title 車線変更のコツ-うまく抜かれるには

 
 道を走っているときに、他のクルマを追い越すこともあれば、逆に追い越されることもある。特にエコ運転なんかやっていれば、必要以上のスピードを出さずに流れに乗るような運転になるから、他のお忙しグルマに煽られたり、追越されたりすることはかなり多い。実際には次の信号でまた追いついてしまったりすることも多々あるんだけど…。それはともかく、車間を詰められたり追越されたりするのは結構恐怖感があるから、できることならサッサと前に行ってほしいもの。そこで今回は、うまいこと先に行かせてやりすごす方法を考えてみよう。
 
 先ず第一に最も大切なことは、自分を追い越そうとしているクルマにできるだけ早く気づくこと。抜かそうとしているクルマは後ろから迫ってくる訳だけど、運転中は前を見ているのがほとんどだから、後ろへの注意がおろそかになりがちなのは仕方ない。しかし相手のことを察知していないと、突然前に入り込まれてギョッとするなんてことになるから、なるべく注意を払わなくてはならない。後ろの確認はルームミラー(時としてサイドミラー)でするものだから、走り始める前にきちんと位置あわせをするのが、うまい追い越され(というか安全運転全部だけど)の第一歩だ。ルームミラーを見るには、首の向きを変えずに視線だけ移動させるか、それとも首ごとルームミラーの方を向くかだけれど、これはどちらでも素早く確実に行える方でいいと思う。きちんとあわせて、走行中はなるべく頻繁に確認するクセをつけよう。
 
 ルームミラーを覗いていて、どんなクルマが追越するかといえば、たいがい左のアニメーションのような感じ。遠くからいきなり近寄ってくるのだが、隣には他のクルマがいるのでレーンチェンジできず、車間距離をほとんどとらずに右へ左へとフラフラする。そして隣の車線に隙ができたと見るや、いきなりウィンカーを光らせてギュンと入り込む。ウィンカーの出すタイミングや迫ってくるスピードに関しては個人差があるが、車間を詰めてフラフラする(もしくは車線の右側へよって走る)のはまず共通していると考えていい。なぜそんな危険なマネをするのか気が知れないが、早いとこ車線変更したいと焦る気持ちがそうさせるのだと理解しておこう。
 
 慣れてくると車間を詰められる前に「あ、これは抜かそうとしてくるな」という雰囲気をなんとなく掴めるようになるので、とにかく抜かされることを素早く察知するよう努めよう。
 
 自分の前に入ってくるクルマは、何も自分の後ろを走っていたクルマばかりとは限らない。と言うよりも、追い抜くクルマだって一旦は隣の車線へ移ってから自分の前へ入り込んでくる訳だから、隣車線への注意も同じくらい必要だ。しかしながらルームミラーほど頻繁にサイドミラーを覗くことはないため、横(もしくは斜め後ろ)の情報は、なかなか掴みづらいのも事実。ここはひとつ、自分も相手も共に前に進んでいるのだから、相手が真横に並ぶ、または前方に出てから対処することにしよう。 
 隣車線からこちらへ入り込もうとするクルマの挙動も、やはり後ろの方から結構なスピードで追いすがってきて、いきなり前に入り込むようなのがほとんど。このときウィンカーを出してくれれば御の字で、前に割り込んできてから申し訳程度にチコンと光らせたりするドライバーが多い(残念なことだけれど)。クルマを運転する人皆が『後退するようなレーンチェンジ』を実践してくれるなら問題ないけれど、そうもいかないので自衛策として抜かされ方を考えておこう。
 
 このときでも、やはり早いとこ相手の意図に気づくことが一番大切。相手が真横もしくは前に出てから対処すると書いたけれど、後ろにいるうちにルームミラーで「あ、こいつは飛ばしてるな」と感づいたら、さっさと対応策をとるのが吉。今回のアニメーションではシルバーのクルマの前に先行する存在はないけれど、抜かした時点で他のクルマのお尻につかえてしまって、左から抜かそうとムチャなレーンチェンジをしてくるような場面が多い。やはりこれも慣れてくればなんとなく掴めるようになるけれど、とりあえず猛スピードのクルマにはご用心だ
 
 図らずも車線変更せざるを得ないような場面もある。下のアニメーションでは、後ろから猛スピードで迫ってきた濃い紫のクルマに、赤いクルマがプレッシャーをかけられている。車間を詰められて怖い思いをした赤いクルマが、精一杯アクセルを踏んで自分(黄色)の前にエイヤッとばかりに入ってくる可能性は非常に高い。赤いクルマが後ろの存在に気づいて加速し始めているようならば、まず間違いなくレーンチェンジしてくるものと思って対処しよう。
 
