エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


煽られたら敢えてキープ


「抜きたいヤツは勝手に抜かせろ」と言われても、後ろから煽られるのが怖い人は多い。煽られないまでも、後続車に先を譲るため路肩に止まるって人は多い。
 
もし自分が制限速度以下、もしくは周囲の迷惑になりそうな低速でしか走れないならば、時として路肩で先を譲る必要も生じる。
クルマ自体が長い大型トレーラーなんかは、走行中に抜かそうにもなかなか抜けない。だからそういったクルマのドライバーは常に後ろを意識して、機会を見て先を譲ってくれる。プロだから。
一般車両でも同じことだ。スピード出せないのは事情があるから仕方がないが、後ろに道を譲らないのはハタ迷惑なノログルマでしかない。
 
しかしそうでもなければ、制限速度+10km/hくらいで走っているなら、わざわざ路肩に停止してまで先を譲る必要はない。
 
理由は簡単で、路肩に停止して先を譲るってことは、自らが後続車の邪魔だと自覚している証拠。ならばそもそも他車の迷惑にならないようにすべきじゃないか?少なくとも私はそう思う。
逆に言えば、だからこそ後ろの状況を絶えずチェックし配慮するのだ。車線が増えたら左車線に入ってやるとかは当然として、要は追い抜きし易いように配慮してやりさえすれば十分。止まる必要は別にない。
 
「後ろがピッタリくっついてきて怖い」という人もいるだろう。だが、こんなのは放っておくに限る。勝手に抜いてきゃいいのだ。そして実際、勝手に抜いていく。
 
ここで間違えやすいのだが、煽られてるからってスピードを上げなくてよい。というか、上げない方がよい。キープ。この手のドライバーは、たとえスピード上げてもどうせピッタリくっついてくる。スピード上がるほど追い抜きは難しくなるから、却って煽られ続けるだけだ。ハイスピードでこちらの運転自体難しくなって危険だし。
 
ここは敢えてスピードを上げず、前との車間も十分にとって走って行く。後ろの車が抜き易いように・・・ではない。車間をとらない後ろのバカに追突されないためだ。自分が安全でスムーズに走る。それが最大の防御となる。
 
だったらサッサと抜かせるために止まってやれという意見もあるだろう。
怖いときにはひとつの選択肢ではある。が、止まってしまいたがる人は、こうしたときにいきなりブレーキを踏んでしまいがちだ。もちろん追突される元。場所を選んで早目にウィンカーを出し、先を譲る意志を見せることが鉄則だ。
 
とは言え、私としてはやはり止まってまで譲る必要はないと考えている。どちらが正しい運転か、明らかだからだ。
こちらは流れを妨げない程度の速度では走っている。それに対して、車間はとらないわ、煽るわ、甚だしいスピード違反だわ、単に自分が前に出たいだけの危険運転。こんなのが優先されてよい道理があるはずない。
車線の左寄りを走って速度を上げず、抜き易いように最低限で最大限の配慮はする。あとは自己責任で勝手に抜け、である。それでもタイミング掴んで抜くこともできないような下手ドラなら、大人しくついていけってことだ。
 
昔に比べればこうしたバカな車は減った。若者より年配に多い気がするのは私だけだろうか?まぁ、そのうちすぐに追いつくんだけど。
 
そもそも、流れている道路で一度止まってしまうと、後の合流が大変だ。煽ってきた車一台だけじゃなく、後続車にも延々と抜かれる羽目になるし、アクセルを踏み込まなきゃ合流できなくなる。高速道路で本線に合流できず加速レーンの最後で立ち往生している車をたまに見かけるが、アレと似たようなものだ。到着まで時間もかかるし燃費だって当然悪化。何もよいことはない。
 
だから、止まらず抜かれるのが一番。抜かし易そうな場所を見つけたら車線の左に寄って、場合によっては多少減速。ときにはウィンカーを出してやってもよいだろう。これで十分だ。プロのトレーラーなんかはよくやってくれる。