方はしてはいけない。あくまでも早めのウィンカー・ブレーキが最重要だ。
 
 ただ、調子に乗って中へ入りすぎてはいけないよ。さっきも書いたとおり、頭から突っ込んでも大概真っ直ぐ停められないんだから。自分の車の左端が前の車の横を抜けて、本線に戻ることが出来るくらいが目安で、それくらいなら程良く後続車をブロックできるはず。
 
  後ろが停まったのを確認したら、先ほどの斜めの体勢を作ろう。今回は前向きに走るのだから楽チンで、前の車との間を適当に取りながら車を斜めに向ければいい。そのまま下がって自分の車の左後ろが道の外側(たいがいガードレールがある)に近くなれそうなら、結構ラフでも良い。斜めを向いたらハンドルを真っ直ぐに戻すのを忘れないようにしよう。
 
 あとは右のアニメのように左前と前の車の間、そして左後ろとガードレールの間を確認しながらハンドル操作する。バックの運転さえ出来れば、これはそう難しくないはず。フロントが前の車を通り過ぎたら目一杯ハンドルを右に切る感じだろうか?このとき、電動ドアミラーならば左のサイドミラーを下に向けて、間を確認するのも良いね。車が真っ直ぐになるように調整し(だいたい後ろの車に近づく)、切り返しと前後進を繰り返して所定の位置まで持っていけばOKだ。
 
 簡単そうに書いているけれど、バックの操作には慣れていないとやはり難しいことには変わりない。でも、バックの位置決めを前進しながら決められるというのはメリットが大きい。知っている人も多いだろうし、蓋を開けてみれば大したことないワザ(367のワザなんておおよそそんなもんさ)だけど、気付いてみるとやけに便利なんだよね。
 
 縦列駐車が苦手という方は、文を読むよりも図を見て車をどんな姿勢にすればいいのかだけ掴んでもらったら分かりやすいと思う。あとはイメージに合わせて車を移動させればいい。車の大きさによって多少違うけど、これで少しでも楽になってくれるといいなぁ。
 
title