エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


スタートの極意


重要だけど恐らく最難関。それが信号待ちなどからのスタートだ。エコドラが嫌われたり、始めてもすぐに挫折してしまう原因の大半は、このスタートにあるんじゃなかろうか。
 
諸悪の根源(と書くと語弊があるが)は、巷で頻繁に話題に上る「ふんわりアクセルeスタート」。誤りではないが正しくもないこんなテクが、エコドラのメジャーに居座ってるのは大問題だと言わざるを得ない。
 
以下、JAFより「ふんわりアクセルeスタート」の説明をそのまんま引用。
普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20キロが目安です)だけで11%程度燃費が改善します。やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕を持って、ゆったりした気分で運転しましょう。
引用終わり。JAFに限らず、メジャーなエコドラ情報はだいたい同様だ。
 
これを読んで、そのまま信じるか信じないかは人それぞれ。自分の燃費はよくなるかも知れないが、他の人に迷惑かかりそうなことは一目瞭然。
 
「やってみよう」と思うか。他人の迷惑省みず?
「こんなの無理」と思うか。エコドラを諦めて?

 
どちらにせよ問題がある。
その原因は「ふんわりアクセルeスタート」のロジック自体にある。しかも困ったことに、説明そのものに嘘はない。ホントを繋ぎ合せたのが必ずしもホントにならない見本のようなものだ。
 
だから、もっと分かりやすい「スタートの極意」が必要なのだ。