エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


目的は燃費向上じゃない


勘違いしてもらっちゃ困るので、最初に断じておく。
エコドライブの目的は、いわゆる燃費を向上させることではない
大事なのでもう一度。
エコドライブの目的は、いわゆる燃費を向上させることではない
 
エッと思った人も多いだろう。ではエコドライブの目的は何か。
できるだけ燃料の消費を抑えることである。
 
エコロジーでもエコノミーでも構わないが、燃費を気にする一番の目的は何だろう?
言うまでもなく、車を走らすのにどれだけの燃料(ガソリンや軽油や電気や将来的には水素?ここでは便宜上ガソリンで統一)を使うのか知るためだ。だからこそ『燃費』という言葉を用いる。
 
逆に言えば、使ったガソリンの量を気にしなくちゃ意味がない。地球環境のエコを考えても、自分の懐具合のエコを考えても、使ったガソリン量より気になる数字はないハズだ。単位は当然Lやmlやccといった『容量』にならなくてはおかしい。
 
しかし一般に広く用いられているのはkm/L。ガソリン1Lで何km走れるか、という距離の単位だ。本来は『単位燃料量あたりの走行可能距離』とでも表現するのが正しい。ガソリンは1Lに固定してあって、動くのは走行距離の数字だから、『燃料消費量』についてはほとんど表現できない。実際に走った距離を割ってやらないと燃料消費量は出てこないんだからハードル高い。
だから、普通ならこれを『燃費』とは呼ばないハズなのだが。
 
結果、使ったガソリン量はスタンドでお金を払った時に気にする程度で、普段はほとんど無視の状態にある。「そんなことない。いつも気にしているよ」と言うかもしれないが、走るたびにきちんと使ったガソリン量を計算している人がいるだろうか?断言するが、ほとんどいないハズ。
 
エッ?『燃費の向上=使用ガソリン量の減少』じゃないの?
 
そう感じる人もたくさんいるだろうが、違うんだな、コレが。
考えてみればすぐに分かる。
たとえば近所のチョイ乗りしかしなければ、どんな車でも燃費は悪い。この燃費記録を向上させるべく、走り易い道をグルッと遠回りして帰ってくる。燃費は向上するだろうが、使うガソリン量は確実に増える。時間も余計にかかる。どこがエコなのかサッパリ分からない。
 
現実にはそんなことしないヨ、と思うだろう。
だが使用ガソリン量を考慮しないと、燃費km/Lの数値さえ悪くならなければ(もしくは向上するなら)無駄に車で動いてしまいがち。燃費が悪くないからOKのような気がしてしまう。
しかし当然ながら、そうしたときでもガソリンは使う。カネだってかかっている。
 
ガソリンの使用をなるべく抑えたいんだから、エコドライブの第一歩は車に乗らないこと。
必要なときは使えばよいが、そうでなければ控える。クルマの性能が上がっても全く変わらない。燃費だけ気にしているとついつい忘れてしまいがちだから、注意してほしい。