title アウトインアウト

 
 スローインファストアウト同様、アウトインアウト(out-in-out)もモータースポーツで基本とされるテクニック。高いアベレージを保ちつつカーブを抜けるためのもので、クルマの動きをスムーズにさせて無用なスピードのアップダウンを減少させるということと考え合わせると、エコドライブにも当然有効。ただしキープレフトを原則として掲げる教習所で教わることはなかっただろう。
 
 アウトインアウトはその言葉どおり、カーブを外・内・外と走り抜けること。視覚的にも分かりやすく、走りやすいことがすぐに実感できるため、教わってすぐにでもやってみることができるだろう。実際、エコドライブを始めた人から「アウトインアウトを心がけて走っています」との声を聞くことも多い。ただし、見た目の容易さのわりに実際にやるのは意外と難しいので、アウトインアウトの絶対条件を先に明言しておきたい。それは…
 
必ずスローイン(ファストアウト)すること!
 
スローインファストアウトは単独でもいいが、アウトインアウトは必ずスローインファストアウトとセットで考えなくてはならない。特にファストアウトにこだわる必要はないが、スローインは絶対だ。アウトインアウトを心がけると、これまでよりも格段にカーブを曲がりやすくなる。曲がりやすければ速いスピードで飛び込んでしまうようになるが、これが大きな落とし穴。先の道路状況を予測できる走り慣れた道ならばまだしも、知らない道でオーバースピードの突込みをしたら非常に危険だ。クルマというのは能力以上の旋回性能は持ち得ないから、思いのほかカーブが続いていたりすると簡単にドカンとなってしまう。クルマの能力に余裕があったとしても、ドライバーの能力を越えてしまえば危険なのは同じこと。旋回中に急ブレーキでも踏もうものなら、荷重の抜けたリヤタイヤが外へ流れてスピンなんて可能性もある。いずれにせよ、カーブへ進入する時には必要十分なだけの減速をすることだけは怠ってはいけない。特にアウトインアウトに慣れてきた頃に落とし穴が開くものなので、普段の心がけとしてしっかり覚えておこう。
 
 カーブを曲がるときには、どうしてもクルマの向きは変わるし、横へのGもかかってくる。というか、そうでなくては曲がることなんてできない。クルマに乗っているときは、サスペンションの働きで横Gを縦方向に変えてくれる(ロールといって、外側のタイヤが沈みこむ。これによりタイヤがより地面に押し付けられ、よりしっかりと地面を掴むことになる)ので、極端な横Gを感じることは少ないかも知れないが、クルマがもしただの鉄の塊だったならば、同じスピードでのコーナリングはものすごいGを感じることだろう。だからこの遠心力をできるだけ小さくすることが安定したコーナリングへとつながってくるというワケだ。
 
 前置きはこれくらいにして、右のアニメーションを見てほしい。左は道路の中央を走りつづけている状態で、右はアウトインアウトをしている。ここでは対抗車線も含めるとややこしくなるため、片側車線だけで概念図を書いてみた。
 
 右のアニメを見てみると、二つのカーブを「外から入って一番内側を掠めてまた外へ向かう」走り方をしているのがわかるだろう。だから「アウトインアウト」と呼ぶ。非常にわかりやすいネーミングだ。矢印を見比べれば一目瞭然のように、アウトインアウトすると左右の動きが少なくて済む。道を基準として考えるとクルマが左右にフラフラしているのだが、クルマの動きだけを見れば直線に近い軌道を描いている。それはつまりハンドルをあまり切らなくてもよいということであり、クルマの向きがそんなに変化しないということだ。クルマの向きの変化が小さければ、それだけ遠心力が弱いことになり、すなわちコーナリングしやすいということになる。
 
 旋回時に安定していれば、よりスピードを落とさずにカーブを抜けられる。その理屈はスローインファストアウトで述べたとおりで、当然スポーツドライブでも応用(というよりも必須)されるテクニックだ。
 
