エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


前が遅い時こそ車間を広く


ほとんどの人が理解できない、納得しづらい、すなわち実行できていないエコドラがこれだ。恐らく大半の人がタイトルを読んだだけで「どうしてそんなことするの!?」と感じただろう。
 
前の車がノロノロ走っている、ということは、後ろが詰まって長蛇の列になりがち。後ろが渋滞しないためにも、車間を詰めて少しでも先へ進む方が正しい。恐らくこんな理屈である。
 
が、前に説明したとおり、車間をとっていると遅く感じるのは単なる錯覚で、むしろ結果的には早く進めることが多い。前がチンタラノロノロしてるとすぐ後ろまで迫って煽りたくなるのには同情するが、全くもって意味がない。むしろ遅い車の後ろでこそ、広い空間が必要なのだ。
 
理屈はとても簡単。眼の前にノロ車がいるとして、果たしてどんな行動をとれるだろうか?
 
・後ろをついていく。
・抜かす。
 
ぶっちゃけ、このふたつしかない。

 
どちらが頻度が高いかと言えば、抜けばそれでサヨナラとなってしまうという理由もあるが、やはりなかなか抜き切れず後ろをついていくハメに陥る方が多い。
 
後ろをついていくのなら、すぐ後ろまで接近したところで、せいぜい1〜2秒の距離を一時的に進んでいるに過ぎない。もし何かあれば即座に大幅なスピードダウンを余議なくされて、トータルでは遅くなる。もちろん燃費も悪化。それくらいなら2秒遅れの車間を守る方がbetter・・・というのは前に説明した通り。
というか、わざわざピタッと後ろについても、ムカつくノロ車に振り回されて行動を制約されるだけ。そんなの精神衛生上よろしくない。イヤな相手に好んで近づく必要などないのだ。
 
「車間を詰めて威嚇すれば、先を譲るかもしれないじゃないか。」
そんな考えの人もいる。だが実際、譲ってもらったことがどれくらいあるだろうか?
 
空気を読めないノロ車がバックミラーを確認してくれるなどと、期待するだけムダ。パッシングしようが右ウィンカー出そうが無意味。車間ほぼゼロで走ってるときに限ってバックミラー見て、驚いて急ブレーキ踏むかもしれん。クラクションをババーーンと鳴らせば流石に気づくかもしれないが、こちらがマナー悪く見えてみっともない。
逆に、後ろをきちんと確認しているドライバーなら、車間を詰められなくてもタイミングを見計らって先を譲ってくれるもの。
 
要するに、後続車は前の車から大きな影響を受けるが、前の車に後ろから干渉するのは並大抵ではないのだ。車間詰める程度じゃとてもとても。ほぼ無意味だ。
何をしたって前の車に変化がないなら、後ろにピッタリくっつく利点など皆無だし、むしろ悪影響ばかり。遅い車の後ろでも広い車間をとれる精神力こそが、実はエコドラ力なのだ。
 
 
※ 細かい話をちょっと断わっておくが、前の車がどんなスピードで走っていようと、とっておくべき車間距離そのものは同じ2秒である。だから厳密に言うと、『前が遅いときこそ広く空間をとりましょう』というのは誤りではある。
 
ただ、前がチンタラしていると、イラッときてついつい前を詰めてしまいがち。身に覚えのある人がほとんどだろう。だから、そうした精神面も含めて『前が遅いときはむしろ車間を広めにとる』と考えておくくらいでむしろ丁度よい、ということ。これは実際にやってもらえれば感じとってもらえることだが、正確を期すために念のため言及しておく。