エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


★ 無理に追いつく必要ナシ


車間を詰めて前車についていくのはダメだダメだと説明してきた。今度は逆に「車間が開いたときはどうするよ?」という話をしておこう。
 
前車がいなくなれば、もっと離れていた2台前の車が新たに自分の前車となる訳で、一時的に車間が大きく開くのは珍しいことじゃない。むしろ普通。後続車がいなければそのままでも迷惑にはならないが、前を開けたまま後ろをズラズラ引き連れて先頭に居座り続けるのは少々気が引ける。(加速して前にくっついた方が良いんじゃないか?)なんて気がしてくる。
 
そんなことはない。
速やかにあらまほしきスピードまで加速したら、あとは速度維持でOK。無理な加速をしてまで追いつく必要はない。2秒の車間まで近づけなくても構わない。
 
あらまほしきスピードってのが曖昧な表現で申し訳ないが、要はこれくらい出してれば文句は言われないな、という速度。流れと同じと考えてくれてもいい。
具体的には制限速度・・・と言いたいところだが、郊外の道路だと制限+10km/hくらいで流れていることもザラ。+20km/hなんてこともある。別にスピード違反を奨励するつもりは全くないが、設定が低い場合などは、制限速度で走っていると周囲の邪魔となってしまったり、これ見よがしに追い越しされて危険なこともある。周囲の流れを妨げない程度には流れに乗って走る方が安全だ。
まぁ本当は、全ての車が制限速度をキッチリ守れば渋滞や事故はかなり減って、意外と所要時間も増えないであろうことは分かっているのだが、現状周囲にそれを期待するのは無理なので。
 
ただし、適正な流れのスピードにまでは速やかに加速すること。アクセルベタ踏みする必要はないが、後ろに迷惑かけない程度には素早く。これさえ守れば、追いつこうと無理しなくていい。
 
理由は簡単だ。
車間距離というのは、先行車より後続車の方が速ければ狭まり、遅ければ広がり、同じなら変わらない。それだけの代物。
 
もし前の車が速すぎるスピードでぶっ飛ばして行ったなら、余程の物好きでなければついて行こうとは思わないだろう。車間は開く一方だが全く問題ない。だいたい、前がいなければ限界までスピード出すことになってしまうじゃないか。
そもそも自分の能力越えてスピード出すのは事故の元だ。どうしても流れにあわせたスピードが怖いなら、後ろの車に先を譲るとか、別の方法を考えた方がずっといい。ある程度の走行スキルは誰もが持ち合わせているべきではあるが、夜や雨天などは特に危険。無理すべきではない。
 
逆に前の車がゆっくり走っていれば、普通の速度でもそのうち車間は縮まってくる。自然解決するから問題ない。
 
同じくらいの速度、つまり前の車も流れに乗っているときは、眼の前の広がった車間を保ち追走することになるが、そもそも流れに乗っているのだから別に迷惑にはならない。
それに車間が広いんだから、すなわち走り易い状況。前の車よりスムースに走れて結局追いついちゃったなんてのもよくあること。もちろん前が抜けた信号に引っ掛かることもあるだろうが、車間を詰めていたとしても自分も抜けられていたかどうかは分からない。信号の遥か手前では余計に分からない。だったら気にしないことだ。
 
結局のところ重要なのは、きちんと加速して流れに乗ることであって、前の車に近づくことではない。2秒以下の車間の場合は狭すぎるので広げる必要があるが、逆に広すぎる場合には無理して狭めなくてもOKだ。
 
エコドラをはじめると『加速をゆっくり』だの『速度を遅く』だのといった、自己チューで周囲を考えないテクに惑わされるようになる。そんなことやってるからいつまで経っても市民権を得られないんだけどな。周囲を確認しながらサッサと加速して流れに乗る。結局これが一番効率が良いのだ。