タイムを縮めるために最短距離をカットして走り抜ける。
 
モータースポーツを聞きかじった人ならば、アウトインアウトについてこんなことを言うだろう。だがエコドライブに関しては、「最短距離を走るためにアウトインアウトする」という考え方は間違いだ。いや、実際にはスポーツドライブでも同じことだろうが、誤解している人が多いように感じる。結果的に最短距離をトレースすることになるのは、あながちハズレではないのだが、それはあくまでも結果であって目的ではないことに注意しよう。
 
 なぜか?それは単体のカーブを最短距離で走り抜けるだけなら、右の図のように内側をずっと走るのが一番だから。これだとインインインとなって、回転半径が小さいほどその円周が短くなるのは当然のこと。しかしアウトインアウトはこのようなカーブでこそ用いられるテクニックなので、走る距離を短くするために実践するワザではないのだ。カーブが組み合わさった上のような図ばかり見ていると、「アウトインアウト=最短距離」と思えてしまうが、ひとつ目のカーブ出口でインの位置が、ふたつ目のアウトになっているため、たまたま最短になっているに過ぎないのだ。
 
 なぜインインインではなくアウトインアウトなのかというと、最大の目的がズバリ曲率半径を大きくすることだから。カーブの手前に「R=60」などという標識を見かけたことはないだろうか?このRこそが曲率半径(恐らくradiusのR)で、「このカーブの曲がり具合で円を描くと、半径60mの円になりますよ」という意味。言葉で書くと分かりづらいが、すぐ上の画像の道をそのままぐるっと廻して円にすると思ってくれたらいい。正確には直線から徐々に曲線になるよう道路は設計されているのだが、ここではそんな細かいことは忘れてもらってかまわない。円の半径が大きければ大きいほど(Rが大きいほど)、カーブは緩やかになっていく。すると遠心力が弱まるのでより安定したコーナリングができる。要するにアウトインアウトとは、道路の幅を生かしてカーブの曲がり具合を緩くしてしまおうというワザなのだ。
 
 と、ここまではよく聞く話なのだが、アウトインアウトは生半可な知識で応用すると痛い目に会う高等テクニック。スムーズに行えればエコドライブにも非常に有効なのだが、誰にでも無責任にオススメできるような簡単なシロモノではない。図だけ眺めて気軽にトライされても困るので、きちんと重要な話をしておこう。
 
 外側から入って道路の内側をかすめ、また外へと向かって走ると一口に言っても、その軌跡は千差万別。とりあえず左の上下の図を見比べて見てほしい。両方ともアウトインアウトをしていて距離的にも回転具合にもそれほど大差はない。それなのにどうして上は○で下は×なのか、お分かりいただけるだろうか?
 
 両者の違いはクルマがカーブの一番内側に来る点(クリッピングポイントと呼ぶ)が手前にあるか、奥にあるかということ。言い換えるならば、カーブの奥が走りやすくなるか、手前が走りやすくなるかの違いだ。○の図ではクリッピングポイントが奥の方にあり、その先は直線的に進むので走りやすい。×の図では逆に直線的にクリッピングポイントまで達するものの、その先カーブがまだ続いているために走りにくい。
 
 実を言えば、左上の図はスポーツドライブ、詳しく言えば軽量で排気量の小さめなクルマが突っ込み重視でグリップ走行する場合のラインどりだ。基本的にエコドライブに有効なテクニックは、パワーがないクルマのスポーツドライブのそれと似ている、もしくは同じことが多い。それはどちらもなるべく加速力が問われる事態を減らしながら、クルマをスムーズに走らせるものだから。エコドライブはかったるいと思っている方がいるとしたら、それは明らかに認識不足。きちんとエコドライブできる人は結構スピーディーに走ることができる。一般道を走っていても特別な操作をしているように見えないのはそのためだ。

 もしかすると×のようなラインどりも、ドリフトしながら狭いカーブを抜けるのに用いられるのかもしれない。しかしながらドリフトなんて少なくともエコドライブには必要ない。一般道でドリフトしてエコドライブを目指す人もいないだろうが、そうでなくても下のようなラインどりを目指していくのはあまり好ましいことではない。
 
