title アイドリングストップ考-渋滞中には

 
 渋滞ってのは、その字のごとく車の流れが滞っている状態。だから基本的には走っている際中なんだから、アイストをするかどうかの見極めはとても難しい。エンジンを切ったら前の車がノロノロ動き出したりして、ええいアイストなんて面倒くさい!と思うこともしばしば。混み入った場所で自分の前だけ広く開けたりするのは顰蹙だから、走るべきときには迷わず走り出すということを前提として、渋滞中のアイストを考えてみよう。
 
 まず最初にアイストするため(運転のためともいう)の基本として、前方の視界を確保しよう。車を動かす判断ってのは、「対向車が来るまでに曲がれそうか」、「停止線内に止まれそうか」などといったことも含めてタイミングをはかるのが主だ。もちろんどれくらいの間アイストできそうかってのも一種のタイミングだから、そのための情報収集がとても大事だよね。渋滞している時ってのは、自分も含めてみんなほとんどもしくは少しずつしか動かないのだから、車を停止させた場所で視界の幅はずいぶんと変わってくる。要するに出来るだけ前を確認しておきたいのだから、前のクルマのお尻しか見えないような状態ではアイストなんて怖くて出来ない。右ハンドルのクルマならば、車線を越えたりオートバイに迷惑をかけたりしない範囲で右側に寄っておこう。前のクルマが車線の中央付近に陣取っているならば、これだけで前のほうがずいぶんと見晴らしよくなるはずだ。トレーラーや背高RVの後なんかについた場合には効果テキメンだよ。前のクルマが右側に寄っているようなら、臨機応変で左に振ってみたりしてね。まぁこの視界確保の方法は普通に走っているときでも活用できるんだけど、あんまりセンターラインに寄って走るのも危ないから注意してね。
 
街中の信号が原因で渋滞して、全く動かないことが多い場合
 
 とにかく渋滞の原因と場所、そして自分のクルマとの位置関係を把握することが第一。自分のところまでビッチリ車の列が詰まっていて、信号が青になっても一台も動かないようなときには、信号が赤になるまで先頭が動きそうにないと確信が持てればアイストできる。青になって数台が交差点を渡ったけれど、自分は途中で止まってしまいそうなんてときには、自分が前に詰めて止まってから、次に走り始めるまでの時間を勘で掴もう。たいがい赤信号一回分くらいの時間にはなることが多いから、アイストのチャンスではある。まぁこんな場合でも他の近道を探そうとして渋滞を離脱するクルマがいるものだから、エンジンを切った後でも周囲に気を配るのを忘れてはいけない。
 
右折しようとしているクルマが原因で渋滞
 
 道路の状況にもよるけれど、そのクルマが対向車線を渡ってしまえば走り始めるのであれば、アイストはしないほうがいい。交差点での右折ならば信号が変わればほぼ確実に動き出すし、普通の道路上でもどんなタイミングで渡れるかは分からないのだから、道で置物になるのは避けたほうがいいと思う。信号と複合の場合には、信号待ちの一種として判断していい。
 
左折しようとしているクルマが原因で渋滞
 
 左折した先に何があるのかで状況は変わる。曲がった先の道路が渋滞していて、自分もその方向へ行きたいのであれば、信号や歩行者などの状況を見ながらアイストすることも可能。走り出すときに慌ててバイクや原チャリを巻き込まないように注意しよう。曲がった先に駐車場があって、自分はその駐車場へ入らないような場合には、その列にいても仕方がない。アイストなんてもっての外で、早めに車線変更して抜け出そう
 
渋滞しているけれどノロノロと少しずつは動いている場合
 
 停止しないのであればアイストなんてする機会はない。頻繁に止まっては動くのを繰り返す渋滞は一番厄介だけど、これは流れにまかせていくしかない。下手にアイストしようとすると、今度はバッテリーやセルモーターを痛めてしまうことになりかねないぞ。
 
事故や車線減少による自然発生的な渋滞
 
 列のそうとう後ろであればすっかり止まってしまうこともあるだろうから、そんなときには前方をよく見て、かなり長い停車になりそうならばアイストできる。周りの迷惑にはならないようにね。列の前のほうへいったらだいたい合流が盛んに行われているから、こんなところでアイストなんかしちゃダメだ。合流の妨げにならないように注意して、入りたいクルマは入れてやり、無闇にブレーキを踏まないようにしよう。前車のブレーキランプが点くとブレーキを踏んだり減速したくなるので、それが積もり積もって渋滞の原因となっちゃうからね。
 
高速道路での自然発生的な渋滞
 
 高速道路ってのは長い距離をスピード出して走るように設計されている。だから渋滞で止まってみたりするとすごく直線的なんだよね。車線の幅も広いから、まずは右側(左ハンドルなら左)に寄って前方視界を確保。そして自分のクルマが動き出すようになるまでどれくらいかかりそうかを判断し、長いことかかりそうならアイストする。でもそうとう長い距離渋滞してないとノロノロ運転だったりするけどね。どんなに急いでいるときでも路肩を走ったりするのは論外だよ。路肩走行のクルマをブロックするのもただのバカ。路肩は緊急車両が走るために空けておかなくちゃいけないんだから、ブロックしてたら走ってるやつと同罪だよ。
 
高速道路の事故による見物渋滞
 
 「・・・線上り線が事故のため渋滞XXkm、その影響で下り線もXXkm渋滞しています…」こんな道路交通情報を、一度くらいは聞いたことがあるでしょう。でもね、中央分離帯飛び越えていったような事故ならまだしも、そうでないなら事故の影響が反対向きの高速道路に出るわきゃないんだよ。これぞまさしく見物渋滞ってやつで、パトカーやレッカーなんかのランプがクルクル回っているのを見て、「なんだなんだぁ〜」とブレーキ踏んで見物する。事故現場付近のクルマにしてみりゃただのスピードダウンなんだけど、後続車はそのブレーキランプを見てもっとスピードダウン。終いに最後のほうでは止まっちゃうって寸法で、迷惑この上ない。高速道路でブレーキ踏むことって滅多にないでしょ。だから前のクルマがブレーキランプを赤く光らせるだけで緊急事態だと思ってしまうって訳。反対車線が事故を起こしていてもこっちには何の影響もないんだから、見物渋滞はやめようね。おっと脱線しちゃったけれど、きっかけが見物渋滞であっても渋滞は渋滞。前方をよく確かめて…というのは自然渋滞のときと変わりないよ。
 
title