エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


後ろの思いを汲みとろう


できるだけ先を見て走るのがエコドラに限らず運転の基本。どれだけ重きを置くかはそれぞれだが、エコドラを提唱する人なら誰もが触れる。実は最重要だと知っている人は少ないが。
 
しかしそれだけじゃ中途半端。同じくらい大切なのが、後ろだ。
 
エコドライブというと、自分の車を燃費よく走らせることだと思われている。必ずしも誤りではないが、自車を上手く動かすことにばかり気をとられて、何がエコなのか?
 
何度も書いているように、後ろの車は前の車によって行動を制約される。だから自分が誰かの前にいるなら、後ろに与える影響には常に気を配っておく必要がある。
ゆっくり走ったりなかなか加速しなかったり、後続車への配慮が足りない"自称"エコドライバーは多いが、周囲からは単なるエゴドラだと思われている。それじゃ、他人から尊敬も理解もされない。
 
もちろん後続車がなく道路に独りっきりなら、好きなだけ燃費を追求した走りをすればよい。だがそうすると、後ろから迫ってくる車に追いつかれる可能性も高くなる。頻繁にバックミラーを確認して、後続のためにどう動くべきか、ちゃんと考えなくてはならない。
 
ただ、追いつかれたら加速せよという意味ではない。どうするのが最善か、とりあえず考えること。
状況判断に関しては別項に譲るが、たとえをいくつか出そう。
 
後ろが行列して渋滞になりそうならば、自分の眼の前に広がるスペースを提供しなくちゃならない。つまり加速してやる必要がある。
前方に渋滞があると分かっているなら、スピード上げてもその渋滞が長くなるだけ。敢えてゆっくりペースを維持して結果的に早い走りを狙う方がbetterなことも多い。
後続車が対向車線を跨いで右折したり交差点を曲がったりどこかの店に入ろうとしている場合(大抵はウィンカーを出しているハズ)、自分が邪魔にならないよう速度を調整してやる。
 
などなど。場面場面でとるべき行動は異なる。だから、とにかくちょっと考えよう。後ろが何を思っているのか想像しよう。そうすれば、少なくともエゴドラだとは思われずに済む。
 
エコドラするなら、後ろに注意を払うのは当然で必然。絶対忘れないように。