エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


前後を鑑みる


法定速度+10km/hを目安とすれば走り易い。これには異論はあまり出ないだろう。
 
だが、多くの人の関心事はここから。
前にも書いたとおり、法定速度を+20km/h以上超過して流れていることも珍しくない。つまり+10km/hでも後ろから煽られることがある。その場合、鉄の意志で+10km/hを貫くか、後ろから押されるように加速するか、はたまた路肩に停まってやり過ごすか・・・判断に迷う。
 
結論からいくと、+10km/hを守ることもあれば、後ろに合わせて加速することもある。当然のことながら臨機応変だ。その判断基準は前後の状況による。
 
まずは前の状況。すぐ前に車がいるときは、そもそも加速しようにもできないから、深く考える必要ナシ。ただ淡々とついて行くのみ。というか、それしかできない。
 
問題は前が広く開いているとき。前の車もいたりいなかったりで、様々な状況が考えられる。難しいように思えるが、実は意外とそうでもない。
『もしスピードを上げたとして、実際に早く着けるのか?』基本これだけ。
 
一時的に速度が上がっても、先で止まってしまえば結局のところ平均速度は大差ない。先で詰まると分かっているなら、わざわざそこに突っ込んで行って渋滞のお付き合いをしなくていい。
逆に言えば、効率良いペースを保つのに必要な車間距離を維持できる範囲までなら、スピードを上げて後続車にスペースを分けてあげられる、ということだ。
 
簡単に言えば、スピードアップの意味がないと分かってるなら速度維持でOK。後続車もあまり関係ない。前にいる自分が結果的に早く進んでないのであれば、後ろの車も同様だからだ。
 
もし速度を上げるのが有効そうならば、後ろをチェック。背後のプレッシャーでスピードアップを迫られてるんだから、後続車が当然いる。重要なのは、後続車がどれだけいるか。「すぐ後ろにいるナ」だけでは足りない。その後方にどれだけの列ができているかが問題なのだ。
 
1台や2台後ろにいるだけなら、別に渋滞が発生するわけじゃない。制限速度を超えているなら、後ろが抜きやすいようにさえしてあげれば、それ以上スピードアップの必要はない。
もし後続車が、警察に捕まってペナルティを負うというリスクを侵してでも、もっとスピード出して走りたいというなら、それは自己責任で勝手に抜いていけばよいのだ。前を走る車をそのリスクに巻き込む権利はない。だから基本的に、スピードアップを強制されるいわれはない。
 
しかし自分の影響で背後に渋滞が発生しそうなときは、やはり何らかの配慮が必要だろう。
もちろん制限速度の考えからいけば、スピードを上げなきゃいけない訳ではない。だが、道路上のスペースを独占するのも道路社会のモラルとしてどうだろう、ということだ。
 
私自身の判断基準としては、後方視界でスムーズでない流れが生じているとき、もしくはスムーズに流れていても後方視界が車列で埋め尽くされているときには、多少のスピードアップも考える(必ずしも上げるとは限らない)。要は自分が道路の粘りの原因となりそうなときだ。
 
とはいえ、制限速度+10km/hで走っていたら、こんな事態は意外と多くない。誰もが納得できない速度規制が設定されてる道路で起きる程度なので、そんなときは自然と自分ももう少し高めの速度で走っていたりする。どこでも高圧的に煽ってくるスピード狂は、昔はともかく今は少数派だ。
 
前後の状況から、多少スピードを上げることにするとして、どこまでアップするか。
いろんなことを考えると、出してせいぜい制限速度+20km/hくらい。日本の道路は飛ばし屋で埋め尽くされてる訳じゃないから、+20km/hも出せば遅くはないし、大概はそのうち前を行く車に追いつける。20km/h以上の超過だと速度違反のペナルティが点数2点の反則金15000円。速度が上がるほど燃費が悪化することも考えると、後続車のためのスピードアップはこの辺が限度だろう。
 
とは言え、これでも違反にはかわりない。正直、制限速度の設定は低すぎると感じることがほとんどだが、必要以上の違反を推奨するつもりはない。実際には、どれくらいのスピードで走るかよりも、後続の流れを詰まらせる栓にならないことを心掛けるのが重要だ。