エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


近くは眺めてればOK


とにかく遠くを見て走る。となると、近くはどうすればよいのだろうか。
 
一口に「見る」といっても、眼を向けて焦点を合わせてる一点だけが見えるんじゃない。周囲のものも漠然と把握できる。視界の全てを注視しようとするから忙しくて疲れるのだ。
大事な部分にはキッチリ注意を向けて、あとは漠然と眺めながら『危なそうで注意しなくちゃいけない場所』を探すのが、効率よくて無理のない運転。こうすればドライバーの心にゆとりが生まれ、格段に走り易くなる。
 
ここで生じる疑問は、近く(直前の車)に注意を向けて、遠くを漠然と眺めてちゃダメかってこと。というか、ほとんどの人はこうして走っている。
まったくダメ。
遠近感で近くは大きく、遠くは小さく見える。一番近くの一番大きく見えるモノに焦点があっていたら、小さくしか見えない漠然とした遠くの状況が分かるだろうか?分かるワケない。
 
一方、遠方の小さく見える先の状況に注目している場合は、近くは視界の大きな部分を占めているから、焦点が合わず漠然としててもだいたい把握できる。ブレーキランプが点けば大きく光る。車間が狭まればどんどん大きく迫ってくるのでイヤでも分かる。
それ以前に、先の状況を確認しているので、減速しそうなタイミングも予め掴めるのが大きいのだ。
 
たとえば下の動画(フルスクリーン推奨)。眼の前と先の方、注目場所を変えて数度見てほしい。
普通に走るように直前の車ばかり見ていたら・・・ワケも分からず前に釣られて渋滞に巻き込まれてしまうハズ。よくある光景だし、ほとんどの車がそうなっている。
しかし常に先を確認しつつ走っているので、不自然が車線変更が起きているのを察知し、恐らく事故だと予測して早めに隣の車線に出て素早く抜けられる。
 
道路を走ってたらこんなことだらけ。信号や右折車の存在など、遠くの状況を確認しておくだけで格段にスムースに動けるのだ。視界確保のため広めにとった車間分だけ遅いように見られることなど全く問題にならないくらい効率が上がる。この理屈に気付かず車間を詰めて少しでも前に行きたがる人は、結果的に時間もガソリンも無駄に食うことになるのだ。
 
こうして遠くを見ていると、子供が飛び出してきそうな路地とかフラフラ走る自転車とか、危なさそうな場所にいち早く気付くようになる。危険な場所には自然と多くの注意を向けるし、自然と安全な速度に落とすだろう。すぐ目前が非常に危険と判断すれば、それこそ眼の前が「できるだけ先」の見るべき場所となって、ソロソロと脇を通り抜けることもある。
 
近くは漠然と見よというと、色んな場所に注意しなくちゃいけないのに、そんないい加減なことでよいのか?と訝しく感じられるかも知れないが、別に注意を払わなくてよいんじゃ決してない。
 
ただ、遠くと近くを同時に見るのは難しい。何より疲れる。雑多な操作の多い車の運転だから、なるべく疲れないようにするのも重要だ。
近くを見ながら遠くは見られないが、遠くを見ながら近くは把握できる。何より、先の状況が巡り巡って自分や直前の車の挙動に関係してくる。
 
近くを見たくなる気持ちは分かるが、先を見ようとする方がずっと走り易い、ということだ。