title アイドリングストップ考-駐車するとき

 
 車を停めて何かしようってな場合は、なんの躊躇もなくエンジンを切るべし。ちょっとした用事だからと思っても、シートベルト外してドア開けて…30秒くらいすぐに経っちゃう。試しに好きな音楽でも鳴らしながら用事を済まして来てみるといい。大概の場合ずっと先の方まで進んじゃってるか、他の曲に代わっている。そもそもエンジン掛けっぱなしでクルマを離れる事自体が不用心この上ないよね。
 
 エアコン切ったら車内にいる人が不快じゃないかと思う人もいるだろうけど、駐車中に車の中で快適に過ごそうというのがおかしいんじゃないのかな。車は移動の道具であって、停めたらしかるべきところで楽しく快適に過ごすってのが真っ当だと思うよ。奥さんが買い物している間、旦那さんや子供が車の中で本を読んでいる(しばしば逆のことも…)のもよく見受けるけれど、後ろから蹴飛ばしてやりたくなるよ。なぜその数分が我慢できないのか、窓を開けて風を感じる心地よさを知らないのか、そもそもどうして一緒に下りていかないのか…サッパリ分からない。確かに車内でお話したいなんて状況もよくあるけれど、だったらエンジン切って静かにしたほうが気持ちいいんじゃない?暑ければ木陰に停めるなり、風のよく通る場所を選ぶなりの方法があると思うけど…。
 
 車の種類にもよるし、軽なんかじゃきついかも知れないが、だいたいエンジン切っても窓を開けたりオーディオ鳴らしたりは出来る。エアコンまでかけたらバッテリー上がる可能性あるけど、でもそれだって本当は不可能じゃない(やめといた方がいい)。そこら辺はクルマの状態を見ながら臨機応変に対応してもらいたい。いずれにせよ駐車時の長時間アイドリングは御法度。無意味にエンジン掛けているクルマは、銀行強盗でもやって即座に逃げ出そうとしているんだなと367は思うことにしている。このサイトでは、一分一秒を争う緊急事態でない限り駐車時のエンジンストップは当然のこととして話を進めるのでそのつもりで。
 
title