エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


★ bestは『2秒遅れ』で流れる


その場の流れに乗って走るとき、前の車から何秒遅れて走るか。答えは『2秒』だ。
重い車両や荒天時ならもう少し長くてもよいが、普通は『2秒遅れ』でほとんどの問題が解決する。
 
こいつをきちんと守れば、実は誰だって簡単にエコドライブできてしまう。
 
しかし残念ながら、ほとんどの人はやらない。そして言う。
「車間とった方が良いのは分かってるけど、そんなことしてられない。」
それは、分かってるつもりでいるものの、どれだけ車間が重要なのか実は全く分かっていないだけ。自覚すらしていない。だからいつまで経ってもエコドラできないのだ。
 
では実際に車間をどう使うか。簡単にいえばクッション。
ベコベコの薄い煎餅布団じゃ大してクッションにはならないし、フカフカの羽毛布団は気持ちいいが度を越せば邪魔。適度な弾力が一番いい。車の運転の場合は2秒の弾力が一番便利、ということだ。
 
しかしいきなり『2秒』とか言われても納得できないだろうから、車間が狭いときをまず考える。
 
まずは下のアニメを見てもらおう。
一般道を60km/hで走っていて、前を行く車が途中で左の路地に入る、という状況だ。1秒遅れてついてきた後ろの車の挙動に注目してほしい。
前の車につきあって減速する羽目に陥る
都合のよいアニメだと思われちゃ困るので先に断わっておくが、できる限りリアルに作った。
 
車の全長は4m程度、白線と間隔が5mずつの車線、1秒で進む距離まで計算してある。
60km/hで1秒走ってからブレーキかけて2秒間減速し、1秒かけて路地に入るという設定。急ブレーキのように見えるかもしれないが、実際の道路を考えたら至って普通の動作である。
後ろの車は前に0.4秒遅れてブレーキング。通常0.5〜1秒かかるとされる空走時間に比べ短いくらいで、条件としては甘い部類だ。
この条件で、追突をせず可能な限りスピードを落とさないように追走。前の車がいなくなったらアクセル踏みこんで速やかに加速し、60km/hまで速度を回復。
 
1秒の車間を広く感じるかも知れないが、何しろスピードが60km/h。距離的には16.7m。現実にはこの程度しか車間をとっていない人がかなり多いのは同意してもらえるだろう。
つまり、普通の人が『普通』と感じてる車間距離である。
 
改めてアニメを見ると、前の車のすぐ後ろにまで迫って減速しないよう頑張っているが、最終的にはかなりスピードが落ちている。このアニメの場合には22.3km/h。仮に前の車と同時にブレーキを踏み始めることができたとしても計算上は27km/hまでスピードダウンするし、現実にそうなる。
「よくある。よくある。」と同感してくれる人が多いだろう。
 
なぜこんなことになるのか?
 
簡単だ。前の車より速ければ車間は詰まるのだ。
その車間の詰まりを吸収してくれるはずのクッション(車間)が『1秒遅れ』では薄すぎる。追突しないためにはスピードを落とすしかなくなる。それもご覧の通り半分以下まで。
 
一度スピードダウンすると、速度を回復するためアクセルを踏むこととなる。しかも速やかに加速、となれば結構踏み込まなきゃならない。これが燃費悪化の最大の原因である。
 
では『2秒遅れ』だったらどうだろうか。
2秒の車間をつぶすことで速度の落ちを抑制する
はじめの車間が2秒になっている以外は同じ条件だが、見ての通りスピードを落とすことなく走り抜けている。無駄に減速していないから無駄な加速もない。これが一番スムーズだしエコ。
注目してほしいのは、これが単に車間距離だけからもたらされた効果だということ。あれこれ考えなくても車間距離だけでエコドラできる所以だ。
 
もちろん、前の車が左折するのに時間を食ったりすれば、クッションの効果も減る。時には停止せざるを得ないこともあるだろう。しかしその頻度や程度は大幅に軽減される。
それは前車との兼ね合いで、実は『2秒遅れ』が理論的に最も効率よく動ける車間だからだ。
 
多少混雑していても『1秒』や『1秒半』より『2秒』。
後ろがいなければ話は別だが、後続車列があるなら『3秒』より『2秒』である。
 
このあたりの説明は今後加えていこう。
 
注:GIFアニメのサイズの関係か、アニメがループしないことがあります。そんな場合にはキャッシュを消去してみるか、再読込をしてください。ブラウザ種類やウイルス対策ソフトの影響もあるかもしれませんが、それはちょっと私にはどうしようもありません。