title バックするとき

 
 前向いて走るのは何とか出来るけど、バックで走るのはどうも苦手…ってな人はかなり多い。その理由はどっちへハンドル切って良いのか分からないというのが殆ど。後は、よく見えないとかそんなことでしょ。だからここでは、そんな悩みを解決するバックの秘訣を伝授しよう(聞けば簡単な話だけど)。
 
 ともかく始めに、気楽にバックするための呪文を教えよう。
 
「おしり入ればみな入る」
 
さぁこれでバックの問題は半分解決だ!え、分からない?ホント単純なことなんだけど、バックで走っている限り、車の一番後ろ(正確に言うとリヤタイヤ)が思うような所を走ったなら、前側を操作するなんて簡単なんだ。だって、ハンドル切ると前タイヤが動くんだモン。後ろのタイヤなんて、基本的に今の向きに逆らわず真っ直ぐ進もうとするでしょ。だから後輪を狙った場所に動かして、下げたい方向を向かせたらそれでバックなんて終わりに近いんだ。それに、後輪はボディと同じ方向を向いているから、方向あわせも簡単なんだ。
 
 免許を取るときにイヤというほど聞かされた、内輪差による内側の巻き込みだって、バックの時にゃぁ前の方が外側通るんだから、後ろが通りゃ気にする必要はほとんどない。問題なのは普段気にしない外輪差の方だけど、内輪差ほどは思ったより外側に膨らまないので、気になることはあまりない。もし外輪差が気になるほど狭い道ならば、これから書くことに気を付ければいい。まぁ具体的な詳しい理由なんて分からなくても、この呪文さえ覚えておけば、なぜかうまいことバックしている自分に気づくと思うヨ!
 
 さて、次はどうしたらお尻がうまいこと思った方向へ向いてくれるかってこと。難しく考えるとこんがらがってくるけど、車の向きを変えることが出来るのは、数少ない例外を除いてはハンドルの切り方しかないんだ。ジムカーナでバック走行したりすると違うけどね。ま、とにかくハンドルの切り方が適切ならそれでいいんだ。だから、思った方向へ車を動かせない人は、とにかく出来るだけゆっくり走るんだね。MTならクラッチの踏み方でトルクを変えられるし、ATならアクセル踏まなきゃクリープの速度しか出ないし、ブレーキ踏みゃ止まるでしょ。ゆっくり走るのは簡単なんだ。後ろでイライラしてパッシングしてこようが、クラクション鳴らされようがどうしようが、安全の方が優先されるのは当然なんだから、あわてる必要なんて全くない。焦って事故ってもしょうがないもんね。気を落ち着けてじっくりやれば、バックなんてそんなに難しいこと無いんだよ。
 
 ハンドルの切り方が最重要と書いたけど、そのハンドルを切るときの姿勢がかなり重要だ。だいたいフラフラと左右に揺れる人っていうのは、両手でハンドルを握りしめて上半身だけ後ろを向いている人が多い。気持ちとしては分からないでもないけれど、あまり良くない姿勢だ。
 
 どうしてかって言うと、前向いているときなら体がシートで支えられているから、両手でどれだけ回したか判断できる。だけど後ろを向いているとたいがい上半身がシートから浮いているから、どっちの方向へ回して良いのか混乱するのとあいまって、どれだけハンドルを回しているのかが判断できない。要するにタイヤがどっちを向いているか分からないんだ。これではうまくバックできるはずないよね。
 
 で、367おすすめのバックの姿勢は、上半身をガバッと後ろへ向けてしまい、外側(右ハンドルなら右手)一本でハンドルを操作し、内側の手(同じく左手。タンポポ号では逆なんだけど)で助手席の背もたれの部分をしっかりと掴むというもの。
 
 片手でステアリングを回すと、ある程度までいったら腕が伸びきるのでハンドルを持ち替えなくてはいけない。これがどれだけ回したかを無意識に覚えるシグナルとなるのだ。両手だと曖昧になってしまうのが片手だとハッキリする、これは試してみてもらえば分かると思う。このときもう片方の手で助手席のシートバックを掴んでいることで、上半身がブレないんだってことも忘れてはならない。
 
 完全に後ろを向いてしまうと、どっちにハンドルを切って良いのか分からないって思う人も多いと思う。そんなこと言われると、後ろへ向いて左へ進みたいときにはステアリングを右に切るけど、後ろ向いてるから意識としては左へ切って…なんて答える人もいるけど、367はそんなこと言わない。だって、訳分からないもの。じゃぁ何て答えるかっていうと、「んなもん5回もやりゃ分かる」って冷たい答え。でも、しっかり体を支えて後ろを向いてやれば、どっちへ回すとどちらへどれだけ向かうなんてのは毎回同じことなのよ。ゆっくり走ってりゃ特に。頭で覚えるより意識に染みつくって感じだと思うんだけどね。この感覚と例の呪文があれば、バックなんて余裕綽々だよ。367のいう事って当てにならないからなぁって言う前にやってみ。お礼のメール待ってるぜってなもんだ。
 
 でも、室内からだと車が真っ直ぐになっているか分かりづらいよね。そんなときには窓を開けて外を見てやろう。ドアを開けるのはやめた方がいい。だって、その分だけ車の横幅が増えるし、ドアは開いているから体も固定できない。開けるのは絶対に窓だ。でも、最初から後ろを窓からだけで確認するのはオススメできない。車の反対側に子供でもいたら、確実にひいちゃうからね。両側を見るために室内で振り向いた方がいいんだ。で、車の内側や向きの確認のために窓の外を見る、これが一番。
 
 それでも室内からだと後ろが見えないって車も存在する。そう、大型トラックなんかだ。室内に荷物を一杯積んでいて、サイドミラーでしか後方確認できないってことは、普通のワゴンやバンでも充分あり得ること。こんな時にはどうするかって言うと、話は簡単で、プロのトラックの運ちゃんを真似すればそれでいい。要するに真ん前向いてサイドミラーだけで後方確認する。補助的に窓の外だ。後ろは見えないものだと始めっから決めてかかっているから、体はシートに密着して固定されている。後ろを向かないんだからステアリングをどれだけ回したかなんてよく分かる。サイドミラーしか当てにしていないので、ハンドル操作も慣れてくる。ってな寸法。どうしてもダメって人は、窓の外でメインの確認をして、サイドミラーは補助的に使うといい。367がここで言っても納得してくれないだろうけど、実際にやってみてくれたら分かると思うんだよなぁ。ホント、難しく考えなければ考えないほど楽になっていくよ、バックって。
 
title