エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


ゆっくりは最初の一瞬だけ


前の車と同時に走り出し、早めのタイミングでスタートできた、とする。ではその後はどんな加速をすればよいのか?
 
結論から言えば、自然に加速していけばOK。敢えてゆっくりする必要はない。いきなりアクセルをベタ踏みするような急加速(そもそも発進のタイミングが早ければできないハズ)はダメだが、それを除けば特に難しく考えなくても大丈夫。車間距離を開きながら、流れの速度まで自然と加速していけば問題ない。
ついついアクセルを踏み込みがちの人は、敢えてゆっくりめに走るのを心掛けてもよいだろう。しかし普通の人は、「速度」より「スムーズ」を優先して、むしろきっちり加速すべきだ。
 
前の車がロケットスタートですっ飛んで行くこともある。自分が先頭のこともある。前との車間距離が参考にならないこんなときは、安全に留意しながら自分のペースでスムーズに加速する。
 
ふんわりアクセルとかを耳にしていた人は意外かもしれない。★ 素早くゆっくりの極意でも「アクセル踏み込みは抑えたい」と書いてあるのに、矛盾してると感じるだろう。
 
だが、是非ともゆっくり加速したいのは最初の一瞬だけ。
 
車に限った話じゃないが、一番大きな力が必要なのは静止状態から動き出すとき。一旦動き出してしまえば後はそれほど力を入れなくても動かせる。言い換えれば、ガソリン燃やして得た力を効率的に使えるようになる。だからアクセルをきっちり踏んで、車のスピードを上げてやる方がよいのだ。何せ車は走る道具なんだから。
 
ふんわりアクセルが有名なせいか、ゆっくり加速すればするほど燃費がよいと勘違いされている節がある。
が、EVやEV走行可能なHVでは少し話は違ってくるが、エンジン車はその機構上、アクセル開度が低すぎるとエネルギーロスが発生して、燃費はむしろ悪化する。アクセル踏みすぎはもちろんガソリンを余計に食うが、ゆっくり加速もホドホドにしなくちゃ逆効果。
 
それ以前に、道路を走っている以上、自分の挙動が後続車に影響することを忘れちゃならない。サッサと進んでやらなきゃ後ろは動き出すことさえできない。反社会的で迷惑だ。
 
エコドライブのための出始め一瞬のゆっくり発進と、アクセル踏み込み過ぎによる急加速の防止は、スタートのタイミングを早めるだけで実現できる。あとは普通に流れに乗るようにすれば、後続車に迷惑かからないし、燃費も悪くない。
 
自分のみならず周囲のエコも考えるのが本当のエコドライブなのだ。