 このような状況は一般道よりも高速道路の追い越し車線でよく見られる。馬力のないクルマが頑張って前に出ようとしているのに、走行車線にいるクルマとの差がなかなかとれず、そうこうしているうちにカッ飛んできたクルマに煽られるという、非常に危険な場面。時として走行車線の交通量が多くなかなか入れなかったりすると、少しの隙間にムリヤリでも入り込もうとしてくる。こんなことは隣で見ていればすぐわかるから、赤いクルマが入りやすいように対処してあげるのが道路社会の一員としての義務だろう。
 
 他にも、車線の間をフラフラと走っていたりするクルマは、思いつきでチョコマカ路線変更してくることが多い。これは目的地への行き方をきちんと把握していないためのことが多い。また、特に変わったこともないのに幅寄せしてくるような場合には、こちらの車線へ入りたがっていると思っていい。ウィンカーを出していればすぐに分かるのだが、人間少しでも前に入ろうとするものなので、信号や道路状況などを見てから車線変更しようとするのだ。勿論タイミングを逃して止まってしまうなんてことも多いが、これはドライバーの一般的な習性と考えておけばいい。とにかくアヤシイと感じたら、前に入れさせる気構えを整えよう。
 
 
 相手の意図を読み取ったところで、具体的にどのように抜かさせるか。それを考えるには、どうなっていれば相手が抜かしやすいか考えてみたらいい。遅いクルマは早いとこパスしたいけれど、それよりも安全に抜かさなくてはいけない。どんなにせっかちな人だったとしても、クルマ同士ブチ当ててでも先へ潜り込もうとするドライバーはいないだろう。ということは、追い越すためのスペースができるだけ広いのが、最もありがたい状況と考えていいだろう。
 
 相手のクルマや道路状況を変えることは不可能だから、自分の位置の取り方でできるだけスペースを作ってやるのが、望むべき抜かされ方。その考え方は単純に2種類あって、一つは左の図のようにできるだけ道路の左に寄ってあげること。一般道では歩行者や自転車がいつ飛び出してくるか分からないから、あんまり極端に左ばかり走るのは考え物。しかし少しでも寄ってやることで安全になるし、自分も相手からの距離が遠くなるために怖くなくなる。高速道路をゆっくり走ると心に決めたならば、路肩にはみ出さない範囲で走行車線の左端を走ってやろう。制限速度ピッタリで走行し、バンバン追い越しをかけられたとしても、案外怖くないのが実感できるはずだ。
 
 もう一つは抜かれるときにスピードを制限すること。こう書くと誤解されるかも知れないが、要するに抜かされるときにはスピードを上げなければいい。前のコンテンツでも再三触れてきたように、レーンチェンジで重要なのは隣のクルマとの速度差。この図ではオーバーに書いているけれど、自分と相手との速度差があれば、それだけスムーズにスペースを作れるということ。かといって自分の後ろにも後続車がいるわけだから、減速する必要性は必ずしもない。先ほどの煽られているクルマを入れてやる場合などは、ミラーで確認しつつ速度を緩めてやることもあるが、臨機応変に対処すればいい。抜かされるのに腹を立ててアクセルを踏み込むなんてことは絶対によそう。
 
 相手の前にクルマがつかえている状態で、左へ寄るのとスピード制限の両方を実践したときのスペースが右の図。これを見れば分かるかと思うが、シルバーと自分(イエロー)の位置関係を広くしているというよりは、シルバーの前方を塞いでいる自分とグリーンの間を広げている感じだ。
 
 要するに、スピードがどうの、車線での位置がどうのと考えるよりは、近くのクルマとのスペースを空けてやることを考えればいい。だからもう少し踏み込んで考えてみると、もし自分がグリーンの立場に立ったならば、多少加速してイエローとの間隙を広げてやるような工夫も有効ということだ。勿論道路での追い越しは右からと決まっているから、本来は自分がレーンチェンジすることを考えるべきかもしれない。しかし一般道ではしばらく先で右折するような場合もあるのだから、全てその場に応じた対応をしなくてはならないということだ。
 
 相手の気持ちを考えて走る、それが結局一番安全だし、スムーズ。抜かれるのは必ずしも気持ちいいものではないが、そんなことで自分が気分を害しても損するだけだ。ちょっとした工夫で自分も相手も気分よくいられるのなら、それに越したことはないのではなかろうか。
 
title