エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


空間がなきゃ進めない


タイトルだけ読んですっ飛ばそうとした人は、とりあえず反省してほしい。運転の基本は実はココにあるのだから。
 
言葉の意味は誰にでも理解できるし、異論もないだろう。どう頑張っても、眼の前にいる車を飛び越すこともすり抜けることもできない。唯一の方法は右(左のこともあるが)の車線に出て追い抜くこと。車だけじゃない。歩行者でも落石でも穴でもETCのバーでさえも、行く手を塞いできたら何らかの対処をしなきゃそれ以上進めなくなってしまう。
 
当たり前じゃないか。そうなのだ。前が塞がってたら止まるしかない。
つまり車を動かすためには、絶対に、絶対に、前に空間を確保しておかなきゃならない。
 
もしこの空間が足りないとどうなるか。
前の車が急ブレーキかけたらこちらもすかさずブレーキペダルを踏みつけなきゃ追突する。急にブレーキ踏まれたんだから被害者のような気がするが、実際には「前方不注意」か「車間距離不足」で全面的にこちらに過失責任がくる。
追突事故まで至ることはそれほど多くないが、単に前の車がコンビニに入ろうと減速停止するたびにいちいち付き合ってスピードを落とさなきゃならない。
 
意外と自覚されないが、道路上では前の車によってかなり行動は制約される。車間が狭いほど束縛は強くなり、空間ゼロに近づけば支配されてしまうと言って過言じゃない。
そしてこの必要なスペースは、走っているスピードによって伸び縮みする。速ければ速いほどあっという間に追いついてしまうんだから当たり前である。
 
エコドライブには自分のペースで走ることが重要だ。エコドラだけじゃない。安全のためにも、早く目的地へ着くためにも、楽に走るためにも、要するにbestな運転はできるだけ自分のペースで走ることなのだ。
それなのに、前の車に束縛されてるんじゃ自分のペースなんて無理。エコドラも無理。だからまずは眼の前の空間を大事にすること。そうすれば勝手に運転は上手くなるはずだ。