エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


車間距離が最重要


途中で停止する回数をなるべく減らして目的地まで辿り着く。言い方を換えると、要はずっと走り続けていたいってこと。
ならば話はそれほど難しくない。単に、走れるような状況を作り続ければよいのだ。
 
最初に説明したように、前方に空間がなかったら車は絶対に進めない。だから、当たり前の話だけど『走れる=前が空いてる』。クルマ的な表現を用いるなら『車間が開いている』だ。
進むだけのスペースを常に確保しつつ走ればOKなのだ。
 
逆に言えば、車間がなかったら自分の思うような走行は絶対に不可能。停止回数も制御不能。
公道で前の車にピッタリくっついて走るような車は100%運転が下手。例外はない。100%下手。普通にブレーキランプ点けて減速しただけなのに、追突しそうになって「何しとるんじゃ」とか憤ったりする。自分では上手いと思ってるからタチが悪いが、率直に言ってドヘタである。
どこの誰だか、どこ行くんだか、何考えてんだか、前の車のことなんて全く何も分からない。そんな相手にピタッとくっついて気持ち悪くないのか?
 
とにかく自分が一瞬後に進むスペースを確保しつつ進むこと。巷のエコドラでは付け足しのように扱われる『車間距離』が実は一番重要なのだ。
 
ただ、言葉にすると簡単だが、適正な車間距離を維持するのは、コツを知らないと意外に難しい。
 
どれくらいのスペースがいるのか。
どうやって空けるのか。
減速時はどうやって詰めるのか。
 
こんな単純なことでさえ、いざ問われるとハテ?と考え込んでしまわないだろうか。
ぶっちゃけ、テキトーに運転しててもテキトーに車間距離は開く。というかほとんどの人はあまり気にせず前の車に近づいたり離れたりしてるだろう。
 
だが、車間距離のとり方ひとつでエコにもエゴにもなる。
車なんて1秒で数十メートル走ってく乗り物だから、車間距離だってあっという間に伸び縮みする。ほんのちょっとと思ってた差が実はかなりデカイ。
 
そのほんのちょっとのコツを、これから具体的に説明していこう。