 その理由は主に安全上の問題だ。サーキットや走り慣れた道であれば、カーブの先がどのようになっているか予測がつくので、必要なブレーキ量がわかるかもしれない。しかし一般道ではそのような場所ばかりではなく、思いのほか曲がりがきついなんてことはザラ。アウトインアウトはなるべくスピードを殺さずにカーブを曲がるためのテクニックだから、ついついオーバースピードでカーブに突っ込んでしまうことが多いのだ。特に×の図のように直線的にカーブに入り込んでしまうと、ブレーキの必要量を見誤ってオーバースピードになりやすい。曲がり切れなければ対向車線に飛び出しあるいはガードレールに刺さり、運が悪ければ谷底へバンジージャンプ(ゴムひもなし)だ。カーブでの事故のほとんどがブレーキ不足・オーバースピードと言ってもいい。スローインファストアウトができないならば、アウトインアウトはしない方が身のためなのだ。
 
 カーブ中のブレーキングがクルマの挙動を不安定にするというのは教習所で習ったとおり。たとえ優秀なABSがついていたとしてもそれはかわりがない。普通のドライバーの腕では、オーバースピードで突っ込んでしまったらもうオシマイと考えた方がいい。だからカーブ手前ではすぐに内側へ寄っていくようなことをせず、カーブの曲がり具合と安全なスピードを把握し、カーブの最も急な部分を安定して抜けることを最優先すべきなのだ。そうすることによって十分なブレーキングができるようになる。外側からカーブに入っていくのには進行方向の視界を広くするという意味もあり、○の軌跡をたどればカーブの出口が見えるまではイン側に寄らず、進行方向をしっかりと確認できることもポイントのひとつだ。何しろ一般道では歩行者や自転車がいることが多いのだ。左カーブで道路の左隅(つまりこれから通ろうとしているイン)に障害物があれば、一瞬でも気づくのが遅れれば命取り。一方右カーブでは、先ほど述べたようなミスを犯した対向車がこちらに飛び出してくる可能性だってある。やはり安全確認ができるまでは内側に寄らない方が賢明だろう。何度でも言うが、エコドライブやスポーツドライブは、安全を犠牲にしてまで実践するべきものではないのだから。
 
 それから、いくら見通しがよくて走りやすいからと言って、反対車線まではみ出してアウトインアウトをするようなことは絶対にしてはいけない。ほんの一瞬だと感じていても、対向車と自分のクルマは両方のスピードを足した速さで接近するのだ。こちらはよくても相手がパニックに陥らないとも限らないので、必ず自分の車線の中でのみアウトインアウトするよう心がけてほしい。(ただし同方向二車線の場合には応用が効くシチュエーションもある。が、それは他のコンテンツで説明することにする)
 
 また、二つ以上のカーブが連続している場合(一番はじめの図参照)には、ひとつ目のカーブ出口のアウト側は次のカーブのイン側になる。つまり最初の曲がりは○の軌跡でも、最後にアウト側へ出過ぎると、次のカーブへの進入が×のような急角度になって、非常に危ない曲がり方になってしまうことがある。これが慣れた頃に現れるアウトインアウト最大の落とし穴で、スローインが絶対に必要な理由だ。しかしこのような道でも平均的になだらかなカーブにし、リズムよく抜けられるならばアウトインアウトの真骨頂。Rが果てしなく大きくなっていく、つまりR=∞(無限大)とは直線を意味する。だから一番はじめの右の図のように、クネクネした道をなるべく直線的に走れれば最も走りやすいのだ。
 
 必要十分な減速と安全確認をきちんと行えば、アウトインアウトはスムーズかつエコかつスピーディーな運転の大きな助けとなってくれるはず。それは実際にクルマを走らせてもらえればすぐにわかるだろう。自信がなければ全く手を出さない方がいいが、そうでなければ必ずスローインするという大原則を忘れることなく、普段の走行に役立ててみてほしい。
 
title