title 車線変更のコツ-どのように移っているか

 
 道を走っていたら、どうしたって一度や二度は車線変更をしなくちゃならない。田舎の一本道なら延々と前のクルマにくっついていってもいいけど、走る道の選択肢が多い都会では、そんなことしてたらいつまで経っても目的地にたどり着くことは出来ないよね。否応なしに遭遇するレーンチェンジだけど、うまいこと走りたい車線に入ることが出来ずに苦手意識を持ってる人ってかなり多い。いや、得意な人なんていないのかもしれないね。誰だって許されるなら他のクルマに邪魔されず好きなところ走りたいもの。でもそんなこと考えても無駄だから、とにかく苦手意識だけはなくしておきたいね。
 
 さて実際にウィンカー出して進路変更しようとしたときに、こんな事感じたことはないだろうか?いや、きっと誰でも思っているだろうね。「さっきからウィンカー出してんだろー、どーして入れてくれないのサ?」って。でもそう感じる割には、実際に「どうして」って考えたことある人は少ないんじゃない?「前を譲ろうって気持ちがないのかぁ〜」とか「お前みたいのがいるから渋滞になるんじゃぁ〜」なんて相手の悪態はよくつくけど。他のクルマの悪口を言ったところで車線変更しやすくなるわけでもなし、ここらでひとつ、この「どうして」を考えてみよう。
 
 ひとくちに車線変更といってもいろいろある。一般道で流れているときや渋滞の時、突発的な規制などによる車線減少、高速道路の合流や追い越し車線へのレーンチェンジ…考えうるシチュエーションを挙げだしたらキリがないけど、基本的な考え方はみんな一緒。はじめから状況ごとの場合分けをすると混乱するので、とりあえず一般道が渋滞してるときのことを考えてみよう。最初に動かないときに何が起こってるか理解しておけば、あとはスピードが上がったときに当てはめていけばいいからね。
 
 渋滞してる道で横の車線に移るとき、皆さんは果たしてどんなふうにタイミングで入っていくだろうか?右の三つの写真のうち、これくらいなら前へ入れてもらえるだろうってのを選んでみて欲しい。この相手の前には少し離れて他のクルマがいて、その間には一台か半台分の空間、つまり入れてもらえるかどうかビミョーなスペースがあると想像してね。ウィンカーを出し始めるときじゃなくて、相手の前に入り始めようとするタイミングは、さぁどれ?(春になったら画像を作り直しますので、それまでこれでご勘弁を…)
 
Aは相手の先っぽが自分と並ぶ程度で、サイドミラーにはほとんど映っていない。
 
Bはもう少し前に出て、相手の先っぽがギリギリ見えるくらい。
 
Cは窓からは相手を見ることが出来ず、サイドミラーにフロント部分が少し映り込んでいる。
 
 速い流れだったらこんな接近して入ろうとはしないかもしれないけど、渋滞してたら結構クイッと鼻面をねじ込んじゃいそうでしょ。横だけ見るとどうもおかしく感じるけど、実際には自分のクルマがもっと前のほうまであるから、そんなに違和感ないはずだ。まぁ細かいことを考えるのはヌキにして、とにかくこの3種類に分類することにしよう。自分のクルマがもっと後ろでも入ろうとするならA、もっと前に出てから入り始めるならCに含めてね。
 
さぁ選んだら相手の立場からへ飛んでみよう。
A
B
C
 
title