エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!

広いほどbetter、だが


実際にどれくらい車間をとるべきか。まずは一番簡単なところから考えよう。
 
他の条件を一切無視してエコドラのことだけを考えるなら、車間は広ければ広いほどbetter。見渡す限り自分の前に誰もいなけりゃbest。前の車がいないのに「車間距離って何?」って感じだ。
視界が開けてて走りやすく安全なことこの上ない。前の車に左右されることなく好きなだけエコドラテクを駆使できることだろう。
 
だがここでひとつ必須の、と言いながら簡単な確認事項がある。
 
自分が流れの最後尾に位置してるなら話は単純だ。
自車(黄色)が最後尾ならば淡々と走ればよい
前を広々と空けて望ましい速度(ゆっくりという意味ではない)で淡々と走って行けばよい。前を走る車に何も影響するはずないから、安全と燃費と快適さを追求したって全く問題ない。
 
しかしその状態がいつまでも続く保証は全くない。
たまたま見えなかったかもしれないが、後方にも車がいて自分を追っかけてくる。
いつの間にか背後に行列が・・・なんてことも
最後尾にいるつもりで悠々としてたら、いつの間にか後ろに数台連なっていた、なんてこともしょっちゅう起きる。前のペースにあわせて走ってるだけだし、別に自分が悪い訳じゃない。前より後ろの流れが速ければ、追いついてくるのは必然だ。
 
後ろに車がいる状況、それは、あなたが後続車の行動を束縛するってこと。
皆で気持ちよくエコドライブできるか。それとも渋滞に巻き込まれて延々走ることになるか。全て、とまでは言わないが、かなりの部分は前を走るあなたの挙動にかかっている。
 
公道を走るということは、少なからずこうした束縛の連鎖である。
 
車は基本的に前に向かって走るものだし、走行に必要な情報も前(つまり進む先)に集中している。当然ながらドライバーも前を向いて運転する。
翻って自分自身が多大な影響を与えている後ろはどうかといえば、サイドミラーも多少は使えはするが、バックミラーがほぼ唯一の情報収集手段だ。そのせいか、後ろがどうなっているか大して気にせず走ってしまう人が多い。特に(巷でいうところの)エコドライブを始めたりすると、自分の動きにばかり集中してしまって、後続車への影響を忘れてしまいがち。
 
繰り返すが、あなたが前の車に束縛されるのと同様、あなたも後ろを束縛している。
だから、もっとバックミラーを見よう。後ろへの影響を最低限に抑えるべく、状況確認だけはちゃんとしよう。一人ぼっちで走ってるときでも、いつ追いつかれるか分からない。本当のエコドライブとは、周囲のエコも含めて考えるものだ。
 
ただこれは、「後続車が迫ってきたら前を詰めろ」という意味ではない
 
要は臨機応変に対応すればよいのであって、前を詰めるのがbetterかどうかはその場の条件による。
ちょっと先の路地に左折しようと後ろの車がウィンカーを出している、とか。
後ろの混雑に比べて、自分の眼の前だけ明らかに空間をとりすぎている、とか。
 
そうでもなければ、bestの車間距離を維持すればOK。広ければ広いほどbestではもちろんない。
では実際にどれくらいがbestなのか、エコドラの核心に迫るとしよう。